幸ハウス

e0240147_09131214.jpg

今日は「幸ハウス」という
癌になった方やそのご家族を支援する施設に行ってきました。
サポートする側の学びとして
「傾聴」のワークショップがあり
今日はあらためて「聞く」という行為について...
じっくり考えることができました。


例えばチョコレートケーキを乗せたお盆が
うっかりひっくり返るとする。
Aさんはひどく落胆し場合によっては相手を責めるかもしれない。
Bさんは寛容にとらえてまあまあとその場をなだめる。

表面だけ見るとBさんの方が好ましいように思える。

でも
その内面を見たとき
Aさんはケーキをすごく楽しみにしていて
Bさんはそれほどケーキが好きでなかったとする。

そうなると
大切なのは怒っているか寛容であるかの表面ではなく
その人の心が何を求めているか、だという。

つまり
「チョコケーキ、本当に大好きだったんだね」
「それで辛かったんだね」
を共有することで
Aさんは癒されてゆく。

「聞く」ということは
ただ解決策を見つけることではなく
非難したり
常識で片づけたり
相手を教育することでもなく
「あ~わかるわかる、私もそう」と自分の物語を語り始めたり
むやみに共感するものでもない。
目も合わせず他のことをしながら
話をさっさと切り上げさせたり
話題をちゃかしたりはもちろん論外。


大切なことは
その奥にある「満たされていない気持ちや感情」
に寄り添うこと。
それを「話し手」と「聞き手」が共有すること・・・
と、これらを実際ワークショップで体験するものだった。


ワークショップをしながら
最近私は落胆したり不快に思うことが増えたなと思った。
それは寛容でないからではなく
相手が大切な人であったり、大切なものであるからこそ
腹が立つんだと思った。
そして
その気持ちを共有されることなく
「小さなこと」として軽んじられるから
最近
何となく寂しく、漠然と落ち着かないんだなと思った。



「聞く」って本当に大切なこと。
人間にしかできない技だなと思う。
自我を捨てて心から相手と同化し
相手の話を聞く。
それって
まさに神の姿なのかもしれない。


[PR]
# by akikomoriya | 2018-02-16 09:16 | おしゃべり

日本の僧侶に憧れたゴッホ

e0240147_22004065.jpg

12日月曜日 静岡新聞朝刊
ジャポニスムふたたび

日本の僧侶に憧れたゴッホ             森谷明子



 幾つかあるゴッホの自画像の中でとりわけ奇妙なものといえば、頭髪を剃った釣り目のゴッホ、タイトルは「ボンズ(坊主)」。ゴッホは熱烈な日本文化の愛好家であり、いつの日か日本に渡り、日本の「お坊さん」になりたいとさえ言っていた。
 当時出回っていた浮世絵や日本に関する出版物等を通して、ゴッホは自分なりの「日本」に対する洞察を深めていたのだが、彼は日本人を「紛れもなく賢者であり哲学者で知者である人物」「自身が花であるかのように自然の中に生きる」と讃えている。その理想の典型として「ボンズ(坊主)」をイメージしていたのであろう。
 このイメージを「妄想」と一笑することは容易いが、たとえば、桜を追い求めた西行などは、賢者であり哲学者であり、花のように生きた人だと言えよう。それはまた良寛しかり、兼好もまたしかり、である。
 さらにゴッホは、日本の芸術家たちがお互いに作品を交換したり助け合っている、とも言っている。残念ながら絵画の世界でそのような習慣があったとは確認できないのだが、少なくとも和歌俳諧の世界では、「歌会」や「連歌」など、まさに互いの作品を鑑賞しあい、磨き合う文化が存在していた。果たしてゴッホがこういう和歌俳諧の世界を知っていたかは今となっては知る由もないのだが。
 つまるところゴッホが憧れた日本像とは「人と自然、人と人」が共に理解しあい尊重しあって生きる世界であろう。イメージの中で膨らみすぎた日本への憧憬は、ゴーギャンとの友情に過度な期待を抱かせ、二人の共同生活の破綻の一因ともなっていくのであるが、ゴッホが夢見た「自然とともに、人々とともに」生きる「ボンズ」な世界は、決してありもしない妄想ではなく、かつての日本に確かに存在していた世界であると私は思っている。

