人気ブログランキング |

ジャポニスムふたたび59話

ジャポニスムふたたび59話_e0240147_13433934.jpg

不安なニュースばかりが広がる中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
不安は不安を呼び、渦のようになって現実世界の現象を作っていきます。
こんな時だからこそ、自らの心も鎮めて、ゆっくり呼吸してみましょうね♪

4月20日 月曜日朝刊です♬ ジャポニスムふたたび

疫病を鎮める 自然への畏敬         森谷明子

 
 奈良県桜井市三輪山の「大神神社」(おおみわじんじゃ)では、4月18日に「花鎮の祭」(はなしずめのまつり)が行われた。花が散る季節に、花びらのように疫病が広がることを恐れ、祭りをするようになったともいわれ、701年の「大宝律令」で国家の行事として定められて以来、1300年にわたり、国民の無病息災を祈願している。
 「鎮め」の言葉からも分かるように、古い時代の日本では、病は「戦う」ものではなく、「鎮める」ものであった。疫神にそっと出ていってもらうようお願いしたり、陽気に歌って踊って疫神を誘い出し鎮めるというものもある。
 現在、全世界を震撼させているウィルスだが、本来こうしたウィルスとは、野生動物の体内で共存しているものだという。あるべき場所にいる間は、何事も問題はない。それが何かの拍子でひとたび人間の体内に入り込んでしまうと、感染症として猛威を振るう。
 そう考えればウィルスの存在そのものが悪なのではなく、あるべき場所に鎮まることが何より望ましい。やはり「ウィルスとの戦い」という表現よりも、「ウィルスに鎮まっていただく」という表現が近いように感じる。
感染症の原因は不明ながらも、これまで人が立ち入ることのなかった深い自然の懐に人間がむやみに立ち入り、野生動物を密漁することも、一要因として挙げられている。自然界の神秘に畏敬の念を持ち、人間の欲を制して慎ましく生きることが、この時代必要なのだと思う。
近年は、「祈り」や「瞑想」が、遺伝子に影響を与えることが知られるようになった。米国の医療現場ではこうした研究が日本よりも盛んであるという。奇しくも花の散る季節に、疫神が全世界で猛威を振るう。疫神に心有らば、どうか一刻も早く鎮まり、人々に安寧な日々をもたらしてほしいと心から祈りを捧げる日々である。



by akikomoriya | 2020-05-09 13:45 | ジャポニスムふたたび
<< ジャポニスムふたたび 60話「... みなさまのお作品♬ >>