ジャポニスムふたたび 「自然から学ぶ日本の色」

今朝5月15日の朝刊でございます(^^)/
緑の眩しい季節、ぜひひとつひとつの色に心を止めてご覧下さいませ!

ジャポニスムふたたび

   

自然から学ぶ日本の色    日本画家 森谷明子



静岡県立美術館のプロムナードは何と言っても新緑の季節が美しい。木漏れ日に手かざして歩く道々、見渡せば緑という色の多さにあらためて気付く。

日本人と色彩の関係は深い。我々の先祖は、こうした無限とも思われる色彩のひとつひとつに美しい名前を与えてきた。

芽吹いたばかりの柔な芽をさす「萌黄色」。少しくすんだ黄味がかった緑は「柳色」。その裏側は「柳葉裏」。淡い緑青は「浅葱色」初夏に新芽を吹く竹は「青竹色」に「若竹色」。常緑の濃い緑「松葉色」。そして鳥の羽色から見立てた「鶸色」「鶯色」「鴨の羽色」。これらはほんの一部であって、緑系の色だけでも100種は軽く超える名称がある。色彩に対する名称の多さは、日本人が、取り巻く自然の色彩をどれほど愛し、尊重してきたかを示している。

一方同じ色でも油絵の絵の具箱に並んだ色名は、いたって合理的で簡潔である。緑はグリーンだが、黄色がかった緑はイエローグリーン。それが明るければイエローグリーンライト、暗めならイエローグリーンディープ、と言った具合である。分かりやすいが、そこには色彩を自然から学んだ痕跡は見あたらない。

奈良時代にはすでに定評があったという、日本人の色彩感覚の良さと表現技術だが、現在においては、ジブリ映画に代表されるような、日本アニメの背景画にその気質を見ることが出来る。引き込まれるようなトトロの森の色彩の深さ緻密さには、ディズニー映画のCG技術も到底及ばない。

一色一色ごとに丁寧に命名してきた日本人の色への愛情、そしてそれらを染め分け、塗り分けしてきた職人や絵師達の仕事は、19世紀末に海を渡り、それまでヤニ色に閉ざされていた西洋の絵画を、虹色の光の中へと解放する原動力となったのである。
e0240147_18380441.jpg



# by akikomoriya | 2017-05-15 18:39 | ジャポニスムふたたび

Hummng Bird

毎日毎日嵐のように忙しくて
今日、やっとやっとハチドリを入稿できました。
しか~し!
チラシを送付した皆さんには「六本木の絵本原画展で初披露します」と
書いてしまいましたが...
22日の初日は納品が間に合いません!!!
ハチドリお求めご希望の方は
23日以降にしてください、本当にごめんなさい!

しかもタイトルはハチドリではなく
「Humminng Bird」でした。

ではでは明日も一日
忙しさにパリパリすることなく
深くゆっくり呼吸しながら
有り難うと良かったねが溢れ出る一日でありますように!

e0240147_21003403.png



# by akikomoriya | 2017-05-10 21:01 | 絵本

お蕎麦の「案山棒」

e0240147_21085182.jpg

















今日は娘と焼津の案山棒さんに行きました。
朝蕎麦おいしい~!これで500円???
案山棒さんのお蕎麦は本当に美味しい!!!

「国褒めの歌」の展示も
素晴らしくデザインしてくださり
さすが!!!
奥様は都内の劇団で衣装のお仕事をされていたとこの
ダラダラ並べるしか能のない私とは違いますm(_ _)m
作品を立体的に会場内に配置してくださり
なんだかワクワク感が増し
地球を俯瞰しているような気持ちになりました。

今週末13日土曜日は
3時から作者お話し会があります。
ヘイトスピーチや国家レベルでの疑心暗鬼が蔓延する今という時代
私たち一人ひとりにできることを
制作を通し見聞きしたことを交えながら
お話ししていきたいと思います。

「案山棒」の展示が終わりますと
22日~28日の六本木に行きます。
6月は呉服町D-laboで絵本原画展がありますが
「あの日」が中心となります。
7月はアイセルでもお話し会を企画してくださっていますが
展示は1日限りです。
次に「国褒めの歌」全作品を並べるのは
10月の浜岡の屏風展になるかと思います。
「国褒めの歌」にご興味ある方、ぜひおいで下さいませ!

ではでは今週もまた
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望の広がる輝かしい一週間でありますように!
e0240147_21085965.jpg



# by akikomoriya | 2017-05-07 21:12 | 国褒めの歌

Humming Bird



e0240147_23331851.jpg
制作中の「Humming Bird」
こんな感じになりそうです。

装丁は深澤真矢さん!
素晴らしすぎる装丁に見合うように最善尽くしました!

