人気ブログランキング |

カテゴリ:平和な世界を求めて( 53 )

韓国 国境ハンドインハンド

e0240147_05353877.jpg

令和が明けまして皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は連休前半に
韓国の38度線付近にある町「鐵原」に行ってきました。

4月27日は...
南北統一を願う韓国側の人々が
国境付近の非武装地帯500キロに沿って手を繋ぐイベント
「国境ハンドインハンド」が行われました。
これは
昨年年4月27日の板門店での南北首脳会談
(南北が分断されて以来初)の成功を受けて企画されたものです。
予定では150万人が参加されるということでしたが
私が参加した鐵原でもたくさんの人々が手を繋ぎに集まっていました。

日本、アメリカ、イスラエル、パレスチナ、イギリス、
インド、カンボジアなど世界14ヵ国の平和活動家をはじめとし
外国人も多数参加していました。

国境付近に立てるだけではなく
現地で行われている勇気ある人々に出会えたことは
私にとって本当に有難い機会でした。
誘ってくださった方、同行してくださった皆さんに
心から感謝申し上げます!

かつて銃弾が飛び交い
現在もまだ回収されない遺体と
200万個の地雷が放置されているという38度線ですが
目を背けることなく
ひたむきに祈り続ける人々や
勇気ある行動を起こす人々の存在を知り
言葉にならない感銘を受けました。

さらに
27日のイベントが成功した瞬間
なんと見上げる空に
太陽を虹が取り囲む「日輪」の現象が!
とても不思議な体験でした。

今回の一連のイベントは
「国境平和学校」校長であるジョン・ジソク牧師という
たった一人の人間の呼びかけに
多くの人や機関が動きました。
YMCAアジア太平洋同盟、江原国立大学、ソウル国立大学など
国内外の多くの賛同を得ています。
第二回、第三回と回を重ねるごとに
さらに多くの人々の知るところとなり
韓半島を動かす揺るぎない潮流となることを心から願い鐵原を後にしました。

★上の写真は「国境平和学校HP」から拝借いたしました



e0240147_05354721.jpg


by akikomoriya | 2019-05-06 05:37 | 平和な世界を求めて

千葉県市川市 ユネスコ市民公開講座

来月3月2日(土)千葉県市川市ユネスコ市民講座です。
市川駅から徒歩一分
ぜひお立ち寄りください♬
絵本、言霊、日本文化からできる平和への取り組みなどをお話します♪

e0240147_10424207.jpg

e0240147_10424207.jpg
e0240147_10424207.jpg

by akikomoriya | 2019-02-11 10:44 | 平和な世界を求めて

FM-HIに出ます♬

e0240147_22121278.jpg

すっかりお知らせが遅くなりましたが
明日の金曜日 
午後2時35分~55分まで
FM-Hi 「ひるらじ!静岡情報館」で
「国褒めの歌」の紹介をしてくださるとのことで...
私も出演します。
お昼過ぎのひと時
ぜひ、ラジオ付けてみてくださいませ♬

ではでは
明日もまた
夢と希望の広がる
素敵な一日でありますように!

e0240147_22115802.jpg



by akikomoriya | 2018-06-14 22:12 | 平和な世界を求めて

平和のキルト

e0240147_22072132.jpg


日曜日は「平和の種をまく」で
素敵なキルトがたくさんできました。
参加してくださった皆さんに
心から感謝申し上げます!


また主催の福祉研究会「マハロ」さんは
スタッフが20代~30代の女の子たちなのですが
紛争地域も含め
全世界飛び回っている
本当に活動的な方たち!


そして一日一緒に過ごさせていただき
鈴が転がるような笑い声がいっぱい!
気の合う仲間たちと
こんなふうに笑顔いっぱいで活動をするって
素敵だな~と思ってしまいました。
羨ましいこと・・・


マハロさんは
「国褒めの歌」を
クラウドファンディングで見つけて下さって
ご支援くださり
イスラエルの現地にまでも届けてくださいまして
それがまた
今回のイベントにつながっています。

日曜日に参加者の皆さんが制作された

「平和のキルト」は
またマハロさんの手によって
年内にはイスラエル・パレスチナで
話し合いによる平和的解決とを求めて活動する
現地の女性たちのもとへと届けられ
使っていただくことになっています。

たくさんの尊いご縁に
あらためて感謝申し上げます!


by akikomoriya | 2018-06-14 22:08 | 平和な世界を求めて

ユネスコ講座「ジャポニスムふたたび」

e0240147_20115616.jpg

度々の告知ですみません♬
静岡ユネスコ70周年市民講座のお知らせです。
4月28日(土)2時~4時まで 
青葉通り沿いの「常磐町アイワビル4階」にて

...

