人気ブログランキング |

明日も元気に…

夏ばてなのか
日々の疲れがたまっただけなのか
今日は大変な不調でありました。

昨夜は呼吸が苦しく手足がザワザワ震えだし
どうも神経が疲弊しております…

今日はとても絵は描けませんで
それでも幸、体は動きますので
事務的な仕事をもくもくと行い
買い物やら届け物やら
頭を使わなくても良い雑務をして過ごしました。
は~やれやれ…

というわけで
今日は夜になってもいっこうに絵を描く気分になれないので
書きかけになっていたブログをまとめて送信しております。
文章を書いていると何故か落ち着くのであります…


前回伊勢神宮について書きましたが
伊勢神宮を造営された方というのは持統天皇という女帝でございます。

伊勢神宮が現に至るまで
古き良き日本のの姿をこうして残していられるのは
あえて唐様を廃し、古式ゆかしい弥生の神殿に徹して造営したことと
その先も決して朽ちることのないように
周到に用意された
式年遷宮をはじめとする様々な決めごとがあったからこそ。

そこには何かをはっきりと見据え、確信を持ってそれを推し進めた
聡明で強い意志を持った女性が浮かび上がってまいります。

単なる権力の誇示や目先の利害に関わることではなく
古代から伝わる高天原の継承地としての祭祀を目指していたことが伺えます。

ちなみに持統天皇の和名は「高天原広野姫」
漢風送り名は「鵜野讃良姫皇女」といいます。
このお名前について語り始めますとまた長くなりますので
今日はやめときます…


たとえ古事記や万葉集に興味がなくとも
ただ訪れるだけで
ただに有り難い伊勢神宮でございます…


  何事のおわしますをば知らねども
         かたじけなさに涙こぼるる

でございます…

ではでは…
明日こそ元気に絵が描けますように…
皆様にとっても清々しい一日となりますように…
e0240147_2345349.jpg






by akikomoriya | 2014-08-30 00:01 | おしゃべり
<< 骨董のお皿 風日祈の宮 >>