人気ブログランキング |

至誠通神

しばらく展示会準備で慌ただしく、風邪をひいてくたくたしておりましたが、今日の夕方からなんとか回復いたしました。くたくた寝ているうちに、夫が夕食にカレーを作ってくれていて有り難い限り…♪

今日は息子が学校で卒業アルバムをもらってきました。ペラペラめくっているうちに、先生方からのたくさんの「贈る言葉」の中で「至誠通天」という言葉をみつけました。それで、「おっ」と思いました。

実は、母方の実家の和室に、これと似ている言葉で「至誠通神」という書が掛けてあります。母が子供の頃からず~っと掛けてある書だそうで、多分亡くなった祖父がこの言葉を好んでいたのだと思います。祖父はそういう人でしたから。

ゆったりと勢いのある墨筆で書かれたその書は、すでに紙も茶色に古びて、見ているだけで何かしら厳かな雰囲気がありました。
ある日、「何て読むの?」と母に聞き、その意味を教えてもらったとき、特別な威厳を持って、幼い私の心に鳴り響いたことをいまでも覚えています。
その母もまたこの言葉がよっぽど気に入っているらしく、新築した和室にも友人に書いてもらったという「至誠通神」の書が掛けてあります。

子供の頃から何気なく見てきたこの言葉に、自分はどれだけ救われてきたかな、と思います。

誤解の嵐の中に独り立たされた、まさに四面楚歌の雪辱を、人生で何度味わったでしょう。言い訳すればするほどその言葉も空しく、所詮人はひとりなのだと、何度泣いたことでしょう。

けれど「至誠通神」という言葉はいつも心のどこかで私を励ましてくれていました。

外に向かっては自分の周りにいる人に誠実であること。内に向かっては、いつもどんなときも自分の心の中を客観的に見つめて、極力誠実に、自分の想いと言葉と行動を整えてゆくこと。

…ただそれだけに徹して生きていれば、一時の不遇や不条理もやがては幸運に転じ、なあ~んだ神様はぜ~んぶお見通しだったんだな~と、思えることが増えました。一時の不遇は具体的には10年続くこともあります。20年続くこともあります。でも神様のスパンはゆったり大らかであることもよく分かってきました。
至誠通神_e0240147_119276.jpg

「言霊」という考え方があります。尊い言葉からは、表記された文字そのものから何らかのパワーが出ているように思います。「至誠通神」という言葉が祖父母の家に掛けてあって、本当に有り難かったと、最近しみじみ思います。

by akikomoriya | 2012-03-31 01:29 | おしゃべり
<< 心から楽しんで… 西行と桜 書画の楽しみ屏風展 ④ >>