静岡新聞に連載中の『ジャポニスムふたたび』から
「日本文化の可能性と和の志」
についてのお話をいたします♪

・戦いの歴史を持たない縄文の知恵
・聖徳太子の平和宣言
・一人一人にできること「言霊の活用」
の三本立てでおおくりいたします!

今回は特にユネスコ70周年のお祝いもかねて
「ユネスコって何?」からお話いたします。


ほとんどの人は
ユネスコって
「世界遺産登録する人たち」と思っているのではないでしょうか?
もちろんその役割もありますが
そもそものユネスコ設立の目的は
「いかにして戦争を回避し平和な世界を実現するか!」
への挑戦であります。


政府の政治的取り決めのみに依存するのでは心もとないので
ひとりひとりが
「文化、科学、教育」といった
知的かつ精神的な面で連携を持つことで
平和を実現しようよ!
と明記しているのがユネスコ憲章前文であります。


「人の心の中に平和の砦をつくる」
その輝かしいユネスコ憲章に直接的に貢献できるはずの
日本の「和」の文化について
こぴっとお話いたします!
乞うご期待でございます!
4月28日どうぞお越しくださいませ!

e0240147_20120943.jpg
e0240147_20121302.jpg


by akikomoriya | 2018-04-18 20:16 | 平和な世界を求めて

ふたつの「ありがとう」

e0240147_20544639.jpg

随分前のこと
耳が聞こえなくなって
まっすぐ歩くこともままならなくなった


手遅れといわれ
おまけに...
ステロイド剤で顔がイチゴのように腫れ
さらに頬にカビが生え・・・



ある時お友達が
聞こえなくなった耳に手を当てて
「ありがとう」っていうんだよ
それで
耳に心地よい歌を歌ってあげるんだよ
と、教えてくれて
毎日のようにそれをやってみた



治った例がないという病気だったんだけど
それからしばらくして
ふと気づいたらだいぶんよくなっていて
聴力もほぼ戻り
顔も元に戻った



ユダヤ教には
ふたつの「ありがとう」があるという
ひとつは佳いことがあった時に言う「ありがとう」
ふたつめは困難の時に言う「ありがとう」

ふたつめの「ありがとう」が言える人には
奇跡が起こるという



しんどい時
痛むとき
辛いことがあったっとき
「ありがとう」を呟くと
確かにとても楽になるのです♬



有ることが難い
有ること自体が稀なことである、という意味の
「有難う」
まさに・・・奇跡を呼ぶ言葉、なのです♪


by akikomoriya | 2018-04-16 20:59 | 平和な世界を求めて

窪田由佳子さんの御本

e0240147_21122804.jpg

『困難に突き当たった時、
その不安や恐れ、怒りを
自分の中で「腐敗」させ、
汚泥に埋もれる自分に固執するのではなく
心地よい香りを放つ「発酵」に変える力を...
持ちたいと思う。』

・・・先日、この言葉に出会って
号泣号泣・・・
自分の中の何かにぴったりとはまり込んで
癒されたというよりは
何だろう
前を向く力をもらった。


ピアニストの小澤実々子さんのお母さまである
窪田由佳子さんのエッセイ集
「羊の時間」と「シベリア幻想曲」。

常葉大学でピアノのご指導をされ
お嬢様も立派にリアにストに育てられ・・・
と、そこまでしか存じ上げなかったのですが
先日、窪田さんから直接ご著書を頂き
もう
引き込まれるように読ませていただきました。


シベリア抑留からご帰還されたお父様のこと
音楽のこと
留学先での出来事
お生徒さんのこと
生きるということ
今を生きるということ
様々な出会いを
ひとつづつ丁寧に丁寧にされてきたからこその
このエッセイ集


ご興味ある方
ぜひ、ぜひ、ぜひにお読みくださいませ!
小鹿の「SENSENCI」で入手できるのかな?
ぜひぜひ、読んでください!


困難を恐れ
腐敗する自分を疎むのではなく
腐敗を
芳香はなつ発酵に変える力を持つこと
その覚悟さえ決まれば
どんな困難も恐れることはないし
潔く感謝して受け入れることができる。


by akikomoriya | 2018-03-30 21:15 | 平和な世界を求めて

水平線の彼方から

e0240147_18241142.jpg

飛行機に乗るときに見える
緩やかな地球の弧の色
光る大気の膜の色が好きです。

海と空が接するあたり...

