人気ブログランキング |

ヘンリエッタ・ウィルビーク・ル・ミラー

e0240147_2218324.jpg

クリスマスが近づいてきて
我が家もやっとツリーを出しました。

子供のころ通っていた教会のシスターが
ある日カナダにお里帰りして
そのお土産に絵本を下さいました。
見たこともないような美しいクリスマスキャロルの絵本!

ヨーロッパの挿絵には美しいものがたくさんあるけれど
どれもそれほど気に入らない!のですが
これはほんっと~にお気に入り!

オランダ人の「ヘンリエッタ・ウィルビーク・ル・ミラー」という人で
絵本ではあるけれど
この人の描く聖母子は他のどんな絵描きのものより美しいと思う。
赤ちゃんを心から慈しんでいる様子が切々と伝わります。
女性だからかな?

思えばミケランジェロもダヴィンチもおじさんであります・・・
女性の描く聖母子は違うな~と思います。
やっぱおじさんじゃダメね!

10代で絵本作家としてデビュー
その後たまたまお泊めした客人がイスラム教の方で
一夜にして夫婦揃ってイスラムに魅了され
改宗してしまったという不思議な人。
イスラムにも色々ありますが
スーフィー派といって
とても神秘的で穏健な宗派です。

その後、熱心なスーフィーの信者になり
晩年は制作よりも布教に力を入れ
あまり多くの作品は残っていません。
彼女の作品のほとんどは今でもスーフィーが保管していることもあり
それでなかなか大衆の目に触れることがないのです。

でも根強い人気が!
私のようにネットオークションでしつこくコレクションし続けている人間も結構いるようで
洋書のネットショップも出るとすぐに在庫切れ!

しみじみ・・・いいなぁ~

クリスマスまで
また少しずつお気に入りの絵をアップします(^^)/

ではでは
明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望の溢れる一日でありますように!

by akikomoriya | 2015-12-11 22:20 | 絵本
<< ヘンリエッタ・ウィルビーク・ル... 「阿修羅見たよ!」 >>