<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

子供の絵 ②

先日娘の絵を紹介しましたので、今日は息子の絵をご紹介します。

生まれた瞬間からやる気満々ではじけるように飛び出てきた長女とは違い、まるで老人の静かな隠居生活のような暮らしを好む息子…口癖は「のんびりしたい、ゆっくりしたい」です。ただ、生まれたときからそこにいるだけでなんとも有り難い、お地蔵様のような不思議な子です。小学校のころから「クラスのオアシス」とよく言われて、この子がいるとなんとなく和やかで穏やかな雰囲気が漂います。

小学校に入学するとき、夫が「世間はナンバーワンよりオンリーワンといっているが、お父さんはやっぱり一番が好きだ。勉強でも運動でも一番になれるように頑張れ!」とハッパを掛けたのですが、それを聞いて息子はとても困った顔をしていました。

しばらく考え込んでいる様子が見られ、三日くらいしてとてもあらたまった様子で夫にこういったのです。

「僕ね、あのね、小学校に行って中学校に行って、高校に行って、大学に行って、大学院にも行って博士課程も行くかもしれないから、今から頑張ると疲れちゃうので、小学校に行っても僕は頑張りません。ごめんなさいお父さん。」

申し訳なさそうに、控えめに、でもきっぱりと自分の気持ちを伝える様子に、本当にびっくりし…そしてその言葉通りに本当に頑張らない6年間を過ごしました。

それで何をしていたかというと…
数千枚に及ぶ膨大な量の絵を描きつづけていました。それも戦国絵巻の群像のようなモノを…来る日も来る日も…

小学校4年生くらいの時の絵です。
e0240147_10454323.jpg

荒涼とした戦場…
e0240147_10461354.jpg

激しい戦闘…
e0240147_10521146.jpg

これは壇ノ浦でしょうか…
e0240147_10463785.jpg

平家の夢の後…

e0240147_1046572.jpg

みずらの兵士たち…これは壬申の乱かな…

絵を描くことによって、癒しきれない自分の過去世を描きだすことはよくあることです。描いて描いて描き尽くすことで、魂は癒され、過去から解放されてゆきます。

あまりに臨場感みなぎる戦国絵巻…毎回描き終わった後は、行き倒れの若武者のようにぐったりしていました。

親の認識を遙かに超える個性的な子ですが…この子なりの人生を今一生懸命生きているのだと、いつもそう思います。

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-31 10:54 | おしゃべり

赤ちゃんの絵

今日5月29日の静岡新聞朝刊の文芸欄にカットが載りました。

先月24日に載った分と一緒にご紹介します♪

e0240147_0145422.jpg


タイトルは「紫陽花の冠」

e0240147_015889.jpg


こちらは「菖蒲と赤子」です。

赤ちゃんの絵を描くのがやたら好きです。

同じパターンの赤ちゃんをいくつもいくつも描いていますが何故か飽きないのです。

毎日毎日赤ちゃんを眺めていても決して飽きないように…

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-30 00:17 | 日本画

子供の絵

昨日のブログで娘の1年生の時の作品を紹介しましたが、今日は3年生の時に描いた「日本平から見た富士山」を紹介します♪

この作品が私のお気に入りで、実は本人とお母さん(私)が鳥を見ている様子が描かれています。
e0240147_19455350.jpg
e0240147_19461881.jpg


背中といい立ち姿といい、なんだか娘と私のそれぞれの特徴が現れていて、見ていて笑いが込み上げるほどです。

娘は幼稚園の時にこんな詩を書いてくれました。


いつかまた あかちゃんにもどて 
そのとき とりになてたらいいね
なりたいです
そして そらうぐんぐんとびたいです
そのときわ
もうせかいがへえわになってますように
そして とりになったとき
またおかあさんのこでありますように
かみたま おねがいします


一応訳を付けます

いつかまた 赤ちゃんに戻って
そのとき 鳥になってたらいいね
なりたいです
そして 空をぐんぐん飛びたいです
その時は
もう世界が平和になってますように
そして鳥になったとき
またお母さんの子でありますように
神様 お願いします


この詩が本当に有り難くて 今でも大切にしています。
3年生の時描いた日本平から見た富士山の絵では、娘と私は2匹の鳥を見ていて、この子は本当に鳥になりたいんだなと思いました。

ところで古事記には空を飛ぶ船というのが出てきて、空から大和の国を見下ろしたという箇所があります。「天の磐船」とか「天の鳥船」といいます。たぶんUFOのことじゃないかと私は思うのですが、いつか地球が進化して、地球産のUFOが飛ぶようになったら、その「天の鳥船」に娘と一緒に乗るのが私の夢です♪


