人気ブログランキング |

アートセラピー

今年は色々新しい出会いがありましたが、先月は大学時代の後輩がやっている「アートセラピー」の講座に参加する機会がありました。

その日のテーマは、自分の生まれた日のことを、イメージしながら、会場に用意されている様々な自然素材やクラフト材料を自由に使って立体作品を作る、というものでした。

木の枝、貝殻、花びら、実、蔓、毛糸、リボン、和紙、ビーズ、紐…その他色々…用意された材料を見ているだけでもワクワクしてしまって、とっても素敵な体験でした。

私の生まれた2月25日はよく晴れた日だったそうで、その日の晩、大変な難産の末、ついに金具で引っ張り出されてなんとか私は生まれました。空には冬の星座が輝いていたと思われます。ちょうどその年はアポロによる人類初月面着陸の年でした。産院は天竜川のそばでした。家族はてっきり男の子が生まれると思い、用意されていた布団もベビー服も青でした。その布団の青い色を今でもよく覚えています。母は私を生んですっかり病弱になりましたが、いつも母の手作りの洋服を着せてもらい、母の手作りの食事を食べ、たくさんの思い出が自分の中にはあります。

…そんな事を思いながら、夢中で作っていると…こ~んな作品になりました。二つの作品はへその緒みたいなもので繋がっています。親子の絆のイメージです。外からはあまり見えませんが、中をのぞくと温かな思い出がいっぱい!

アートセラピー_e0240147_2151468.jpg

アートセラピー_e0240147_21522062.jpg


会場には100人以上の方が集まってそれぞれの思いのままに、自分の誕生、出生、幼児期の環境などをイメージしながら、様々な作品を作っていました。そして、最後に会場内のすべての作品を、自由に鑑賞する時間が与えられて、そのときの感動は忘れられません!
集まった人々の中で、創作に携わる仕事をしていた人は、私以外には数人しかいなかったのでは、と思うのですが、どの作品も、どの作品も、強いエネルギーを発しているのが分かり、作品の善し悪しを付けたり、順位を付けたりする世界からはほど遠い、静かに清らかで、あたたかなエネルギーに満ちた空間でした。中には、思わず涙を浮かべている男の人もいました。私も制作しながら、何度も泣きたくなっていました。

どの人も、どの人も、生まれてくることを周りの誰かから祝福され、あるいは人間以外の何者かからも祝福され、生まれてきたのだと思うと、どの人もどの人も、掛け替えのない、神聖な存在であると感じました。
毎日の生活は慌ただしく、何かを無心に作ったり、幼い日々を振り返ることなど滅多にありません。でも創作という行為は、人の心を透明にして、大切なことを思い出させてくれるものだとしみじみ思いました。

先日のブログで、日本文化は、名もなき人々の感性を尊重する文化であった、と書きましたが、自分が今受け持っている日本画の講座や、高校生の美術の授業でも、上手下手を競うのではなく、お互いの内なる世界を顕現してゆけるようなあたたかい空間を提示してゆけたらいいな~と思いました。

以前、「この世に絵描きは天才が一人いればそれでいいのだ」と、豪語している友人がいましたが…絵とは名画や傑作を「見る」喜びだけではなく、「創作する」行為こそが、何よりの価値であると講座を体験して実感しました。絵やアートはすべての人に等しく必要なものだと改めて思います。

by akikomoriya | 2011-12-25 22:15 | おしゃべり
<< 龍の話 兎の話 >>