人気ブログランキング |

屏風の撮影

e0240147_13562623.jpg
e0240147_13563874.jpg

先月のことですが
静岡浅間神社に奉納した一双の屏風の撮影があり
今日はその試し刷りができてきました。
当日は
文化財専門のカメラマンと禰宜さんとで半日がかりの作業でした。
金が使ってあるので光の反射が難しく
板戸を付けたり外したり、屏風を立てたり開いたり・・・で
皆さん本当に一生懸命やってくださり申し訳ないくらいでした。

そしてその撮影中
雨の中でずっと外から立って眺めている人がいる。
随分長いこと見ておられ
しばらくして「握手してもらえますか?」と話しかけてきて何だろと思ったら
「今朝ね、目が覚めたら急にお浅間さんに行きたくなってね
なんだか呼ばれてる気がしてね
分からないまま来てみたら
この桜に会えたのよ。
いつもは見られない場所でしょ。
私ホントに有り難くって。
私ね16年前に末期癌を宣告されて
それでもこうして生きていられて有り難くてね
お浅間さんのお陰だと思ってるの
ホント有り難くってね
いい先生にも巡り会えてね
主人にもホント助けてもらってね
ホント有り難くってね
今日もここに来られてホント有り難くってね・・・」

・・・というお話しを
私の手を握りながら目をキラキラさせてお話し下さった。

ほんの数分間のことだったのに
「有り難くってね、有り難くってね」を30回くらいいったんじゃないかと思う。

これだけ感謝し続けていたら
おのず奇跡も起こるな~と感心してしまった。

こちらこそ
雨の中見に来てくれて本当に本当に有り難うございます。

この秋は山桜の絵本の締め切りもあり
今年は山桜ではじまって山桜で終わるな~としみじみ・・・

色々な人にご縁を頂き
色々な人に助けてもらって励ましてもらって
ひとつひとつ有り難く・・・もったいない・・・




by akikomoriya | 2015-09-05 13:58 | 日本画
<< あたたかい心 いつかまた あかちゃんに もどて >>