地球を包む薄皮。

無限なる包容力
無限なる愛の形・・・

子どもの頃
手塚治虫の「海野トリトン」に夢中になって
そのアニメの主題歌のように
水平線の彼方に
いまだかつて誰も見たことのない
何かわくわくする未来が
待っているような気がして

誰一人としてたどり着いたことのなかった
そのパラダイスに
自分は手を伸ばし
垣間見ることができるような
そんな気がして

あれからどれほど時が流れたのだろう。
水平線の彼方で待っている未来は
色あせることなく
それどころか
益々もって鮮やかに
力強く
かつて子どもで
今も子どものつもりでいる私に
呼びかけてくれています。

ではでは明日も一日
美しい地球は一人一人の掌の中に!


by akikomoriya | 2018-01-24 18:25 | 平和な世界を求めて

イスラエル、パレスチナの平和

e0240147_20374137.jpg

今月6日のトランプ大統領の爆弾発言
「エルサレムをイスラエルの首都に」の影響が広がっています。
人類の混乱の元凶ともいえるエルサレム。

聖地でありながら
このエルサレムを巡って...
どれほど多くの血が流されたことでしょう・・・

先週もまた
非武装の一般人、しかもすでにイスラエルからの爆撃で
両足を失い身障者として働いていた男性が
エルサレムでパレスチナの旗を振っていたというだけで殺害される。

キリストの教えで最も実行が難しいと言われるのが
「汝の敵を愛せ」。
「許せ」、ならまだしも「愛せ」とは・・・

ところで私が代表となって立ち上げた絵本屋さん「牧羊舎」では
イスラエルとパレスチナの女性たちによる
「WWP」というグループを応援しています。

子どもや夫、家族を殺された女性たちが
その悲しみと怒りをこえて
全体のために双方の平和的解決を呼びかけています。

来年6月10日には、この「WWP」が世界に呼びかける
「平和のキルト」のワークショップを
静岡市内で行う企画があり牧羊舎も協賛することになりました。
岡崎で福祉活動を行っている「MAHARO」さんの企画です。


汝の敵を愛するということは
途方もないことかもしれない。
しかし
「WWP」の勇気ある女性たちの存在は
その途方もない愛と許しの教えとは
神や仏や覚者らのものではなく
はたまた気の遠くなるような修行の果てにたどり着く境地ではなく
迷い、苦しみ、悩み、日々揺らぐ普通の人間でも
実行可能なものであると
世界にそう教えてくれています。


イスラエルが平和でありますように!
パレスチナが平和でありますように!
全世界のすべての人々が平和でありますように!


by akikomoriya | 2017-12-19 21:25 | 平和な世界を求めて

マリア様の想いで

e0240147_18135214.jpg

日一日と冬に近づく空気感を楽しんでおります。

クリスマスも近づき
今年は久しぶりに教会のミサに行ってみようかなと思っています。


初めて見たものを母と思うアヒルの子の刷り込みのように
カトリックの世界で育った私は
生きるベースがやはりカトリックなのだと
最近しみじみ思います。

日本画をやるようになって
日本文化を研究し
神社フェチになって
記紀万葉を読みあさり

・・・しかしながら
ひと皮むけばやっぱり自分は
「マリアさまの子」であることは
自分自身が一番よく知っています。

キリスト教はとにかく他への関心が強くおせっかいであります。
他の為に祈り
他の為に労を惜しまず
上着を求められれば
おせっかいにも
下着もあげなさいという
なんとも厳しい愛の教え。

さらには
自分を陥れ殺そうとする敵のために祈れという
まったくもって
人を憎む隙も与えない
なんともかとも厳しい許しの教え。

小学生の頃、教会で学んだことを母に言ったら
「普通はそんなことできないわね~ママには無理!」と一笑された。

あれから本当にいろんなことがって
憎みたい事、恨みたい事、呪ってやりたい事、復讐してやりたいこと
忘れがたい心の傷を嫌というほど負って
それでもまぁなんとかこうして生きていられるのは
子どものころ刷り込まれた
絶対的な愛と許しの教えのお陰かもしれないと
最近ふと思います。

e0240147_18140076.jpg

十字架に貼り付けにされてもその人たちの為に祈り続け
さらには死に至ったのち
3日後に蘇り昇天するという
激しく、ドラマチックな展開を根拠に
キリストの教えは
2千年たった今も全世界の人々の心をとらえ続けているのだと
そう思います。


by akikomoriya | 2017-12-15 18:17 | 平和な世界を求めて