人気ブログランキング |

今日も桜

今日は知人の庭にある染井吉野の花見に出かけました。
やや遅咲きだったため、幸いまだまだ蕾を残しており、時々ヒヨドリが蜜を吸いに来たりして、雨に濡れる桜もなかなかグーでございました。

日本人は本当に桜が好きですね~♪

日本人の桜好きのもとは、どうやら奈良県吉野山のいわゆる「吉野の桜」らしいですね。ちなみに「染井吉野」は江戸時代に江戸の「染井村」で作られた、クローン桜ですので奈良の「吉野の桜」とは違います。

さてさて、この「吉野の桜」今のような桜の山になったには、かなり宗教的な理由が…。

天智、天武、持統の時代に重なる時代に実在した、「役行者(えんのぎょうじゃ)」という修験道の開祖がおられるのですが、その方が悟りを開いた折に、山桜の木に仏様を見出し、それを彫り出し、吉野の金峰山寺に安置したことが始まりと言います。

その後役行者を慕うものらが、その信仰の証としてぞくぞくと吉野に山桜を植えにやってきたと言います。

いわゆる時空の瞬間移動や人の心や未来を読む力など…肉体身を持ちつつも様々な神通力を自在に駆使することを可能とした役行者でしたが、その究極の神通力とは、「神の心を己の心とし、仏の心を己の心とする」というものでした。

いかなる神通力をも越える、己の心の無心さ、愛の深さこそが、真実の自由自在身というわけですね。素晴らしい!

e0240147_0545920.jpg


舞台芸術公園の夕暮れの染井吉野。
染井吉野は華やかで美しい…。でも絵にしたいのは山桜。なかなか気に入った山桜に出会えないのが残念!
いつの日か、最高にお気に入りの山桜に出会えますように!!

by akikomoriya | 2012-04-12 00:57 | おしゃべり
<< 富士宮 狩宿 赤芽白山桜 桜咲く木枯しの森 >>