人気ブログランキング | 話題のタグを見る

幸ハウス

幸ハウス_e0240147_09131214.jpg

今日は「幸ハウス」という
癌になった方やそのご家族を支援する施設に行ってきました。
サポートする側の学びとして
「傾聴」のワークショップがあり
今日はあらためて「聞く」という行為について...
じっくり考えることができました。


例えばチョコレートケーキを乗せたお盆が
うっかりひっくり返るとする。
Aさんはひどく落胆し場合によっては相手を責めるかもしれない。
Bさんは寛容にとらえてまあまあとその場をなだめる。

表面だけ見るとBさんの方が好ましいように思える。

でも
その内面を見たとき
Aさんはケーキをすごく楽しみにしていて
Bさんはそれほどケーキが好きでなかったとする。

そうなると
大切なのは怒っているか寛容であるかの表面ではなく
その人の心が何を求めているか、だという。

つまり
「チョコケーキ、本当に大好きだったんだね」
「それで辛かったんだね」
を共有することで
Aさんは癒されてゆく。

「聞く」ということは
ただ解決策を見つけることではなく
非難したり
常識で片づけたり
相手を教育することでもなく
「あ~わかるわかる、私もそう」と自分の物語を語り始めたり
むやみに共感するものでもない。
目も合わせず他のことをしながら
話をさっさと切り上げさせたり
話題をちゃかしたりはもちろん論外。


大切なことは
その奥にある「満たされていない気持ちや感情」
に寄り添うこと。
それを「話し手」と「聞き手」が共有すること・・・
と、これらを実際ワークショップで体験するものだった。


ワークショップをしながら
最近私は落胆したり不快に思うことが増えたなと思った。
それは寛容でないからではなく
相手が大切な人であったり、大切なものであるからこそ
腹が立つんだと思った。
そして
その気持ちを共有されることなく
「小さなこと」として軽んじられるから
最近
何となく寂しく、漠然と落ち着かないんだなと思った。



「聞く」って本当に大切なこと。
人間にしかできない技だなと思う。
自我を捨てて心から相手と同化し
相手の話を聞く。
それって
まさに神の姿なのかもしれない。


by akikomoriya | 2018-02-16 09:16 | おしゃべり
<< 一生おなじ歌を 歌いつづけることは 日本の僧侶に憧れたゴッホ >>