『森谷明子日本画展~屏風から絵本まで~』浜岡カントリーです♪

e0240147_08043403.jpg

告知が遅くなりすみません。
10月3日火曜日から11月12日まで
静岡カントリー浜岡コースの美術館で
日本画展を行います。


今まで制作してきたおもな奉納作品、屏風作品を中心に
絵本の原画も展示いたします。

静岡浅間神社に奉納しました四曲一双もお借りしますが
今回が最後となるかも知れません。


また10月22日(日)13:00~14:30まで
記念講演会
『ジャポニスムふたたび~日本文化の可能性と和の志』
洋食記念ランチ付き¥3,800 先着30名
ランチは11:00~
講演会は13:00~14:30
★お申し込みは0537ー86ー2025(カルチャーフロア)

今回は地元の浜岡中学校、御殿場中学校でも
出張授業と講演会があります。
たくさんの方々にご覧頂き、会場でお会いできるのを楽しみにしております。

10月15日は会場におりますが
それ以外の土日もなるべく滞在できるように心がけたいと思っております。

※また御案内に同封いたしましたご挨拶文でお知らせしました市川市ユネスコの講演会はまだ理事会の検討決定が通っておりませんので、詳細決まりましたらあらためて告知させていただきます。

ではでは
世界中どこにいても誰にとっても
今日という日が輝かしく希望に充ち満ちる日でありますように!

e0240147_08043911.jpg


[PR]
# by akikomoriya | 2017-09-20 08:06 | 日本画

ジャポニスムふたたび 26話

e0240147_19533590.jpg

ジャポニスムふたたび (26)

   

『和以為貴』の普遍的な価値  日本画家 森谷明子

「和以為貴」とは、言わずと知れた十七条の憲法第一条であり、その作者は聖徳太子である。日本文化を志す人々にとってこの文言はまさに金字塔であり、時代を超えて不動の価値を与えられている。

「和以為貴。争わぬ事を旨とせよ。人は派閥を作りたがり、一方悟れるものは少なく(中略)しかし、上の者も下の者も和み睦てよくよく話し合いをするならば、おのず道は開け、何事も成就するものである。」と締めくくられる。

聖徳太子の時代とは、今風に言えば、内戦、一党独裁、天皇暗殺など、極めて不穏な時代であった。外交に於いてはさらなる危機にあり、朝鮮半島の動乱と、暴君で名高い煬帝が治める大国「隋」に常に怯え続ける小国日本であった。「日出ずる処の天子」で始まる密書が、一体どのような過程を経て対等外交を成就させ、国家存続の危機を救ったのかは、未だ歴史の謎である。

さて、争いを好まないお国柄は、武器のない文化として知られる縄文時代にまで遡る。彼らは、強靱な武器を携えた大陸や朝鮮半島からの渡来人に屈するどころか、言語文化の面ではむしろ優位になって融合させている。確かに日本神話を紐解けば、渡来系の荒ぶる神々は、縄文系の天津神に従いその系譜に組み込まれている。   

武力で即決が渡来系の発想だとすれば、極力争いを避けようとする試みは、現代の日本人の中にも3割ほど保持されているという、縄文由来のDNAがそうさせるのかも知れない。

非武装の原住民が、武器を持った侵略者に対して優勢となり和合する奇跡。究極の平和外交ともいえるその秘策とは、聖徳太子流に言えば「和を以てよくよく話し合えばおのず道は開ける」ということだろうか。

『和以為貴』。その謎を解くためにも、和の伝統文化を学び続けたいと私は思う。



[PR]
# by akikomoriya | 2017-09-18 19:54 | ジャポニスムふたたび

Humming Bird

告知がすっかり遅くなりすみません!
というか
したつもりでおりました(/ω\)

牧羊舎新刊 Humming Bird は...
静岡市呉服町戸田書店で購入できます。
その他の牧羊舎の本も扱っております。

もちろん牧羊舎HPでも購入可能です♬

初めの一羽の勇気ある行動が世界を変えていく奇跡
文字のない絵本なので自由に書き込みができます。
ぜひ、御自身の活動にもお役立てください♬

ではでは
美しい地球は
ひとり一人の掌の中に!
もっと見る
e0240147_20392133.jpg



[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-31 20:40 | 平和な世界を求めて

建穂寺仏像修復

少し前のこと
今月の9日のことです。
静岡市葵区建穂にある建穂寺の仏像修復のお披露目の会に
お招きいただきました。

...

