ジャポニスムふたたび 30話

e0240147_22200566.jpg

11月20日(月)静岡新聞朝刊です♬

ジャポニスムふたたび


目に見えない優しさと配慮          日本画家 森谷明子


日本の間仕切りとは、セキュリティーがずさんである。
屏風も襖も衝立もちょっと覗けば中は丸見え、障子、簾は透け放題、欄間は音が漏れ放題である。個人情報の保護が厳しく問われる時代、日本家屋におけるそれはあまりにも管理がずさんなのである。
その一方で、このずさんさが実は喜びも産む。それは壁やドアでがっちりと間仕切りされないがゆえに、広々とした空間を共に味わうことである。個を守るために仕切られた空間では決して味わうことのない開放感を、日本人は上手に味わってきた。
たとえば、外国人旅行者にとって温泉とは、大変興味深い一方で嫌悪感をもたれやすい。ここでは個人情報の保護などといったものは皆無である。しかしながら、狭い浴室では味わえない開放感を楽しむことができる。そのための暗黙の了解とは、見えていてもわざわざ見ない、聞こえていてもあえて耳をそばだてない、である。見えない聞こえないふりをする配慮がなければ温泉を楽しむことはできない。
開国後間もない日本を訪れた外国人が、庭で行水する母子に驚いたというのだが、わざわざ垣根を覗く通行人もいない代わりに、行水する母子も覗かれるとは思っていないのである。個人情報の保護に神経質になるほど狡猾な犯罪は増加し、社会全体が漠然とした不安感と警戒心を抱くようになった昨今から見れば、かつての日本の面影とは、なんと温かく優しさに満ちていることか。
日本文化の醍醐味は、そういった相互の無言の配慮があってこそ味わうことができる。互いに目には見えない結界を引きながら、上手に個を維持し、同時に広い空間の共有を楽しんでいるのである。人と人、あるいは人と自然が明確な境界を引かれることなくゆるやかに共生し、それを楽しむ。優しくおおらかな文化である。

もっと見る


[PR]
# by akikomoriya | 2017-11-20 22:22 | ジャポニスムふたたび

みなさまのお作品

e0240147_17470980.jpg
お陰様で浜岡カントリーでの個展も無事に終わりまして
SBS学苑のみなさまよりボジョレーヌーボーをいただきました!
みなさまのお作品も大変好評で!鼻の高い思いをさせていただきました。
御礼を申し上げなくてはいけないのはこちらなのに
本当に申し訳ございません!
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

さてさて
みなさまのお作品今日は・・・
e0240147_17422787.jpg
レトロな色調がいつもおしゃれなHさま
最後の仕上げに、ゴールドアフレアを毛描面相で穂を入れてみました。
金泥とちがって光り方が変則的で透明感があります。
柔らかな空気感がつたわります。
緑に金を添えると緑が生きて見えます♬
いつもながら大変お上手!素晴らしいです(^O^)/

e0240147_17430991.jpg
こちらもHさま
実際よりも少し実を赤くしてメリハリを付けました。
ふんわりした背景の取り囲みがいい感じです。
粉が吹いた感じもとても素敵!美味しそうです!!!

e0240147_17430186.jpg
お次はOさま
鳥の子の色紙にたらし込みでヤマアジサイ
「マイコ」という種類のヤマアジサイです。
色合いが美しくほんのりピンクの感じがとても気に入っています。
茎が太くなってしまったと気にされて
もう一度挑戦するそうです!
おなじものを二度描くと
技術が上がります!
次も頑張ってね!

e0240147_17431687.jpg
Nさま
いつもクレパスで丹念にスケッチして本画に入っていますので
しっかりと描き進めることができています。
5本のカラーがとても配置よく入っています。
今回初めて背景を濃くしてみました。
白が映えます。
瓶は難しかったですね!
でも回数描いていくと段々慣れますから大丈夫ですよ。

e0240147_17433807.jpg
Nさま
いつものサムホール
とても器用にあっという間に仕上げてしまうNさま!
私このくらいのペースで描けたらいいなあ!
お得意の緑青が今回もいい感じです。
砂浜、波、海、雲・・・
実はとても難しいモチーフなのに
何故にこのようにすんなりとしがるのでしょうか・・・
大変達者です!
そして主役のお花の赤が
きつくなりすぎずに
かといってボケることもなくよいあんばいで仕上げてあります。
柔らかに海風にそよいでいます!


