人気ブログランキング |

西行と桜 書画の楽しみ屏風展 ②

e0240147_18162017.jpg

静岡新聞朝刊に椿の里での「西行と桜」が掲載されました♪
週末は思いがけずたくさんのお客様が見えてくださり、心よりお礼申し上げます。
e0240147_18173310.jpg

椿の里の駐車場につくしがありました。ムーミンの「ニョロニョロ」みたいですね~♪背景の緑はカラスノエンドウですね。春ですね~♪
e0240147_18142631.jpg

囲炉裏端のお席で椿弁当~♪

ひと頃前までは、書と画は様々な場面でひとつの空間を演出してきました。絵巻物、襖、屏風、扇、器…美術品と生活用品との境界が極めて曖昧なまま、生活の中で楽しまれてきた「書と画」。それが戦後、画は額縁に入れられ、書は書展でのみ発表されるようになりました。

絵を額縁から解放し、書もまた書展という枠組みの中から解放し、自由に大らかに多くの人々と喜びを分かち合ってゆけたらいいなと思っています。そして昔のように、書と画が同じひとつの平面を彩り飾る形式を、ふたたび楽しめたらいいなと思います。

書画の楽しみ屏風展は、今年が始まりで、このあとも続けて「椿の里」にて発表してゆくつもりです。

by akikomoriya | 2012-03-26 18:34 | 日本画
<< 西行と桜 書画の楽しみ屏風展 ③ 西行と桜 書画の楽しみ屏風展 >>