江戸時代のものと思っていたこのお地蔵様
顔だけは平安時代のものだったそうです。
つまり
何度も何度も修復をさね
顔だけは元のものを残していたのですね。

古いものは捨て新しいものに買い替えるのが常になった現代において
仏像修復はどのような意味を持つか
仏師の方は
それにかかわる人々もともに再生する
とお話しくださいました。

仏像がただの美術品ではなく
そこに仏が宿ると信じるからこその修復です。
仏様を新たにすることで
それを望む人々の心もまた再生するのでしょう。

一刀三礼で彫られた仏像。
彫る人もまた仏の境地を目指し
拝む人も仏の境地で維持し修復する

素晴らしいことだと思いました。

時の政府の悪策、廃仏毀釈で
多くの仏像たちが屑のように廃棄された中
建穂の仏像はこうして生き残っております。
町内会の熱意に感動しております。

今後も引き続き
建穂の仏像修復を応援したいと思います。

ではでは今日も一日
ひとり一人の心の中に
仏性や神性さが輝く一日でありますように!

e0240147_18431997.jpg



[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-30 18:44 | 平和な世界を求めて

世界の平和はひとり一人の掌の中に

e0240147_00163261.jpg

世の中ガタガタしておりますが
こういう時こそ
心を鎮めてお祈りしたいと思います。

人のよりよいエネルギーは...
瞬時に頭上から宇宙に放射され
星に跳ね返って
地球に戻ってくると
何かの本に書いてありました。

ひとり一人の想いと祈りが
地球を輝かしく包みますように!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-30 18:41 | 平和な世界を求めて

ユネスコESD千葉大学

e0240147_22000468.jpg

一昨日は千葉大学で行われた
ユネスコESDの研究会に行ってまいりました。
高校生対象のイベントで
今、地球のために何ができるか
何をすべきかの...
講演会とワークショップ
大変有意義な時間を過ごすことができました。


今回牧羊舎も準備に関わらせていただき
180名近い参加者全員のお土産として
牧羊舎の新刊「Humming Bird」を使ってくださり
大変光栄に思いました。


また、講演をされた
ユネスコ国内委員の西園寺さまの
ユネスコ憲章についての見解は
心に残るものがありました。

『戦争は人の心の中で生まれるものであるから
人の心の中に平和の砦を作れなければならない』
その、『平和の砦』とは具体的に何か、と考えるとき
私は、知識と知恵、知性だと思う
とお話しされました。


確かに確かに私たちはあまりに無知なのであります。
2016年において
全世界人口の半分である35億人の財産と
世界の高所得者8人の財産は同じであります。
財産のアンバランスこそが格差の原因であります。


また
世界全体が今の日本人と同じ生活をしますと
地球は2.4個必要になり
世界全体がアメリカ人と同じような生活をしますと
地球は5個必要なのだそうです。


さらに
世界の穀物生産量24トンは
世界が必要とする穀物生産量の2倍もあるにもかかわらず
年間150万以上の人々が餓死しております。


日本もまた
日本の食糧輸入5500万トンの内
三分の一である1800万トンはなんと廃棄しているという事実。


この地球という星の上で日々繰り広げられる
アンバランスは
この星がいかに愛の欠如した状態であるかを物語っております。

そういえば我が家の冷蔵庫にも
食べ残しのご飯が出番を待っております・・・反省!