もっと見る



[PR]
# by akikomoriya | 2018-02-13 22:02 | ジャポニスムふたたび

羽鳥のおばあちゃん

e0240147_19524060.jpg

昨日の投稿で
「ご祖母様は何の先生だったの?」の質問があり
はい、小学校の先生をしていました。

貧しい生徒を引き取って
自分の子として育てていたので
産んだ子供は4人でしたが
家にいる子供は5人。


そんな風にしてどんな事に対しても
多分、人助けをしているという自覚もないままに
当たり前のようにクルクルと
心も体も動かし働く人だったのだと思います。



ただ・・・
旧家の家付き娘にはありがちな
苦悩の連続の人生であったことは
家族の誰もが知っていること。
お陰様で
胃がんが発見されたときはとんでもない手遅れで
あっという間にあの世に行ってしまった。



忍耐や不条理を常として笑顔で生きること。
それは確かに尊敬に値する生き方かもしれない。
でもそれは一方で
自分の心も体も傷つけてしまう。
避けようもない運命という名の矢の雨の中で
どうしたら生き生きと
自分を傷めずに生きていくことができるのだろうと
祖母のことを思う時、いつも考えてしまいます。

e0240147_19524611.jpg

多分
その矢の雨の中を生き抜くためには
しっかりと鎧を身に着け
鎧に守られて生きるしかないのだと
最近思うようになりました。
それは「守られている!」と信じて
感謝する分だけ
強固になっていく鎧。



どんなに矢が飛んで来ようとも
こちらが傷つかなければ無かったも同じ。

今の私がこうして元気に生きているのも
おばあちゃんやご先祖様に
確かに守られていると確信できる
その鎧のお蔭なのだと思います。



あらためて
おばあちゃん有難う、と思います。


[PR]
# by akikomoriya | 2018-02-08 19:05 | おしゃべり

祖母の命日

e0240147_19520672.jpg

ようやく立春を迎えて
今日2月5日は祖母の命日でした。
洞慶院の梅も
いつもは咲き始めている時期なのに
今年はまだひとつも咲いてなくて

...

その代わりに
茶室の庭の蝋梅が
眩しく光を集めていました。

お墓参りは気持ちが落ち着く。

e0240147_19521663.jpg
e0240147_19521291.jpg
平日の昼下がり
周りに誰もいないことをいいことに
とりとめもなくおしゃべりしている自分がいました。

今でも羽鳥のあたりを歩いていると
森谷先生(祖母)に似ていますね、と声をかけられます。

何気ない日々のなかで
あ、また導いてもらえた
ああ、またおばあちゃんのお蔭で救われた
と思うことが多々ある。
いつもいつも見ていてくれて
本当に有難う・・・

春は黄色から、と言いますが
蝋梅の透明な花弁が
なんとも香しく

ではでは明日も一日
美しい地球は
一人一人の掌の中に!


[PR]
# by akikomoriya | 2018-02-06 19:53 | おしゃべり

みなさまのお作品

今年初めての「みなさまのお作品」でございます!
本年もどうぞどうぞよろしくお願い申し上げます!

さてさて
今年初めは
動物がお得意のSさまの特集といたします♪

e0240147_18274953.jpg
e0240147_18274397.jpg
e0240147_18273823.jpg
いかがでしょう~?
コウノトリ、カワセミ、サギ
丸子川に飛来する鳥たちを
やさしいまなざしでご覧になっていらっしゃるご様子が
絵から伝わってまいります( *´艸`)

水面の煌きもどんどんお上手に・・・
お生徒様お一人お一人のご上達が
何よりの喜びであります!

お次~♪
富士山2点!
e0240147_18282006.jpg
毎年ご自身のお年賀状に富士山を描いておられるNさま!
今回は三保の海岸からでございます。
水しぶきがお上手
銀箔の粉がいい感じです。
曇りがちな空と富士山の雪がとてもよく描けております。
微妙な色調で濃淡をつけていらっしゃいます♪
大変お品の良いお作です。
いつもながら素晴らしい・・・
来年のお年賀状も楽しみにいております!

e0240147_18284382.jpg

Iさま!
感覚的で勢いのある描きっぷりが特徴のIさま
今回は模写をもとに少しご自身でアレンジいたしました。
デフォルメされた富士山と白い満月がなんともいいお味を出しております。
ススキの穂は色や形にこだわっておられました。
青い富士山と薄黄色のススキがとてもよく似合っています。
お見事であります( *´艸`)

e0240147_18285022.jpg
最後にNさま♪
パステル画でスケッチしておられるので
その柔らかい風合いをそのまま日本画になるように
ご指導させていただいております。
背景の柔らかな色調と筆遣いが成功して
手前の、これは琵琶の花ですが
地味目のお花を引き立たせてくれました。
花瓶も重厚感あり色味も素敵!
敷物は割き織のもの。
なんとも温かなお作品です!

