人気ブログランキング |

みなさまのお作品♬

なんとなんと2月から「みなさまのお作品」更新しておりませんで
大変お待たせいたしました。

6がつ7月と新しいお作品がそろいまして
ご紹介させていただきますm(__)m
e0240147_16540905.jpg
まず最初に
いつも精力的に制作されていらっしゃるNさま♬
背景のシダは
本物のシダに胡粉を付けて型押ししたもの。
少し濃い目の胡粉でやりますと
凹凸ができてよい具合に絵の具がひっかかります♬

水色や黄緑がお好きなNさま
すがすがしい色味がお得意です。
見ていて癒される色調と
初夏らしい組み合わせです。ホタルブクロのほんわかした質感が
とてもよく出ております!
お見事です!

e0240147_16534123.jpg
さらに紫陽花♬
水玉がリアルです。
胡粉を使って水玉の透明感を出すことができます。
ちょっとしたコツがわかれば
水玉もそんなに難しいものではありません♬

雨を線で描写するのは実は日本人ならではの技法で
これを始めてみた西洋人はたいそう驚いたそうです。
e0240147_17190664.jpg
ちょいと画像を拝借いたしました。
広重の「庄内 白雨」でございます。
雨を線で描きますと
雨の降っている様子がよりリアルに伝わってきます。

Nさまの雨は広重のように激しく降る雨ではなく
あまり風のない
しとしとした長雨を思わせます。

優しく仕上がりました♬

e0240147_17011337.jpg
Sさま
以前描いていた作品をリニューアル!
ウサギさんを少し大きくして質感にも火打割りました。

日本画で細い線を描くときは
「面相筆」を使いますが
毛を描くときは特に「毛描き面相」という
先端がさらに細くなった筆を使います。
恐ろしく細い線が引けます(^O^)/

ウサギ全体に先に影になるグレートーン引いておいて
その上に毛描き面相で毛を一本一本描いていきます。

綿毛も優しく描けました。
そしてなんといっても瞳の美しいこと!
生きているようです・・・
Sさまは時々本当に生きているような
ドキッとするお作を描かれます。

お見事!

e0240147_17021442.jpg
Nさまの枇杷です
大変なチャレンジャーでいらっしゃるNさま
今回はちょと印象派風に背景を点描にしてみました。
日本の色彩の影響を受けて
パリの印象派の画家たちが虹色の絵を描き
その虹色の絵を
パリに留学した明治の画学生たちが習って帰国しまして
黒田清輝などまたまた美しい色彩の作品を作り出しました。

というわけで
印象派風の色調は日本人には相性がいいというか
好まれやすいのでありますね。

ピンクの中に
白やオレンジが混ざって
遠目に見ると
揺らいでいるような空気感が出ております。

影のグレーもお品よく決まりました♬
素晴らしいです!



e0240147_17010225.jpg
最後はGさま
実は80歳を超えたいじいちゃまであります。
しかしながら
お作品からは
落としを感じさせない力強さがみなぎっております!!!

シルクロードを旅された際の
想いでのお写真から再構成しまして一枚の絵になりました。

さらっとした乾燥した砂感は
13番の絵の具で達者にまとめてあります。
空の描写も素晴らしいですね~!!!
描きすぎず、不足なく、シルクロードの青さが表現できております。

さらにさらに
羊たちの描写・・・
は~とため息が出ます・・・


強いコントラストと日差しの強さをしっかり表現しつつも
影を青でまとめていることでこの絵を柔らかく見せています。

向こうからこちらへ
ず~っと続く羊の群れと
黙々と歩く羊飼いのお爺さん?
の雰囲気がしっかり出ています。

やはり実際行き、ご自分の目で見て感動した風景は
絵にしても素晴らしいですね~(^O^)/

いつもいろいろと勉強させていただいております。

ではでは暑い夏がやってまいります
みなさま、どうぞご無理なく制作していきましょう!
次回お教室楽しみにしております(^^♪


e0240147_17065192.jpg


by akikomoriya | 2017-07-19 17:44 | SBS学苑 日本画教室
<< 西洋の常識を砕いた大波 静岡新聞 朝刊『大自在』 >>