今起こっていることを知ること
今行動しなければいけないことを認識すること
確かに確かに『平和の砦』とは
知識と知恵と知性に支えられるものでありました。

西園寺さまの心に沁みるおはなし
ぜひ静岡でも伺いたいものです。


ではでは
明日も一日
世界の平和はひとり一人の掌の中に!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-23 22:01 | 平和な世界を求めて

ジャポニスムふたたび 27話

♬今朝の静岡新聞です♬

ジャポニスムふたたび

剣に消された「美の国」の筆              日本画家 森谷明子

e0240147_22453968.jpg

クールジャパンの影響で最近よく目にするようになった「ジャポニスム」であるが、私が学生であった25年前は、ジャポニスムに関するまとまった専門書はほとんど見あたらなかった。19世紀末の西洋に於いて、日本は「美の国」と讃えられ、モネやゴッホなどの巨匠に多大な示唆を与え、約半世紀にわたり日本文化が大流行した。しかし、その影響の大きさとは裏腹に、国内でさえもこの誇らしい事実について、積極的に語られなかった理由がある。
まず西洋諸国に於いては、日本の軍国化が顕著になると同時に「美の国ニッポン」への憧憬は色褪せ、さらに太平洋戦争を経て日本を讃える風潮は当然のごとく消滅した。
国内においては、古き良き日本の精神文化を、愛国主義に置き換えて国民を戦争へと先導した事実もあり、戦後日本文化そのものを猜疑的に伺う風潮があった。
実際、現在の義務教育9年間の中で、「ジャポニスム」という用語だけはかろうじて学ぶものの、それを具体的に知る機会はない。たとえば日本の若者が海外に行った時、その国の美術館に収蔵されている浮世絵や屏風について、その特徴や西洋へ与えた影響など、きちんと語れるようでなくてはいけないと思う。
戦争とは勝っても負けても大きな傷を残す。勝てば敗戦国から怨まれ、負ければ勝戦国から軽んじられる。芸術文化とは、それを生み出した民族なり国なりの精神を見える形にした結晶であると考えれば、戦争によって真っ先に否定されるのは芸術文化である。
 ひとたび失った信頼は、決して容易く取り戻すことは出来ないものである。豊かな感性と誠実な手仕事が世界を驚かせた「美の国ニッポン」。先人達のその功績に泥を塗り、信頼を損なわせる失態を、二度と再びくり返してはいけないと強く願っている。


[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-14 22:47 | ジャポニスムふたたび

蓮の花

e0240147_00151148.jpg

蓮の花
夢のように美しい

日本的というよりは
アジアンな香り


最近
人間は地球全体
宇宙全体とつながりながら存在しているのだと
しみじみ思うようになりました。


人間には
もっともっと神聖で
不可思議な力が宿っている。
最近しみじみ思います。


e0240147_00144954.jpg
ではでは明日も一日
どんな困難にあっても
自分の中の神聖さや輝きを
見失うことのない
一日を過ごしたいと思います(''ω'')ノ


[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-14 00:17 | おしゃべり

『あの日』おはなし会

e0240147_20542877.jpg
度々のお知らせで申し訳ありません♬
来週水曜日
焼津のお蕎麦屋さん「案山棒』のおはなし会です。

3時から4時までです♬...
朗読は「コッペパン文庫」
の斎藤琴美さんにお願いしております。

ぜひお立ち寄りください♬

森谷明子


[PR]
# by akikomoriya | 2017-08-05 20:54 | 絵本

案山棒 絵本『あの日』原画展

e0240147_16125211.jpg

勤め先の学校が夏休みになり
これから1か月
やっと自由な時間が持てます。

絵本『あの日』の原画...
先週末に焼津のお蕎麦屋さん『案山棒』さんのギャラリーに
無事飾りつけできました。

六本木→呉服町D-labo→焼津 と続きました展示も
この案山棒が終わりますとしばらくお休みになります。
10月3日からの浜岡カントリーの個展では
屏風が中心になりますので
多分、全作品を並べることは難しいと思います。

夏休み中やっております。
美味しいお蕎麦を食べながら
ぜひご覧くださいませ♬

おはなし会は8/9午後3時から4時
¥500お茶お菓子付です。
ぜひおいでくださいませ♬

企画してくださったニコちゃんと
こころよく会場を貸してくださった案山棒のご夫妻に
心から感謝申し上げます!

ではでは明日も一日暑そうですが
日本中どこにいても熱中症に気を付けて
そしてほんの一瞬でいいから
世界全体の幸福と平和を心に思い描く
そんなゆとりある一日を過ごしましょう!

e0240147_16130361.jpg


[PR]
# by akikomoriya | 2017-07-26 16:15 | 絵本