一点一点確実にご上達される
みなさまのパワーに負けないよう
私も今年一年頑張ってまいります。
本年もどうぞどうぞよろしくお願い申し上げます!


[PR]
# by akikomoriya | 2018-01-24 18:43 | SBS学苑 日本画教室

水平線の彼方から

e0240147_18241142.jpg

飛行機に乗るときに見える
緩やかな地球の弧の色
光る大気の膜の色が好きです。

海と空が接するあたり...

地球を包む薄皮。

無限なる包容力
無限なる愛の形・・・

子どもの頃
手塚治虫の「海野トリトン」に夢中になって
そのアニメの主題歌のように
水平線の彼方に
いまだかつて誰も見たことのない
何かわくわくする未来が
待っているような気がして

誰一人としてたどり着いたことのなかった
そのパラダイスに
自分は手を伸ばし
垣間見ることができるような
そんな気がして

あれからどれほど時が流れたのだろう。
水平線の彼方で待っている未来は
色あせることなく
それどころか
益々もって鮮やかに
力強く
かつて子どもで
今も子どものつもりでいる私に
呼びかけてくれています。

ではでは明日も一日
美しい地球は一人一人の掌の中に!


[PR]
# by akikomoriya | 2018-01-24 18:25 | 平和な世界を求めて

知っている未来

e0240147_18363708.jpg

今日は哲学者な甥っ子を母親(姉)に引き渡して
しばしのお別れ。

昨日も面白いことを言っていた。

...

「信じる」とか「確信する」ではなく
「知っている」ということの強み。
これがあれば人はもっと自由に生きることができる。

たとえば
目の前に缶ビールがあるとする。
それを
「これが缶ビールだと信じている」とは誰も言わない
ただ
「これが缶ビールだと知っている」と言う。

そんな風に
自分の未来に関しても
「自分の未来は大丈夫だと信じる」
ではなく
「大丈夫だと知っている」
ことが大切なのだと。


根拠のない自信
自分は大丈夫だと知っている。
これほど強いものはない。

大学進学も放棄して
ポン、と海外に飛び出たけれど
この根拠のない自信が
彼を強く深く聡明にしている。
ギラギラと輝かせている。

周りがどう言おうとも
誰一人理解してくれなくとも
自分が「知っている未来」に向けて邁進する。


孤独に耐えうる根拠のない自信
わくわくしながら「知っている未来」に向かう喜びを
この子も知っているんだと
嬉しく、頼もしく、何よりありがたく思ったのでした。


[PR]
# by akikomoriya | 2018-01-14 18:35 | おしゃべり

ジャポニスムふたたび『言霊が幸いをもたらす日本』

e0240147_19084773.jpg

1月8日 静岡新聞朝刊です♬

ジャポニスムふたたび『言霊が幸いをもたらす日本』        森谷明子
               
 新たしき 年のはじめの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事 
万葉集に収められた、新年を寿ぐ大伴家持の歌である。 
中国、ギリシャ、メソポタミアなど世界には多くの古典詩編が残されているが、日本の和歌がそれらと大きく異なる点は、言葉を神聖視した「言霊」信仰の有無であろう。
 万葉集の中では我が国のことを「言霊の幸わう国」としているが、これは言霊の力によって助けられ幸いがもたらされる国、という意味である。その一方で、「言挙げせぬ国」とも言い、言葉を畏れ、むやみに発することを慎んだ。
言葉を慎重に扱いつつも、その霊力を最大限に引き出すためには、だらだらとした長文ではなく、凝縮された言葉の結晶が必要となる。それが和歌であった。
 さらに、国家に幸いをもたらす神事としての和歌は、単に目の前にある現実や心情を詠みあげるのではなく、理想的な未来や、本来あるべく好ましい姿が、言葉の霊力によって顕現されるよう願いが込められる。天皇はもちろんのこと地方に赴任した役人が、着任してまずすべきことは、あれこれと問題点をあげつらうことではなく、あらん限りの言葉を尽くして国や土地を褒め称え、「国見の歌」や「国褒めの歌」を歌うことであった。
 こうした神事としての和歌は、現在の天皇にも引き継がれている。国内外の御公務のようにその都度報道されることはなくとも、年間通して20回ほどある祭祀に加え、「和歌を詠む」ことは、歴代天皇の大切な任務であり続け、今日に至っている。
 物事の初めに、あるいは一年の初めに、もっといえば一日の始まりに、心を鎮め、言葉を選び、最もめでたく力強い言霊を響かせ歌を歌う。そんな習慣が古き日本にはあったのだと思う。
 今年もまたさらなる吉事が、我が国そして世界全体に顕現されますように。