おなじみ南米の民話「ハチドリのひとしずく」の続編を
森谷明子が勝手に創作した、言葉のない絵だけの絵本です。

上質紙なので自由に書き込みも出来て
ノートとしても使えます。

たった1羽で山火事に水滴を落とし続けていたハチドリに
1羽2羽・・・と仲間が増え・・・
やがて空を覆うほどの大群となって山火事に雫を落とします。
自画自賛で申し訳ないですが
大変美しい絵本になりました。

22日からの六本木原画展で初お目見えとなります。
月末からはFAXや牧羊舎HPでも購入できます。
ぜひお手元に一冊どうぞ!

e0240147_23341244.jpg
e0240147_23342494.jpg
ではでは美しい地球は
一人ひとりの手のひらの中に!

# by akikomoriya | 2017-05-03 23:41 | 絵本

絵本原画展

e0240147_22434306.jpg

★御案内★
5月22日~28日まで
六本木のストライプスペースで
森谷明子絵本原画展があります。


絵だけ見に来てくださってももちろん嬉しいですが
イベントに来ていただけると
制作秘話をお話しできます。
また最終日28日は「国褒めの歌」のテーマのひとつでもある
イスラエルとパレスチナについて
今日に至るまでの混乱のあらましと
現在行われている画期的なの平和への取り組みについてを
ユダヤ思想のご研究がご専門の
東京大学名誉教授の中澤英雄先生よりお話しいただけることになりました。
しかも入場料1000円で!学生の方ぜひどうぞ!

イベントのお知らせ
①朗読会「舞と語りとつもる話と」
 絵本『あの日』詩画集『国褒めの歌』を、女優の堀江真理子さんの朗読
 KASUMIさんの舞、私森谷明子のお喋りをまじえての朗読会です。
 22日、27日、28日 14:00~15:30  入場料2000円
(22日はすでに満席なので、ご予約無しの方は立ち見になってしまうと思います、すみませんm(_ _)m)

②「大槌と静岡 ひろがる絆」
 絵本『あの日』の制作を通して大槌と静岡を結ぶ様々な出来事とそこから広がるあたたかな輪について、作者の森谷明子からお話しします。
 27日12:30~13:30  入場無料

③ミニ講演「イスラエルとパレスチナ 平和への取り組み」
 上記の通り
 28日12:30~13:30  入場料1000円 

★静岡周辺の方は
5月14日まで焼津の案山棒さんで原画展をしているので
ぜひそちらにいらしてください♪
 

e0240147_22441187.jpg


# by akikomoriya | 2017-04-27 22:45 | 絵本

まっさらな祈り

e0240147_09012409.jpg

ここしばらくカメラの調子が悪く
アップする写真が不足気味。。。
少し前に撮った
ちょっとしなびた白雪芥子


日本平周辺は
白雪芥子やホタルブクロなどなかなか街中では栽培が難しい
野山に自生する花々があちこちで見られます。
有り難いこと♪


先日
護国神社のすぐ近くに住んでいるお友達の投稿で
4歳になる娘さんが
毎日のように神社に出掛けて
「地球が壊れないように、みんなが幸せであるように」と
お祈りしに行くという話
とてもびっくりしました。
別に親に言われたわけでもなく
自分からそうするそうです。


嫌なニュースが続く中
テレビを見て心配になったり
悪態付いたり、解説員気取りで自己流のウンチクを述べたり・・・
そういうことは誰でもすることですが
即、祈りに替えて心静かに手を合わせられるって
なかなか出来ることではない。


嫌なニュースを見聞きしたら
悪態つくその前にひと呼吸


月から見る地球は本当に美しくて
宇宙飛行士の話では
本来この星に戦争があること自体が不自然であると思えるらしい
どの国も、どの地域も、どんな人々も
本当に姿は地球と同じように
ただ美しく、神聖で、ありのままで輝いているはずだと
その原点に立ち返り
誰を責めるでもないまっさらな気持ちで
嫌なニュースに対して
祈りを捧げ、良いエネルギーを送っていくことができたら、と思います。


お友達の娘さんは
4歳にしてすでに超美人なのですが
心もまっさら、真っ白、本当に純粋なお子さんです。

まだ宇宙からこの星に降りてほんの4年!
地上の塵芥にまみれた私たちに
大切なことを思い出させてくれます・・・


ではでは今日も一日
平和な地球は 一人ひとりの手のひらの中に!


# by akikomoriya | 2017-04-25 09:02 | 平和な世界を求めて

白花たんぽぽ

e0240147_22070388.jpg

大好きな白花たんぽぽ!
かなり希少な日本たんぽぽです(^^)/

実は自宅で増やしております。
たんぽぽは根っこからとってきても育ちません。...
その場所の、その土に根付くので
発芽してから移植すると育たないのです。
つまり、種から育てないと!です。

磐田北小学校の入学式の日
母は黒留を来て
私は赤いランドセルに
母が作ってくれた手作りのセーラーカラーのお洋服♪
小学校まで歩いて40分
お天気が良くて
梅屋町の裏通り
道々白いタンポポが咲いていました。

子どもながらに「珍しいな~」と思い
毎年春になると
梅屋町の同じ場所に
今年も咲いているか確認して歩いていたのですが
白花たんぽぽは年々減り・・・
中学に上がる頃には
梅屋町界隈の白花たんぽぽは
ほぼ絶滅・・・
とても寂しい気持ちになったのを覚えています。

