人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ジャポニスムふたたび 85話

ジャポニスムふたたび 85話_e0240147_21084781.jpg
8月2日静岡新聞朝刊です!


江戸社会はSDGs最先端

江戸の暮らしがSDGsの最先端であったという話をよく耳にするようになった。世界最高の識字率を誇っていたという寺子屋制度や、致命的な環境破壊や森林の乱伐が無かったこと、紙くずひとつおろそかにしないリサイクル、リユーズ能力の高さなど、SDGsが掲げる17のゴールのうちのいくつかを、すでに150年前にクリアしていたと言える。

特に、屎尿を有料で回収し、肥料として販売していたシステムは興味深い。現在の金銭価値に置き換えると、年間40億円の一大産業であったといい、屎尿すらも無駄なく循環させる江戸の智恵には驚かされる。

一方、中世ヨーロッパでは、屎尿や汚物は川や路上の溝に捨てたため、河川は汚濁し、市街地の路上は悪臭が立ち込めていたという。当時のパリやロンドンの人口をはるかにしのぐ、江戸100万人都市において、秩序ある循環社会が実現していたことは、今一度振り返って考える価値がある。

日本人が汚物の処理に神経を使っていた理由は、もちろん清潔好きな民族性もあるだろうが、山川草木すべてが神である日本人にとって、人間の生活空間の「外」とも言える山や川や海が、神のおわす場所だったからではないかと思われる。そこに汚物を捨てるということは、神々の神域を汚すことになるから、不吉で禍々しい行為だったにちがいない。

今や、海洋は人類の巨大なゴミ箱と化し、その中には日本製のペットボトルやプラスチックもある。不要なものを「外」に捨てるという感覚は、本来日本人が好むやり方ではなかったはずだ。水にも土にも還らないプラスチック製品の扱い方を、日本人の経験知で少しずつでも解決したいものだ。

未知の取り組みに挑むような感覚を与えるSDGsだが、すでに実践されていた日本の古き良き知恵を振り返りながら、日本流のSDGsを発信できたらと願っている。


# by akikomoriya | 2022-08-02 21:10 | ジャポニスムふたたび

ジャポニスムふたたび お話会のお知らせ

「ジャポニスムふたたび」お話会
次は沼津のアルカンシェルと浜松秋葉神社です<(_ _)>
①アルカンシェル      
静岡県沼津市御幸町 7-21
7月26日(火) 13:00~15:00     
参加費:2300円 ※和菓子お茶付き 
定員18名【要予約】 
お問い合わせ : 055-933-2788
②浜松秋葉神社      
浜松市中区三組町39番地
7月31日(日) 13:30~15:00     
参加費:2000円 ※和菓子お茶付き 
定員20名【要予約】 
お問い合わせ: 053-453-0843 秋葉神社にて受付中
持続可能な社会のために
今、日本人にできること、
日本人にしかできないことをお話します。
パンドラの箱の底に残された「希望」とは
私たち日本人ひとりひとりの掌の中に…!



# by akikomoriya | 2022-07-23 21:19 | ジャポニスムふたたび

静岡ユネスコ講座のご案内

静岡ユネスコ協会からのお知らせです。
7月23日(土)13:30~15:00
アイセル21地下音楽室で
「シベリアのバイオリン」のお話会があります。
静岡出身の窪田由佳子さんのお父様は
シベリア抑留から生還された体験をお持ちでした。
お父様亡きあと、その記憶を追いながら本をご出版されまして
そのお話会となります。
窪田さんのお父さんである窪田一郎さんは、
シベリア抑留中の強制労働の中で
なんと廃材を集めてバイオリンを作ります。
そして仲間があつまり楽団を作り…
音楽や文化の力が人の生きる力になる
不思議で力強い…「実話」です!
窪田さんの娘さんでピアニストの小澤実々子さんの
ピアノ演奏と
宮城嶋遥加さんの朗読もあります。
先着50名様です。
ぜひお出かけくださいませ!
2人、テキストの画像のようです


# by akikomoriya | 2022-07-06 07:14 | 静岡ユネスコ協会

ジャポニスムふたたび84話「精神的な高み尊ぶ軸 今こそ」

7月4日静岡新聞朝刊です。ジャポニスムふたたび84話
『精神的な高み尊ぶ軸 今こそ』
 初代駐日領事ハリスが下田に来航したのは、1856年のことだった。下田の玉泉寺に領事館を開いたその日の日記は興味深い。「疑いもなく新しい時代が始まる。あえて問う、日本の真の幸福となるだろうか」
 ハリスばかりではなく、当時日本を訪れた多くの人々が、新しい文明を受け入れつつある日本の行く末を案じていた。あれから150年、そうした人々の予見は、当たらずとも遠からずである。
明治の開国以来、勤勉と忍耐を勲章に邁進し続け、豊かさを手にしたはずの日本は、現在どうも元気がない。世界160か国を対象に行われる幸福度調査は昨年も54位と低く、さらに自殺率は先進国の中ではロシアに次いで2位、特に子どもの自殺率はトップ。若者の自己肯定感の低さは社会問題となっている。
 明治の文明開化では、あらゆる日本的なものを「劣ったもの」として脱ぎ捨てるところから始まった。そこに大きなボタンの掛け違いがあったのではないだろうか。
日本語は英語に劣り、伝統的絵画は洋画に劣り、着物は洋服に劣り、医学も教育も社会システムその他すべてにおいて、「日本は劣っている」という概念から、日本の近代化が幕開けた。
しかしながら、日本文化の中枢には、物質的な豊かさに先行する、「精神的な高み」を尊ぶ文化が脈々と流れている。縄文以来ブレることのないその軸は、様々な外来文化の流入にも押し流されることなく、むしろそれらをしたたかに吸収し膨らめてきた。モノや金銭よりも、精神的な高みを尊ぶ日本文化は、持続可能な発展を求める現在の地球社会において、大いに注目を集めている。
 日本独自の思考を学び直し、日本文化の有用性を確認することで、「自己肯定感」ならぬ「自国肯定感」を高めたい。それが、現在の日本のみならず、世界全体を、真の幸福に近づける有効な手立てであると筆者は思っている。
イラストのようです
「ジャポニスムふたたび」1~50話をまとめた書籍のご案内https://www.bokuyosya.com/




# by akikomoriya | 2022-07-06 07:03 | ジャポニスムふたたび

静岡ユネスコ講座 5月21日

静岡ユネスコ講座 5月21日_e0240147_22513069.jpg

静岡ユネスコ協会 今年度のユネスコ講座です!
今年から年間計画表のチラシを作成することになりました。
場所は第一回目だけが青葉通り沿いのアイワビル4階で
あとはアイセル21です。
第一回目の5月21日は
古武術からヒントを得て体の使い方を学ぶ術です。
人気の先生で、通常3000円はする講座ですが、ユネスコ講座なので「無料!」
この機会にぜひ!!!
年をとってもますます体が使いやすくなるという
ぜひおいで下さいね~!


# by akikomoriya | 2022-05-10 22:56 | おしゃべり