人気ブログランキング |

スピリチュアル・ワンネス

「地球は言葉にならないくらいきれい」。
昨日は無事に国際宇宙ステーションに到着した油井亀美也さんから
心がすっ~となるメッセージが届きました。
e0240147_1228228.jpg

大学時代のことですが
父が薦めてくれた一冊の本
立花隆の「宇宙からの帰還」という本に夢中になりました。

何と言っても衝撃的だったのは
宇宙から帰還した飛行士が
「スピリチュアル・ワンネス」といって
今まで宗教が語ってきたところの
「すべてはひとつ」「宇宙との一体感」というもの
あるいは「すべての中に神がやどるという至福」を
宇宙において一瞬にして実感した
というコメントでした。

なんと平和な感覚でしょう。
すべての人類がたった今一人残らず月面に立ったのならば
一瞬にして世界は平和になるのではないか!?
そんな思いに駆られたコメントでした。

さらにそのスピリチュアル・ワンネスの感覚によって
様々な能力が引き出され
閃きを得ることができるといいます。

「スピリチュアル・ワンネス」を感じるためには
「さざ波ひとつない森の中の沼の水面のように
心を静寂そのものに保ち
透明なやすらぎを得なければいけない」
といいます。

大学時代の私は
地球にいながらにして
宇宙にいるときのような感覚に少しでも近づくには
どうしたらいいだろうかと考えました。
かなりヒマ(-_-)

高い山に登って手が届くほどの星空を仰いでみたり
水平線の彼方まで見渡せるような海辺に行ってみたり
あとは・・・自宅でもできることとして
夜明け前の紺碧の空が
朝を迎える輝きを
一人で静かに見つめること

さらには
空の向こうに宇宙が広がることを想像しながら
青空を見上げること!
呼吸を整えて瞑想すること!
これなら自宅でもできる(^^)/

スピリチュアル・ワンネス

芸術・科学面での閃きはもとより
政治・社会・個々の人間同士の関係に
これからもっともっと深めていかなければならない認識だと思います。

今日も一日
美しい地球は私の手のひらの中に!

by akikomoriya | 2015-07-24 12:28 | おしゃべり
<< ジャポニスム ふたたび ⑦ 胎内記憶 >>