人気ブログランキング |

倉敷でぼけっと


e0240147_21115393.jpg


宮島の帰りに倉敷によって
水面に映る蔵屋敷の風景がなんだか面白くてずっと見ていました。
父と二人で川の鯉に餌をやりながら
ぼけっと水面を眺める・・・

それでなんとなく昔のことを思い出していました。
大学院の頃耳の病気をして入院して
聞こえないしまっすぐ歩くこともままならない状態で
手遅れだからもう治らないと言われ
とりあえず仮退院して
家の前の公園の芝生で
その時も父と二人でぼけっと空を見ていた。
耳は聞こえないし薬の副作用で顔はイチゴのように腫れて
顔のアバタも治るかどうかは未知数だと言われて
父は慰める言葉もない娘を公園に連れ出してくれて
なんとなく二人でぼけっと空を見ていたのでした。

それで
何年か経ってふと気付いたら治っていた。
顔にはそのあとカビが生えて結局アバタも治った。
いまだに周りからは奇跡だと言われるんだけど
どうして治ったのか自分でもよく分からない。

入院中にお友達が工藤直子の「あいたくて」という詩集を送ってくれて
佐野洋子の挿絵がすごくよくて
その中の「こころ」という詩が今でもずっとお気に入り。

倉敷の水路の水面を見ていたら
そんなことを思い出しました。

 こころ  工藤 直子

『こころが くだける』 というのは
たとえばなしだと思っていた ゆうべまで
今朝 こころはくだけていた ほんとうに

ひとつひとつ かけらをひろう
涙がでるのは
かけらに日が射して まぶしいから

くだけても これはわたしの こころ
ていねいに ひろう
e0240147_21121940.jpg

  ♪~♪~♪
砕けた心を拾ってくれるのは
自分しかいないから
誰にも理解されなくても
心を込めて砕けた心を拾おう・・・

ではでは明日もまた
美しい夜明けを迎えることができますように!
目が覚めてから眠りにつくまで
清々しく晴れやかな気持ちで
過ごすことができますように!

e0240147_2112423.jpg


by akikomoriya | 2015-11-30 21:12 | 想い出つらつら
<< 平和な世界へ 蝶の夢 ② >>