[PR]
# by akikomoriya | 2018-01-08 19:09 | ジャポニスムふたたび

イスラエル、パレスチナの平和

e0240147_20374137.jpg

今月6日のトランプ大統領の爆弾発言
「エルサレムをイスラエルの首都に」の影響が広がっています。
人類の混乱の元凶ともいえるエルサレム。

聖地でありながら
このエルサレムを巡って...
どれほど多くの血が流されたことでしょう・・・

先週もまた
非武装の一般人、しかもすでにイスラエルからの爆撃で
両足を失い身障者として働いていた男性が
エルサレムでパレスチナの旗を振っていたというだけで殺害される。

キリストの教えで最も実行が難しいと言われるのが
「汝の敵を愛せ」。
「許せ」、ならまだしも「愛せ」とは・・・

ところで私が代表となって立ち上げた絵本屋さん「牧羊舎」では
イスラエルとパレスチナの女性たちによる
「WWP」というグループを応援しています。

子どもや夫、家族を殺された女性たちが
その悲しみと怒りをこえて
全体のために双方の平和的解決を呼びかけています。

来年6月10日には、この「WWP」が世界に呼びかける
「平和のキルト」のワークショップを
静岡市内で行う企画があり牧羊舎も協賛することになりました。
岡崎で福祉活動を行っている「MAHARO」さんの企画です。


汝の敵を愛するということは
途方もないことかもしれない。
しかし
「WWP」の勇気ある女性たちの存在は
その途方もない愛と許しの教えとは
神や仏や覚者らのものではなく
はたまた気の遠くなるような修行の果てにたどり着く境地ではなく
迷い、苦しみ、悩み、日々揺らぐ普通の人間でも
実行可能なものであると
世界にそう教えてくれています。


イスラエルが平和でありますように!
パレスチナが平和でありますように!
全世界のすべての人々が平和でありますように!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-12-19 21:25 | 平和な世界を求めて

マリアさまの話

e0240147_20373258.jpg

聖職者であり画家でもあった
フランジェリコの「受胎告知」です♬
見ているだけで心現れる受胎告知であります。

さてさて...
クリスマスはキリストの誕生を祝うものではありますが
私としてはマリア様お疲れさま~の気持ちが強いです。


だってそもそも
この世に馬小屋で出産する女性がどれほどいるでしょうか?

「イスラエルの王」が生まれるという予言を恐れたヘロデ王は
ベツレヘムで生まれた二歳以下の男の子を皆殺しに!
そうした追手から逃れ逃れて
臨月の体でさまよって
やっと貸してもらえたのがなんと馬小屋(/ω\)
も~ありえないよ~(/ω\)


けれどもマリアの苦悩はこれで終わりません(/ω\)
十字架に貼り付けにされた息子を見舞って
毎日息子の口に水を含ませ
ついに亡くなったその死体を引き取ったのも
母マリアでございます。

こんな過酷な人生を
どのような思いで過ごしてきたのだろうと思うと
胸つまされます。
神に選ばれし女性とは、ただ清いだけではなく
強靭な魂であったと思われます。


聖母マリアについての伝記はなく
その後の生涯についてもほぼ分かっていないのですが
おそらくは他の弟子たちと同じように
聖霊が下って神の力を得て
あらたな使命とともに
そして
何らかの秘密を守りつつ
静かに人生をを終えたのではないでしょうか。


11人の弟子の内
処刑されなかったのはたった一人ですが
マリアも処刑の記録はないようです。
しかしながら、当然生涯命は狙われていたと思いますよ!


ひとりの女性としては悲劇の人生でも
キリストの母として栄光の頂点にいらっしゃる聖母マリア
クリスマスはやはり
「マリア様、お疲れ様でしたぁ~(^O^)/」の想いを込めて
マリア様の栄光を称えたいと思います!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-12-18 19:52 | おしゃべり