人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朔風葉を払う


朔風葉を払う_e0240147_22554186.jpg

秋も深まって参りました。
茶畑から見える景色はまるで絵のようです♪

七十二節気では今時分を「朔風葉を払う」というらしいです。
ご近所をお散歩しましても
どの家もどの家も落ち葉掃きにご苦労されております…

あんなに暑かった夏が
もう随分遠いことのように思われます…
季節のない国の方達にしてみれば
日本の四季は何と慌ただしく感じられることでしょう。

四季折々、着るものも食べるものも、常に変化する
生まれたときから日本人ですので当たり前に思いますが
これはなかなか大変なことでございます。

あまり主婦業は得意ではありませんが
こんな怠け者の私でも
気に掛けている季節の変化への対処も色々とあるわけで…

たとえば、春になると
ストーブしまって、こたつをしまって、こたつ布団を洗って干して
冬物を洗ってしまって、洗えないものは日に干し
春物を出して洗ってまたしまい

そうこうするうちに梅雨がきて
雨でも換気しないとカビが生えるのでほどほどに窓を開け
梅雨の晴れ間はここぞとばかりにものを干し風を通し
早めに庭の草の芽をむしり
温度は上がり、梅雨は明けずの嫌~な季節をなんとかやり過ごし

やがて
ど暑い夏が来て
暑くても体は冷やさず飲み食いに注意し
食べやすく栄養のあるものを日々工夫し

そして9月になったら暑くても冬支度
冬布団を干し毛布を干して
扇風機をしまい夏物を洗ってしまい
落ち葉が散り始めたらマメに庭を掃き
結露するので窓もマメに拭き、

そしてまたそうこうするうちに
次のお正月が来るのでございます。

ひと昔前の日本人は
これに加えて
梅干し干すの漬けるの味噌を仕込むのと
際限なく仕事はあったわけです。
現代社会の忙しさとはまた違った忙しさなのであります。

この合間合間に年中行事があり
お正月が終わると、ひな人形を出して干してしまって
五月の飾りを出して干して飾って、七夕をかざって捨てて、お盆飾りを作って、月見、クリスマス、
そしてまた正月!
忙しい忙しいと言いつつも
これらを割愛すると何だかやっぱり寂しい…

というわけで
今日は何を申し上げたかったかと言いますと
よく日本人は働き者だとか、マメだとかいいますが
まさに日本の風土が日本人をそうさせたのだとしみじみ思います。
気温も湿度もあまりにも変化に富む風土に衣食住がきちんと対応できませんと
すぐに風邪をひいてしまいます。

日本人の一年は
慌ただしく支度し片付けるのくり返しでございます。

しかもこの季節の変化を楽しむべく年中行事を行い…
支度し片付けるの項目はさらに倍増!

明日から12月
我が家もそろそろクリスマスツリーを出さなくては♪

支度し片付けるを慌ただしく行う日々が
実はなんだかんだ言って幸せなのでございます…
朔風葉を払う_e0240147_22552422.jpg

by akikomoriya | 2013-11-30 23:34
<< 師走の空 江戸風情 ③ >>