まっさらな祈り

e0240147_09012409.jpg

ここしばらくカメラの調子が悪く
アップする写真が不足気味。。。
少し前に撮った
ちょっとしなびた白雪芥子


日本平周辺は
白雪芥子やホタルブクロなどなかなか街中では栽培が難しい
野山に自生する花々があちこちで見られます。
有り難いこと♪


先日
護国神社のすぐ近くに住んでいるお友達の投稿で
4歳になる娘さんが
毎日のように神社に出掛けて
「地球が壊れないように、みんなが幸せであるように」と
お祈りしに行くという話
とてもびっくりしました。
別に親に言われたわけでもなく
自分からそうするそうです。


嫌なニュースが続く中
テレビを見て心配になったり
悪態付いたり、解説員気取りで自己流のウンチクを述べたり・・・
そういうことは誰でもすることですが
即、祈りに替えて心静かに手を合わせられるって
なかなか出来ることではない。


嫌なニュースを見聞きしたら
悪態つくその前にひと呼吸


月から見る地球は本当に美しくて
宇宙飛行士の話では
本来この星に戦争があること自体が不自然であると思えるらしい
どの国も、どの地域も、どんな人々も
本当に姿は地球と同じように
ただ美しく、神聖で、ありのままで輝いているはずだと
その原点に立ち返り
誰を責めるでもないまっさらな気持ちで
嫌なニュースに対して
祈りを捧げ、良いエネルギーを送っていくことができたら、と思います。


お友達の娘さんは
4歳にしてすでに超美人なのですが
心もまっさら、真っ白、本当に純粋なお子さんです。

まだ宇宙からこの星に降りてほんの4年!
地上の塵芥にまみれた私たちに
大切なことを思い出させてくれます・・・


ではでは今日も一日
平和な地球は 一人ひとりの手のひらの中に!


# by akikomoriya | 2017-04-25 09:02 | 平和な世界を求めて

白花たんぽぽ

e0240147_22070388.jpg

大好きな白花たんぽぽ!
かなり希少な日本たんぽぽです(^^)/

実は自宅で増やしております。
たんぽぽは根っこからとってきても育ちません。...
その場所の、その土に根付くので
発芽してから移植すると育たないのです。
つまり、種から育てないと!です。

磐田北小学校の入学式の日
母は黒留を来て
私は赤いランドセルに
母が作ってくれた手作りのセーラーカラーのお洋服♪
小学校まで歩いて40分
お天気が良くて
梅屋町の裏通り
道々白いタンポポが咲いていました。

子どもながらに「珍しいな~」と思い
毎年春になると
梅屋町の同じ場所に
今年も咲いているか確認して歩いていたのですが
白花たんぽぽは年々減り・・・
中学に上がる頃には
梅屋町界隈の白花たんぽぽは
ほぼ絶滅・・・
とても寂しい気持ちになったのを覚えています。

でも
静岡に来てびっくり!
日本平周辺でパラパラと見かけるのです♪

じつは白花タンポポを増やす会の会長でございます(^^)/
種を御希望の方はご連絡下さい(^^)/

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望が広がる
平和な一日でありますように!



e0240147_22075731.jpg

# by akikomoriya | 2017-04-20 22:08 | おしゃべり

『国褒めの歌』原画展とお話し会

e0240147_08053658.jpg
e0240147_08054152.jpg
e0240147_08052213.jpg

御案内遅くなりましたが
先週末から「国褒めの歌」原画展を
焼津のお蕎麦屋さん『案山棒』で行っております。

住宅街の中にひょっこり佇む『案山棒』さん
手打ちお蕎麦がとにかく美味しい!

まずはお蕎麦を食べていただいて
それからゆっくり絵をご覧下さい。

来月5月13日土曜日午後3時~4時まで
制作秘話お話し会です。
お菓子お茶付き¥500

『案山棒』さんでは
7月にも「あの日」の原画展を行います。

知人の「いち押し!」でこちらのお店を御紹介していただいたのですが
お話ししているうちに
『案山棒」さんのご夫妻が
私の大学時代の友人と親しいお仲間であったことが判明!
もうびっくり!
世の中狭いですね!

ご夫妻は元々都内でご活躍されていて
ご主人は麿 赤兒の一座で舞踏をされて
奥様は劇団の衣装を担当されていたという
大変感覚の良い方々。
腰痛?で舞踏家からお蕎麦屋さんに転身!
ご主人のご実家の焼津で
ギャラリーとイベント会場へ併設の
アート感あふれるお蕎麦屋さんを7年前から始められました。

7時~9時の朝蕎麦500円は人がいっぱい
11時半から2時半の昼蕎麦もめちゃ美味!
土日はかなり込みます。

ぜひお越し下さいませ!






# by akikomoriya | 2017-04-17 08:18 | 国褒めの歌

ジャポニスムふたたび

e0240147_08044353.jpg

★~今朝の静岡新聞朝刊です~★

ジャポニスムふたたび
   
たんぽぽから 洋の東西みる       日本画家 森谷明子...
 
