人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ジャポニスムふたたび74話

ジャポニスムふたたび74話_e0240147_21482014.jpg

暑くなりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

7月のお盆は終わってしまいましたが8月の方向けに、お盆のお話です♪


「ジャポニスムふたた74話~先祖も自然も繋がる世界」


お盆が近付き、お墓の掃除やお仏壇のお供え物の準備に忙しくなる頃である。

子どもの頃は、牛や馬を作ったり、親戚が集まったりで楽しみなお盆であったが、年を取るにつれ、「ああ、またお墓の掃除に行かないと」と、ついせわしなく思う気持ちも否めない。

お盆は正月と並び、家族や親せきが集まる二大行事のうちのひとつである。そもそもどうしてこの暑い時期に先祖供養なのだろう。

もともとお盆は、仏教行事ではなく、日本古来の風習であった。115日の満月(小正月)と715日の満月のお祭りに、先祖供養を行っていたことに由来するという。同様にお彼岸も、春分と秋分の日に行われていたお祭りに由来している。

古来日本では、太陽の運行や月の満ち欠けとともに日々の生活を営んでいた。

巡る季節の節目節目に、先祖とともに祝い、祈り、交流を深める。そうした古くからの世界観が仏教思想と相まり、お盆やお彼岸として現代にまで受け継がれている。

「繋がっている」という感覚は、生きていくうえでの強みとなる。

「人と人」とはもとより、「人と自然」「人と霊」との繋がりを、春夏秋冬の区切りのよいめでたき日に明らかにする。それは強く生きていくための大切な生活習慣である。折々にその繋がりを深めておくことで、思いがけない災難や日々の苦悩を超えていく力を養うことができる。

お盆には虫を殺してはいけないと、昔の人はよく言った。コオロギやバッタになって先祖が帰ってくるからだ。

虫も人も、日も月も、そして先祖も、すべてがまあるく繋がる世界。日本はやはり丸い国、輪の国、和の国である。

今年はそういう大らかな気持ちで、有り難く、お墓の掃除をさせて頂こうと思う。

 


by akikomoriya | 2021-07-19 21:50 | ジャポニスムふたたび
<< 南アルプスを未来につなぐ会 ジャポニスムふたたび73話 >>