ジャポニスムふたたび 38話

e0240147_00442855.jpg

月曜日朝刊です♬
ジャポニスムふたたび
美しさと尊大さ 富士山の大義    森谷明子

富士山が国連教育文化機構(ユネスコ)から世界遺産に登録されるという喜ばしいニュースに、日本中が湧き立ったのは平成25年のことであった。しかも「自然遺産」ではなく「文化遺産」として登録されたことに大きな意義があった。
富士山ほど美しい山は世界にはないと我々日本人は思う。その美しさとは、単なる景観的なものではなく、「神」として美しく尊いのである。過去のあまたの絵師たちは、「ご神体」としての富士山に畏敬の念を抱きつつ筆を執ってきた。
「富士山=神」。しかしながらそれは、日本人だから当然に思うのであって、諸外国の人々には、にわかには通じない感覚である。山海草木あらゆるものに神聖さを見出し畏敬の念をもって接する、そんな日本人特有の文化を世界に知ってもらうために、富士山は世界遺産に登録された。
ところで、そのユネスコの発足理念は「不戦への志」である。「戦争は人の心の中に生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」に続く輝かしいユネスコ憲章前文は、世界平和への具体的なアプローチを表明している。
それによれば、戦争の一要因としてお互いの文化風習に対するあまりの無知と不理解をあげている。そして個人レベルでの精神的文化的な繋がりは、政府間の取り組みや紙面上の平和協定よりもむしろ、堅牢な平和の砦となりうるのだとする。過去の数々の「不可侵条約」や「同盟」が、必ずしも戦争の回避に役立ってこなかったことを思えば、ユネスコ憲章は確かに的を射ている。
自分たちにとって当たり前のことが、他にとっては必ずしもそうではない。そのズレが憎しみの元凶となり、殺意にまで発展するという過ちを繰り返さないためにも、ユネスコ活動が今後さらに多くの人々に理解され、社会に広く浸透してゆくことを願っている。




[PR]
by akikomoriya | 2018-07-18 00:45 | 日本文化
<< ジャポニスムふたたび39話 みなさまのお作品 >>