静岡市内にある日本平周辺では、在来種の日本たんぽぽの群生をよく見かける。場所によっては東海地方としては希少な白花たんぽぽも見られ、在来種の繁殖を確認しながら山歩きするのが、この時期の日本平散策の楽しみのひとつとなっている。
おしなべて西洋種に対して和種というものは、様々な面で劣勢となる場合が多い。意識して守っていかなければ絶滅の危機に追いやられかねない儚さが「和」の宿命なのだろうか。それは文化の面でも同じことが言える。
たとえば美術の授業で鉛筆デッサンはあっても、水墨画を学ぶ機会は少ない。目に見えるものを、見えたとおりに描く西洋と、目には見えない「命」や「気」を捉える東洋。技法的に見ても、描いては消しの微調整の果てにたどり着く西洋と、二度描きを好まない筆勢重視の東洋とでは、留意すべき点も対極である。
また家庭科でジャンパースカートの裁縫は学んでも、浴衣の縫い方を習うことはめったにない。洋裁は布を人の体の曲線に合わせて裁断するが、和裁は人の体形ではなく、四角い布の形を生かした仕立てとなる。古くなった着物は、ほどかれてまた元の四角に戻り、布団の皮になり、赤子のおむつになり、最後は雑巾や鼻緒になり、四角い形が最後まで変わらないことで、極限までの再利用を可能にしている。
東洋と西洋、真逆の価値観を持つ双方の利点を引き出し、新たな文化の潮流を生み出すにはまたとない日本という土壌の上で、残念ながら西洋種が圧制している。ひとつの文化が消えるとき、それを支えてきた精神もまた消滅する。
日本平中腹の舞台芸術公園では西洋たんぽぽと日本たんぽぽが、その勢いを分けている場所がある。ちなみに萼が反り返っているのが西洋種、上向きにまっすぐが日本の在来種である。


# by akikomoriya | 2017-04-17 08:06 | ジャポニスムふたたび

天皇皇后両陛下

e0240147_16501676.jpg

春雨の降りしきる中
天皇皇后両陛下と
スペイン国王夫妻が静岡をご訪問下さり
辛いニュースが続くここ数日
心がふわっと明るくなりました。...

今日は一日静岡の街中
並々ならぬ警察の警備と
日の丸の小旗を手に沿道で待ち受ける人々の姿が
あちこちで見られました。

夕方のニュースを見てびっくり
つい、カメラを出してパチリ!
奉納させていただいた四曲一双屏風
静岡浅間神社の神楽をご覧頂いた後のご歓談の間で
背景に使ってくださっていました。
勿体なくも、畏れ多いことであります・・・
今後もさらに精進したいと存じますm(_ _)m


ではでは明日も一日
世界の平和は一人ひとりの祈りの中に!


# by akikomoriya | 2017-04-07 22:49 | おしゃべり

やっと帰ってくる

e0240147_18425113.jpg

娘の引っ越しも無事終わり
今朝やっと京都から帰ってきました。

こちらから送った荷物では足りなくて
ホームセンターを自転車で数え切れないほど往復し...
さらに大きな荷物は軽トラで2往復
冷蔵庫が品切れで
ビックカメラとイオンとコーナンとイズミイヤと4軒を回り
大家さんにご挨拶して
明日の分まで食事を作り
相変わらず過保護な母を最後までやり抜きまして
やっと帰宅いたしました。


ところで
ここ数日色んなことに驚きましたが
なんといっても入学式の華やかさに仰天!
関西って・・・すご・・・
学長と新入生代表の言葉は30分以内でさっさと終わり
その後延々と
宝塚を思わせる歓迎ステージ★

私は国立大だったので
私立の気風にいちいち驚く数日間でありました。
やはり・・・
お国のお金で学ばせていただいている大学と
お国に頼らなくとも「金はあるよ~」の勢いのある私立大は
なんというか・・・何かが違う・・・何かが


ここから変えよう!
世界を変えよう!
本気で挑戦しよう!
・・・という気概で満ちていて
頼もしくもあり(*^_^*)
一方、その割りには時間割がスカスカ(>_<)
え、大学生ってこんなに暇だっけ???
確か私は
月火水木金とみっちり5限まであった気がするんだけど・・・

どんな大学生活を送るのか・・・?
あとは神様にお任せです。
親はせっせとお金を送るだけ!
そして帰れる場所をちゃんと用意してあげることくらいかな♪

ではでは皆さまにとっても
輝かしく希望に溢れるよき春でありますように
そしてちょっとくらいのつまづきは
笑って流せる春でありますように!


# by akikomoriya | 2017-04-05 18:44 | おしゃべり

ジャポニスムふたたび 22

                                   

お知らせ遅くなりましたm(_ _)m 昨日20日の静岡新聞朝刊です(^^)/

ジャポニスムふたたび
   
日本人の桜好き ルーツは吉野           日本画家 森谷明子...
 