娘は今中学2年生、陸上部です。幅跳びをやってますが、飛び上がる瞬間、鳥みたいで気持ちがいいそうです。

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-27 20:11 | おしゃべり

静岡ユネスコ

今日は一日爽やかな風の吹く土曜日でした。

午後からお客様が見えました。お客様というのは静岡ユネスコ常任理事の秋田さんです。
今年の7月20日金曜日にアイセルでユネスコの講演会があるのですが、「ジャポニスム、ふたたび。」と題して私がお話しさせていただくことになっております。今日はその打ち合わせでした。


今までも何かにつけて大変大変お世話になっているのですが、今日はビックサプライズのお土産がありました♪
なんと…つれづれなるままに綴っております私のブログ全ページを製本してくださったのです!
本当にびっくり!そしてお手製で製本してくださった手間ひまのひとつひとつを思うと…涙の出る思いでした。本当にありがとうございます。

e0240147_0222269.jpg


表紙は京都の和紙で、見返しも淡いピンクの和紙、目次や背景もプロ並みのセンスの良さと仕上がりで、心から有り難く思いました。
7月のユネスコ講演にあたって、今までのブログもちょっと見返しておきたいなと思っていたので本当によいタイミングでした。心よりお礼申し上げます!

ところで我が家の長女は、小学校一年生の時に夏休みの宿題として「ユネスコ絵画展」に出品したのですが、
有り難いことに「静岡新聞社賞」をいただきました。親ばかですが娘の作品はなかなか素敵で♪明るく陽気な、そして人を大切にする娘の人柄がよく出ていると思いました。

我が家のギャラリー(階段の壁)は、娘と息子の絵や習字の作品がずら~り展示してあるのですが、階段を上り下りするたびに、入学して最初の夏休みに描いた作品が大きな賞を頂き、家族全員心躍るような気持ちで表彰式に出向いた記憶がよみがえります…

秋田さんとはその会場でお世話になったのが始まりでした。
e0240147_0345674.jpg



また、私も娘も奈良好き、万葉好きなのですが、秋田さんの故郷は奈良の東大寺のすぐそば!今までも色々と参考になる資料など度々提供してくださったり、すっかり身内のように親しくさせて頂いております。つくづく人と人とのご縁は不思議です。そして有り難い…。

これまでのご恩返しにも、今回のユネスコ講演は実のあるものにしたいと思っています。
日本と西欧諸国の価値観の違い、文化の違い、日本が世界に与えた影響の大きさ、そしてこの先も世界に伝えてゆきたい日本の心などをテーマにお話しさせていただきます。

7月20日午後2時より、ご都合のつく方ぜひご参加下さい♪♪♪

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-27 00:50 | おしゃべり

県立美術館 アートセラピー

日曜日に静岡県立美術館でアートセラピーの講座があり参加してきました。


1時間半という短い時間の中で、描くことを通して自分を見つめたり、癒されたり、人と分かち合ったりという貴重な体験をすることができました。

はじめに今の自分にぴったりの色をクレヨンの中から探し、縦線や横線曲線を描きながら自分の中の変化を見つめてゆき…そのあとクレヨンや水彩を使って好きな色で大きな紙にエネルギーをぶつけます。

さらにその一部を切り取って小さな画面を仕上げてゆきます。

e0240147_1647474.jpg
e0240147_1647636.jpg
e0240147_16475864.jpg

e0240147_16542170.jpg

e0240147_16484811.jpg
e0240147_1648572.jpg
e0240147_1649532.jpg


みなさんそれぞれのお作品…

描くほど、内面が癒され、自分が楽になる。

日本画制作に入るウォーミングアップとしてこういうことをしてもいいなと思いました。今の自分は何色かな、とか、今日の自分はどんな形が心地いいのか、とか心を整える時間も必要です。

クレヨンは童心に返らせる作用が、また大きな紙は解放を、切って貼るは自己内のバランスを整える作用があるそうです。

制作に入ったときは、朝からテンションが低かったこともあり、グレーのクレヨンでしょぼしょぼ描いていましたが、だんだん明るい色を使えるようになり、最後はピンクやオレンジで華やかに制作を終えることが出来、ほんの短い時間で癒された自分を発見しました。

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-22 17:01 | おしゃべり

山紫陽花



e0240147_17281585.jpg

SBSのお生徒さんで駿河山草会の方がいらっしゃるのですが、ご自身で挿し芽をして増やされた紫陽花をたくさん持ってきて下さいました。

私が頂いたのは、「クレナイ」という名前の山紫陽花と「コアジサイ」です。
e0240147_179637.jpg



いつもいつも申し訳ないと思いつつ…有り難く頂きました♪♪♪

あるとき、山の中で紫色のモヤがあり、何だろうと思ってみると、コアジサイでした。
紫陽花の花の花びらに見える部分は実は大きな「がく」なのですが、この部分がなく、真ん中のふわふわだけが咲いているのです。とても不思議な花…。写真のコアジサイは見頃を過ぎてしまったモノですが、本当はもっとふわふわしているのです。