e0240147_17434669.jpg
ぉSさま
以前カワセミを大変お上手に仕上げられて
鳥シリーズ第二弾です!
波の感じがとても素晴らしい・・・
水干と銀箔と墨を丹念に重ねています。
コウノトリは実際丸子川に飛来した様子をご覧になり
感動して描いてくださりました。
足のぶら~んとした感じがよいです。
黒もくっきりと描けました!
動物が本当にお得意ですね~!
愛情をもって描かれていることが伝わります。

みなさま
描くたびにお上手になられ
私も学ぶことばかりです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by akikomoriya | 2017-11-17 18:12 | SBS学苑 日本画教室

個展終了

e0240147_22025788.jpg

今日は小学校でお世話になっていた
ガールスカウトのリーダーと35年ぶりくらいでしょうか
本当に久々の再開でした。
可愛らしくて男気のある素敵な方!(もちろん女性です!)
変わらぬ笑顔にまたまた胸がきゅんとなる!


時々思い出すのだけど
ガールスカウトには入団して昇級?するときに暗唱する
10の掟というのがあった。
1ガールスカウトの名誉は信頼されることであります。
2ガールスカウトの役目は人を助け人に役立つことであります。
3ガールスカウトは忠実であります。
4ガールスカウトはすべての人々の友達であり他のガールスカウトとは
  互いに姉妹であります。
・・・
10ガールスカウトは思いにも言葉にも行いにも純潔であります。
というもので
特に10の「思いにも言葉にも行いにも…」に関しては
なんとも崇高で難しいことであると幼心に思いました。


しかしあの
かっちりした制服と
人のお役に立つことを喜びとする日々の訓練が
自分には心地よく、かなりはまっていたのであります。

毎週日曜日、9時に教会が終わり
9時からガールスカウトの集会があるのでダッシュで駆けて行って
日曜日はいつも忙しかった。


35年ぶりのリーダーは
「一日一善、一日にひとつでいいからいいことをする
そして立ち去る時はしっかり片付け!」と今日もおっしゃてくださった!
日々の暮らしの中にもガールスカウトの精神を
今でもちゃんと反映されていらっしゃる姿が
お年を召しても輝かしく感じられました。

懐かしい方々との再会に胸がキュンキュンの一日でした。
無事に一か月半の展示を終えることができ
お忙しい中ご来場くださったたくさんの皆様と
影に日向にご協力くださったこれまたたくさんの方々
こうしてFBを通じて応援してくださる皆様にも
心から心から感謝申し上げます。


めったに飲まないのだけど
今夜はキリンの秋味で母と乾杯いたしましたm(__)m


[PR]
# by akikomoriya | 2017-11-12 22:03 | 日本画

ユネスコ絵画展

e0240147_01141030.jpg
今日は静岡市ユネスコ絵画展の表彰式がありました。
669点と、過去最多の出品数で、年々この展示会が静岡に定着してきている様子を感じます。
ユネスコの役割は、世界遺産の登録することと思っている人は多いとは思いますが
その本当の目的は、他者が大事に思っているもの、尊んでいるものを互いに尊重し
互いの価値観を認識しあうことで、無知を克服し、理解を深め、
その理解が友愛となって世界全体の平和に貢献してゆくことにあると思います。

簡単に言えば、大事なお友達のいる国を滅ぼそうとは誰も思わない、ということです。
私たちが住むこの静岡の町にも素晴らしい場所や風景はいっぱいいっぱいあります。
それを知り、互いに認識しあうならば
一度もあったこともない国の人々の、祖国愛を理解することができるでしょう!
ユネスコ憲章前文にある「戦争は人の心の中で生まれるものであるから
人の心の中に平和の砦を築かなければならない」これを具体的に実践していくために
ユネスコのすべての活動は存在しております!

で、静岡市民ギャラリーで5日日曜日まで!大道芸のついでにぜひお寄りください!

e0240147_01141445.jpg
e0240147_01141831.jpg
e0240147_01140588.jpg

[PR]
# by akikomoriya | 2017-11-05 01:16 | 平和な世界を求めて

県立美術館ワークショップ

e0240147_19521236.jpg

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/31
静岡県立美術館で行われている
「美しき庭園画の世界」ワークショップです。
今日明日の二日間で巻物の制作無事に終了いたしました。


美術館の展示は池大雅や谷文晁ををメインとした庭園画
大名屋敷、上、中、下それぞれに庭園があり
江戸の町には千を超える庭園があったようです。
これにはびっくり!
大名らは、それらを巻物などの絵にして自慢していたらしい。

ワークショップの方は
県立美術館の周りの風景を庭園に見立てて
水墨の技法も学びながら
巻物に仕立てます。

e0240147_19524887.jpg

池大雅の大作も、なかなか素晴らしかったです。
こういう作品には
笑顔でへそ出しの酔っぱらいのおっちゃんが付き物ですが
とりあえず、へそは出ていないようですね!

