人気ブログランキング |

久隅守景

e0240147_14191313.jpg



七月に頂いたほおずき市のほおずきが、すっかり朽ちまして、これもまた絵になるな~と眺めております。季節の移り変わりは本当に早い…

夏から取り組んできた絵本制作がなんとか仕上がってきて
残りあと一枚になりました。
絵がうまくいかないとこの世の終わりみたいな気分になる…
逆にうまくいくと家族中に見せて歩いてバカみたい…
情緒不安定な私に付き合ってくれて、家族ってホント有難い…

今朝の日曜美術館は、久隅守景という江戸時代の絵師でした。今、サントリー美術館で開催中です。卒業論文でも扱って、私のお気に入りの画家です。
e0240147_14223697.jpg

好きなものを描くというのは、今では当たり前すぎる事柄ですが、江戸時代、それ以前もずっと、絵師たちは時の権力者によって擁護される代わりに、権力者の気に入るような作品を描かなければいけませんでした。それに逆らえば切腹!静岡浅間神社の天井絵を描いた狩野寛信など、若さゆえの激しさか、幕府に逆らい切腹しています。

そんな中、狩野探幽の一番弟子でありながら、謎の破門で、漂泊の絵師となった久隅守景は、破門後、おそらくは本当に自分が描きたかった風景を描きはじめます。
のどかな田園、人々の気ままなくらし、人目も気にしない家族団らんの夕涼み…

人々のおしゃびりが聞こえてきそうな愉快さ、長閑さ。いいなぁ~・・・

あと少し、頑張って、仕上がったら見に行きたいな!都立美術館のモネ展とあわせてはしごしよう…あと少し、頑張れる、頑張ろう…
補足ですが、日曜美術館は来週日曜日夜8時から再放送があります。興味のある方は是非ご覧くださいませ♪

では来週も
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望のあふれる日々でありますように!

e0240147_14225973.jpg


by akikomoriya | 2015-10-28 14:23 | 日本画
<< 野に咲く花 襖絵の花に蝶が止まる >>