人気ブログランキング |

沖縄戦慰霊の日

e0240147_217056.jpg



雨に濡れる紫陽花
紫陽花は雨が好きね♪

雨音を部屋の中から聞いているのはとても気分が落ち着くけれど
朝からカッパ着て全身びしょぬれになる生徒達のことを考えると
とにかく事故無く無理なく通学ね!と思います。

昨日は沖縄戦慰霊の日
みなさまそれぞれに思うことがあった一日だったのではないでしょうか?

なんとなく通り過ぎてしまうことだけど
実は沖縄は150年前までは
独立した王朝の国であって日本ではなかった。
それが
日本が始めた戦争で
一般市民を巻き込む悲惨な戦闘に・・・
日本全土で米軍の上陸があった唯一の場所です。

沖縄は、日本に併合されて、とんだ目に遭ってしまった・・・
そのことを本土の人々はつい忘れてしまいがち。

でもその沖縄は、
本来本当に日本とは無縁であったかと言えばそれどころではなく
日本人を日本たらしめている縄文のDNAは
琉球の系譜が一番近くアイヌよりも近い
また縄文の言語も
古琉球語のものが最も近いと言う説がある。

しかも
日本の天皇家は奈良の三輪山で王朝をはじめましたが
古事記を読めば分かることですがそれ以前は九州におりました。
九州の地元の豪族の姫を次々婚姻関係を結び
九州全土を平定したあと、大和の三輪山に東遷しますが
九州でめとった姫の中には海神の娘「わたつみの神の宮」の豊玉姫がいます。
これが神武天皇のお祖母さんになります。

この話は「海幸山幸」伝説となり
また「浦島太郎」説話となり全国で語り継がれていますが
この「わたつみの神の宮」は「竜宮城」とも言われ
「琉球」の語源ではないかとも言われています。
「わたつみ」とは「海」の古語。

しかも
悲惨な激戦地でもあった与那国島は
古代遺跡の痕跡が海中から発見される場所でもあり
沖縄と日本の歴史、それも日本の古い古い歴史は、密接な関わりがあります。

日本が日本であるために古くから関わっていた
尊く気高い琉球の人々は
その日本の犠牲となり
今も苦しんでいて
それを放置している日本の有りかたは
現在の日本という国の状況をよくあらわしていると思います。

本当に日本という国の歴史を尊び
神話から現在に至る日本の歴史文化を国民に残していきたいならば
なおのこと
沖縄のことはもっともっと真剣に向き合っていかないと・・・

そんな風に思います。

ではでは
今日も一日、美しい世界は一人ひとりの手のひらの中に!

by akikomoriya | 2016-06-24 21:07 | 平和な世界を求めて
<< それぞれの国褒めの歌 相馬高校の講堂 >>