でも
静岡に来てびっくり!
日本平周辺でパラパラと見かけるのです♪

じつは白花タンポポを増やす会の会長でございます(^^)/
種を御希望の方はご連絡下さい(^^)/

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望が広がる
平和な一日でありますように!



e0240147_22075731.jpg

# by akikomoriya | 2017-04-20 22:08 | おしゃべり

『国褒めの歌』原画展とお話し会

e0240147_08053658.jpg
e0240147_08054152.jpg
e0240147_08052213.jpg

御案内遅くなりましたが
先週末から「国褒めの歌」原画展を
焼津のお蕎麦屋さん『案山棒』で行っております。

住宅街の中にひょっこり佇む『案山棒』さん
手打ちお蕎麦がとにかく美味しい!

まずはお蕎麦を食べていただいて
それからゆっくり絵をご覧下さい。

来月5月13日土曜日午後3時~4時まで
制作秘話お話し会です。
お菓子お茶付き¥500

『案山棒』さんでは
7月にも「あの日」の原画展を行います。

知人の「いち押し!」でこちらのお店を御紹介していただいたのですが
お話ししているうちに
『案山棒」さんのご夫妻が
私の大学時代の友人と親しいお仲間であったことが判明!
もうびっくり!
世の中狭いですね!

ご夫妻は元々都内でご活躍されていて
ご主人は麿 赤兒の一座で舞踏をされて
奥様は劇団の衣装を担当されていたという
大変感覚の良い方々。
腰痛?で舞踏家からお蕎麦屋さんに転身!
ご主人のご実家の焼津で
ギャラリーとイベント会場へ併設の
アート感あふれるお蕎麦屋さんを7年前から始められました。

7時~9時の朝蕎麦500円は人がいっぱい
11時半から2時半の昼蕎麦もめちゃ美味!
土日はかなり込みます。

ぜひお越し下さいませ!






# by akikomoriya | 2017-04-17 08:18 | 国褒めの歌

ジャポニスムふたたび

e0240147_08044353.jpg

★~今朝の静岡新聞朝刊です~★

ジャポニスムふたたび
   
たんぽぽから 洋の東西みる       日本画家 森谷明子...
 
静岡市内にある日本平周辺では、在来種の日本たんぽぽの群生をよく見かける。場所によっては東海地方としては希少な白花たんぽぽも見られ、在来種の繁殖を確認しながら山歩きするのが、この時期の日本平散策の楽しみのひとつとなっている。
おしなべて西洋種に対して和種というものは、様々な面で劣勢となる場合が多い。意識して守っていかなければ絶滅の危機に追いやられかねない儚さが「和」の宿命なのだろうか。それは文化の面でも同じことが言える。
たとえば美術の授業で鉛筆デッサンはあっても、水墨画を学ぶ機会は少ない。目に見えるものを、見えたとおりに描く西洋と、目には見えない「命」や「気」を捉える東洋。技法的に見ても、描いては消しの微調整の果てにたどり着く西洋と、二度描きを好まない筆勢重視の東洋とでは、留意すべき点も対極である。
また家庭科でジャンパースカートの裁縫は学んでも、浴衣の縫い方を習うことはめったにない。洋裁は布を人の体の曲線に合わせて裁断するが、和裁は人の体形ではなく、四角い布の形を生かした仕立てとなる。古くなった着物は、ほどかれてまた元の四角に戻り、布団の皮になり、赤子のおむつになり、最後は雑巾や鼻緒になり、四角い形が最後まで変わらないことで、極限までの再利用を可能にしている。
東洋と西洋、真逆の価値観を持つ双方の利点を引き出し、新たな文化の潮流を生み出すにはまたとない日本という土壌の上で、残念ながら西洋種が圧制している。ひとつの文化が消えるとき、それを支えてきた精神もまた消滅する。
日本平中腹の舞台芸術公園では西洋たんぽぽと日本たんぽぽが、その勢いを分けている場所がある。ちなみに萼が反り返っているのが西洋種、上向きにまっすぐが日本の在来種である。


# by akikomoriya | 2017-04-17 08:06 | ジャポニスムふたたび

天皇皇后両陛下

e0240147_16501676.jpg

春雨の降りしきる中
天皇皇后両陛下と
スペイン国王夫妻が静岡をご訪問下さり
辛いニュースが続くここ数日
心がふわっと明るくなりました。...

今日は一日静岡の街中
並々ならぬ警察の警備と
日の丸の小旗を手に沿道で待ち受ける人々の姿が
あちこちで見られました。

夕方のニュースを見てびっくり
つい、カメラを出してパチリ!
奉納させていただいた四曲一双屏風
静岡浅間神社の神楽をご覧頂いた後のご歓談の間で
背景に使ってくださっていました。
勿体なくも、畏れ多いことであります・・・
今後もさらに精進したいと存じますm(_ _)m


ではでは明日も一日
世界の平和は一人ひとりの祈りの中に!


# by akikomoriya | 2017-04-07 22:49 | おしゃべり