 日本人の桜好きのルーツを紐解けば、それは奈良県吉野山の山桜である。
飛鳥時代に実在した修験道の開祖「役行者(えんのぎょうじゃ)」が、この地で感得した金剛蔵王権現を山桜の木に彫って祀ったことに始まり、行者を慕う人々が、ひとりまたひとりとこの山に桜を植え、ついには桜の山になったという。
 桜は神宿る木として知られ、吉野は信仰の山となった。
さて、ひとつの山の峯が桜で埋め尽くされるほどに、人々を吉野に向かわしめた役行者の魅力とは、いったい何だったのだろう。役行者の伝承には、いわゆる天空飛行やワープなど、超人的な神通力がついて回る。その最高位にある神通力「漏尽通」とは、漏(煩悩)が尽き果て自由無礙になり、神仏の心を自らの心とする境地だという。
 しかしながら、修行三昧の修験者ならともかく、喜怒哀楽が錯綜し、病老死苦にあえぐ煩悩多き日常に生きる庶民が、神仏の心を体得するなど至難の業である。桜はそんな平凡な人間の日常に、そっと寄り添ってきたのではないだろうか。
 淡紅色の花びらは見る者を慰め、美しいままに散る様は諦観を、枯れ枝に吹き出す花芽は生命の逞しさを教えてくれる。そしてまた、ひっきりなしに散りつづける花びらの下で、人は我を忘れ時を忘れ、しばし清浄な世界に身を置くことが出来る。
 かつて手に手に桜の苗木を持ってこの山へ通った人々は、春ごとの桜に救いを見た名も無き人々に違いない。薔薇や牡丹のような香りも華やかさもない桜が、これほど日本人に愛されるようになった所以は、やはり吉野である。
 役の行者に始まる日本人の桜好きは、江戸時代の改良種「染井吉野」の登場により一層の華やかさを増し、春ごとに日本人の心を和ませあたため、ついには日本の代名詞となって世界中で愛される花となったのである。

e0240147_20550362.jpg


# by akikomoriya | 2017-03-21 20:55 | ジャポニスムふたたび

春分の日に

e0240147_23032263.jpg

















今日は一年の中で秋分の日と並び節目となる
春分の日でした。

私は奈良が好きなので
「春分」と聞くと...
「三輪山から日が昇り 二上山に日が沈む日」
というイメージが強いのですが
この日は古今東西、神聖な日とされることが多く
古代遺跡などでも
春分、秋分の日の動きにあわせて設計されているものは少なくありません。
また各宗教でも
この日にあわせて特別なご祈祷なりご神事行うことも
よくあることです。


古代三輪山を中心とする遺跡群もその例外ではなく
三輪山から日が昇り 二上山に日が沈む
そのちょうど真ん中に都はありました。
三輪山を祀っていたとされる神主の一族は
三輪山と二上山を結ぶ線上に居を構え
これが
古事記を記した太安万侶を輩出する
太(多)の一族で
現在でも「多神社」がしっかりと存在しています(^^)/


古い時代の日本人は
元旦でなくとも
昇る日を拝み、入る日を拝みして一日を過ごしていたと思われるのですが
特に今日という一日は
元旦に準じる神聖な日でありました。


ちょうど今日は
全世界で春分の日にあわせて平和を祈念するイベントがあり
私はそれに参加してきました。
それぞれが
それぞれの場で
それぞれの祈り方で全世界の平和を祈願する
それはきっと
古代の日本人が日々のつとめとして行っていたことなのだと
私は思います。

ではでは明日もまた
昇る日に幸を願い
入る日に有り難さを伝える
美しい一日でありますように(^^)/


# by akikomoriya | 2017-03-20 23:03 | 平和な世界を求めて

春は少しずつ

春は一歩進んで二歩戻りつつ
じれじれ じらしながらやってくる。

それでいて
あんまり急にあたたかくなると...
陽気な雰囲気に
気持ちが追いつかなくて
取り残されてしまった 
ぼんやりした寂しさが
心の中で増幅する。

春は厄介だなあ。

やっぱり春は 
少しずつ 少しずつ近づいてくれるのが
いいのかな。

明日は娘とお買い物
時間があったら丸子にも寄ってみよう。

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
有り難うとよかったねが溢れる
輝かしい一日でありますように!

e0240147_22503070.jpg



# by akikomoriya | 2017-03-19 22:50 | おしゃべり

何とか間に合う

e0240147_21551748.jpg















今日は屏風屋さんが作品を取りに来てくださり
なんとか間に合う。
よかったよかった。
大きすぎて全体を撮れなかったのですが
四曲一隻屏風になります。...
いつもながらの渦でございます・・・
お世話になった先生の退職記念の展示会に出品します。
5月につくば市の美術館で
また御案内いたします。

明日からはハチドリの絵本「Humming Bird」に取り掛かります。
これまたギリギリ・・・

間に合うかな?
間に合うよ!
絶対大丈夫!大成就!

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
笑顔がひろがる輝かしい一日でありますように!


# by akikomoriya | 2017-03-18 21:57 | 日本画