人気ブログランキング |

天上の虹

今週の「歴史ヒストリア」は
里中満智子の「天上の虹」を軸にした
持統天皇の物語でした。
e0240147_22125319.jpg

32年に及ぶ連載がこの春終了しまして
里中様本当にお疲れ様でした!

持統天皇の物語を書くために漫画家になったという里中さん
掲載雑誌を何度かお引っ越ししたりと
途中様々なご苦労があったようですが
今となっては里中満智子の代表作となりました。

実は私・・・
もしも自分に過去世とか前世があったとしたら
持統天皇のお側にお仕えする采女であったと思いたいほどの
持統天皇ファンでございます!

と言うわけで
今回はフアン必見の歴史ヒストリアでございました(^^)/

再放送は17日水曜日午後2:05~です!
お時間のある方、是非ご覧下さいませ!

万葉好きの人々からは必ずと言っていいほど「悪女」扱いされる持統天皇ですが
その功績の全貌を見れば
一般peopleは知るよしもない
まさに千年先の日本を見据えての決断と決行
今の日本があるのは
持統天皇の功績あってと言っても過言ではありません!
確固たる一点を見つめて邁進し続けた
孤独で孤高な人生が見えてまいります。

また恋の歌が多い万葉集ですが
持統天皇の場合、恋の歌はない代わりに
冷静で知的な示唆的な歌がいくつかあり
その一方で
決して浅はかではない深い深い情を感じます。

番組では話題になっていませんが
伊勢の祭祀と式年遷宮を整えたのも持統天皇!

また夢占のできる
巫女的女性であったことは知られているのですが
役の行者が本拠地を構える吉野に
31回にも渡る異例の行幸を行ったことや
死の前年に現在の浜松まで赴いていることも含め
その理由は
未だ謎に包まれています。

この時代基本的に天皇という存在は滅多なことでは外出できるものではなかったのですが
(普通在位中はせいぜい一、二度紀伊に温泉に行くくらい)
あまりに謎な行動の多いのが持統天皇の特徴でもあります。

番組の最後に里中さんの言った言葉
「人にわかってもらおうと思ったら何もできない。
100人いたら100人に理解してもらえれば安心だけど
それをやっていたら何もできない
持統天皇に本当にお疲れ様と言いたい」
というコメントが心にじんときました。

この天上の虹もまた
どれほど困難な道のりだったことでしょう。

32年間ホントにお疲れ様です!
そして
悪女扱いされてきた持統天皇の汚名を返上してくださって
本当に有り難うございます!

は~また奈良に行きたくなっちゃったです♪



by akikomoriya | 2015-06-12 23:10 | おしゃべり
<< シフトチェンジ 蛍鑑賞会 >>