私は呑んでも呑まなくてもほぼ変わらず
お酒なくても日頃から
しゃべれる笑える泣ける
ついでに失言多し、なので
お酒はお付き合いの時しか飲まないのであります。
呑んでご機嫌になるというのが羨ましい。

e0240147_19524476.jpg

谷文晁の富士山が個人的には気に入りました。
素晴らしい・・・

招待券たくさんあります。
ご希望の方ご連絡くださいませ!

最後にお生徒さんのお作品(下書きですが)

e0240147_19522426.jpg
お上手です!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-29 19:56 | 日本画

浜岡カントリー 記念講演会

e0240147_20151976.jpg

今日は浜岡での記念講演会
台風接近の風雨にもかかわらず
本当にたくさんの方々においでいただき
心から心から感謝申し上げます。


お越しくださった方々ご無事でご自宅まで到着されましたでしょうか?
台風も少しだけ静岡への接近を待ってくれて
今日は思うほどの暴風雨でもなく
新幹線も通常通り動いでくれました。
風の神様、雨の神様
竜神様に心より感謝申し上げますm(__)m

20年、30年のお付き合いの方々
懐かしいお顔
お知り合いになったばかりなのに旧知の様に親しくなった方
新聞記事を見て遠方より駆けつけてくださった方
日本画教室のお生徒の皆さん
県外からのお客様
皆様のお顔を見て
胸がいっぱいになりました。

あらためて本当にたくさんの方々に
今日まで支えられご理解いただき
ここに至るのだと
何度も涙が出そうになりました。

本日のお題は
新聞に連載している「ジャポニスムふたたび」から
「和」というものにつて焦点を当て
聖徳太子が実践した強気で不思議な「和」の術について
そしてこれまた不思議な「縄文の和術」
さらに「言霊の力」を中心にお話させていただきました。
かなり掘り下げた内容だったと思います。

色々とご指導いただいていた常葉大学の砂子先生もいらしてくださり
面白いとお褒めの言葉を頂けて
自分の方向は間違っていなかったとホッと胸をなでおろしました。

講演の内容を
また少しずつでもFBを通してお伝えしていこうと思います。

ではでは明日も一日
美しい世界は
ひとり一人の掌の中に!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-22 20:16 | ジャポニスムふたたび

22日記念講演会「ジャポニスムふたたび~日本文化の可能性と和の志」

e0240147_18504017.jpg

久々熱が出まして
今日は一日仕事をお休み頂きました。
一日爆睡して
お陰様で熱も下がりました。

急に自習にしてしまって...
主任のちえちゃん、生徒たち、ほんとごめんなさいm(__)m

それと
22日の講演会の準備もおおよそ整いまして
ホッとしておりますが
大事なことを
ひとつお伝えし忘れておりました!

22日おいでくださる皆さま
明日明後日の内に
どうぞ期日前投票をお願いいたします。

ここのところ選挙というと
どうしても真の争点が
目くらましされてしまって
キツネに包まれたような印象がありますが
私はあくまで憲法を第一の争点と考えて
投票してまいります。

世界がガタガタ揺れるときこそ
日本人しっかりしないと!

22日は
静岡新聞で連載してきました「ジャポニスムふたたび」から
さらに一歩踏み込んで
日本人が本来持っている摩訶不思議な力
日本人の和の力
そんなことを切り口に
お話させていただきます。

最初設定していた定員がいっぱいになり
枠を広げましたので
ランチなしの枠もあります。
ご興味のなる方ぜひおいでくださいませ♬
0537-86-2025

今日の画像は
幼稚園の卒園の時に頂いた聖画です。
私の一生の宝物でございますm(__)m
ではでは
明日も一日
美しい地球は
ひとり一人の掌の中に!


