人気ブログランキング |

お花の話 ②

e0240147_2126318.jpg


 SBS学苑の日本画講座のお生徒さんは、皆さん多趣味な方ばかりで、日頃から私の方が教えていただくことが多いように思います。先日は山野草を育てておられる方に「竜胆」を頂きました。


 実は子供の頃から大~好きで、何度も買っているのですが、なかなか毎年咲かせ続けるのは難しく、山野草を育てるのには、細やかな心遣いがないとだめだな~とその都度反省…。でも竜胆の藍色と袋のような花の形が何とも気に入っています。


 袋の形をした花でホタルブクロも大好きですが、これもまた別のお生徒さんから頂いたものが、庭先で毎年花を付けてくれます。ホタルブクロは比較的丈夫で、家の周りにも時々自生しているのを見かけます。白もピンクも可愛いです。中にホタルを入れて遊ぶ話が、松谷みよ子さんの「おときと狐と栗の花」という物語に出てくるのですが、いつかそんな風流な遊びをしてみたいものです。
 袋物では他に、桔梗の蕾とか、風船蔓の実とか、袋が開いたときは中から小人でも出てくるような気がして、本当に好きです。朝顔も花の奥の方に何かいるような気がして、これまたまじまじと見つめてしまいます。この美しさ不思議さは、やはり絵ではなかなか描き表せないのですが…いつの日か満足のいく作品を描きたいと思っています。


 ところで、金子みすずの詩はステキなものばかりですが、中でもお気に入りはこれです。



   夕顔

 せみもなかない
 くれがたに
 ひとつ、ひとつ、
 ただひとつ、

 キリリ、キリリと
 ねじをとく、

 みどりのつぼみ 
 ただひとつ。

 おお、神さまはいま
 このなかに。


 
 「自身が花であるかのように自然の中に生きる」というゴッホの言葉が好きですが、金子みすずもまた、そのような人であったと思います。
 この詩がもう何とも好きで、日々の生活の中でも、度々思い返しています。そして、この竜胆を頂いたときもまた思い出していました。





 

 
by akikomoriya | 2011-10-29 21:12 | おしゃべり
<< 色の話 蔓の楽しみ >>