[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-20 09:21 | ジャポニスムふたたび

ジャポニスムふたたび 

e0240147_23151781.jpg

10月16日 静岡新聞朝刊です♬
ジャポニスムふたたび

      

風景画をめぐる異文化交流     日本画家 森谷明子

 

 モネ、マネ、ルノワール、ゴッホ、ホイッスラー、ロートレック・・・19世紀の巨匠達に与えた日本の影響はあまりに大きい。特に珍重されたのは北斎の「富嶽三十六景」や、広重の「東海道五十三次」など浮世絵の風景画であった。

しかしその北斎や広重が、実はすでに西洋絵画の技法を学んでいた、という事実はあまり知られていない。彼らは蘭学の資料として国内に持ち込まれていた西洋絵画を熱心に研究し、「遠近法」を学んでいたのである。鎖国下といえど、異文化の交流はしたたかに為されていたのである。

西洋の遠近法の習得によって表現が拡大し、浮世絵の風景画はそれ以前のものとは比べものにならないくらい作品としての完成度を上げた。奥行きをもって雄大に広がる画面や、遥か彼方にある遠景の富士山と手前にある日常品などの近景を対比させるなど、ユニークな構成も生まれる。それはまさに西洋の合理性と日本の情緒や遊び心が見事に融合した瞬間であった。こうして生まれた大胆な画面構成を誇る北斎や広重らの風景描写は、開国後西洋に渡り、ジャポニスムとなって印象派をはじめとする西洋画壇に多大な影響を与えた。

さて、西洋と日本の風景画の交流は、そこでは終わらなかった。印象派が謳歌するパリに、今度は黒田清輝など油彩画の習得を志す明治の画学生らが渡り、彼らが体得した印象派の技法は我が国における油彩画の礎となる。

与え、与えられしながら世界の芸術文化は膨らんでゆく。こうした異文化交流が豊かに繰り返されていくのも、国家間の平和と友好があってこその賜物なのである。浮世絵の名を世界に知らしめたパリ万博から150年。この先の150年も、そしてその先も、日本と世界は穏やかに文化交流を重ねていけたらと願っている。


[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-17 20:59 | ジャポニスムふたたび

浜岡カントリー記念講演会のお知らせ

e0240147_23143972.jpg
22日日曜日に
屏風展をしております浜岡カントリーで
「ジャポニスムふたたび~日本文化の可能性と和の志」
と題した記念講演会があります。

...

洋食ランチ付きで3800円ですが
こちらはすでに定員に達しており
今、枠を広げて和食の方のご準備を進めています。
また講演のみの1000円の枠もございます。

要予約0537-86-2025

混迷する現代にあって
日本文化のもつ意味や「和」の在り方など
静岡新聞に連載中の「ジャポニスムふたたび」から
さらに踏み込んだお話をするつもりです。
後半は私が日本文化を通して全世界に発信していきたいと思っている
活動についてご紹介いたします。
皆様とご一緒に
今、日本人としてひとりひとりにできることを
考えていけたら幸いです。

もっと見る

[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-16 23:16 | ジャポニスムふたたび

静岡県立美術館 実技講座

e0240147_21311379.jpg

静岡県立美術館 ワークショップのお知らせです。水墨の技法を学びながら巻物に絵を描きます♬
講師は私、森谷明子です。

実技講座・日本画
巻物に描く 秋の庭園画...
江戸時代の庭園画には、当時の社寺や文人の居宅の庭園、そして中国の憧れの庭園が描かれています。その中には、当時の画家が自ら庭園に足を運び、心を動かされた風景が一つの巻物におさめられているものもあります。今回の実技講座では、このような庭園画にならって、豊かな自然に囲まれた静岡県立美術館の周辺を散策し、あなたの心をとらえた景色を巻物に描きます。秋の色づく木々を楽しみながら、あなただけの巻物を描いてみませんか?

開催日 2017年10月28日(土) ~ 2017年10月29日(日)
時間 10:00~16:30
場所 静岡県立美術館 実技室
対象 中学生、高校生、一般
定員 12名
参加費 材料費: 1,000円程度
観覧料: 一般:800円 70歳以上:400円 大学生以下無料
※ 講座内で観覧します
持ち物 ・絵の具や筆(使い慣れている筆があればご持参ください。日本画用の絵の具はご用意があります。アクリル絵の具や水彩絵の具をご使用になりたい方はご持参ください。)
・スケッチブック(A4程度)
・カメラ(携帯電話・デジタルカメラ等、写真撮影ができるもの)
※ 動きやすく、汚れても良い服装でご参加ください。
申し込み お申込み用紙をご記入の上、下記のいずれかの方法でご応募下さい。
(1)FAX (2)郵送 (3)実技室ポストに投函する
先着順です。お申込みをお受けできない場合に限り、電話にてご連絡いたします。
申込み締切 2017年10月21日(土)必着
※ こちらのイベントは2日間連続でご参加ください。
申込み用紙はこちらから(PDF:762KB)

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/program/detail/94

e0240147_21312274.jpg


[PR]
# by akikomoriya | 2017-10-12 21:33 | 日本画