子供の頃から「がくあじさい」が好きだったのですが、「山紫陽花」というモノがあると知り、すっかりファンになりました。この季節、山の中で紫陽花の仲間がたくさん咲いています。雨に濡れると尚一層風情があります…。しみじみよいですねェ~♪♪♪


山紫陽花は何度も生育に失敗しているので、今度こそ!と思っています。来年も咲きますように…♪♪♪

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-18 17:28 | おしゃべり

いぬのふぐりの青

e0240147_104734.jpg

子供の頃から大好きだった青い小花…
日曜日に教会に行ってその帰り道、姉と一緒にそっとそっと摘んで歩くのですが…家に着く頃には花がみ~んな落ちてしまうのです。

ほんとうにあっけなく…ぽろりと。

人に摘み取られるのが嫌なんだな~と幼いながらに思いました。

この花の青さが好き★

この色って空の青さに似ていると思う…

日本画で言うと淡口群青の15番くらいです。

ロイヤルコペンハーゲンの青いお花のカップもこんな色ですよね~♪

本当に素敵な青…

夜と朝の狭間の一瞬の黎明の空もこんな青だと思います。
学生時代に徹夜で制作して、友人と芸術棟の屋上から夜明け前の青い青い透き通るような青い空を、ただ見つめていたことがありました。

だいぶあとになってこの花が外来種の「オオイヌノフグリ」であると知りました。かわいい花なのに、種の形が犬のオチンチンに似ているということで、「犬のふぐり」なのです…かなりビミョ~なネーミング…

日本の在来種のイヌノフグリはオオイヌノフグリに追いやられ、今や絶滅危惧…実際ほとんど見かけませんねェ~悲しいことです…
e0240147_105812.jpg

あとよく似ているのが「タチイヌノフグリ」

オオイヌノフグリも小さな花ですが、さらにその1/5くらいの大きさしかないのです。
ほとんど「点」に見える…
しかししゃがんでよ~く見ると…すご~くかわいい!

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-15 01:16 | おしゃべり

しあわせの四つ葉

e0240147_13305812.jpg

マリアちゃんのお散歩中に四つ葉のクローバーを見つける♪
実は子供の頃から得意なんです。四つ葉を見つけるの…
コツがあって、なるべく人や車の往来が多く、踏まれているところを探します。

そしてひとつ見つけたら、すぐに摘み取らないで、地下茎というか同じ茎をたどっていくと…
必ずもうひとつかふたつ見つかるのです♪

この日だけでもわずかな時間に四つ葉を5~6本も見つけました♪
e0240147_1331273.jpg

あらら…五つ葉もありました♪ 

e0240147_13315637.jpg

明治の開国以来、日本中に外来種の植物が増え…タンポポもそうですが、イヌノフグリに関しては、普通に見られるものはほぼ外来種で、日本古来のイヌノフグリは絶滅寸前です…

基本的に外来種が日本の山野にはびこることに不快を感じる私ですが、なぜかクローバーは許せてしまいます。家畜の飼料に混じって日本に持ち込まれてしまったというクローバーですが、山野のどこにでもずうずうしくはびこる、というわけではなく、公園などの下草として自分の居場所をちゃんとわきまえている感じがします。
踏まれても踏まれても平気のへいちゃら!可愛らしい白い花と、まぁるい葉っぱが特徴です!

普通の三つ葉のクローバーは、キリスト教で言う「神と子と精霊」の「三位一体」のシンボル!
四つ葉は幸福を、五つ葉は経済的繁栄をもたらすと言われます。

このブログを見ている皆さまにも、ますますの幸福と繁栄がありますように!

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-12 13:43 | おしゃべり

野鳥の家

e0240147_8194365.jpg

日本平山頂で雹が降った日、「野鳥の家」で雨宿りをしました。
かやぶき屋根の古民家を入ると、北側のお庭に面して席があり、鳥が来るのを見れるのです。

e0240147_8202585.jpg

冬の間はメジロが来るのですが、今日はヒヨがお出迎えしてくれました。

e0240147_8211230.jpg

それからスズメ…

e0240147_822050.jpg

山鳩のくぐもった声が大好き…

昔住んでいた家に似ていて、ここに来るとホッとするのです。
お抹茶セットが500円。お食事は「お狩り場焼き」というコースがあるのですが、お昼などには「おしのぎセット」というお手軽でしかもおいしい鍋焼きうどんのセットがあります。

野鳥を見ながら
息子と二人で幸せなひとときでした★

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-11 08:23 | おしゃべり

豆科の子どもたち

マリアちゃんのお散歩に行くと毎日発見があります。

いつもカメラを持っているわけではないのでブログでご紹介できないことも多く残念ですが
今日は豆科のお花を撮ってみました。

e0240147_16553327.jpg


e0240147_16554879.jpg


クローバーにエンドウ豆、藤、れんげ、カラスノエンドウ、スズメのエンドウ…五月は豆科の子どもたちがいっぱいです。

花の基本形はみんな同じなので、一度しっかり観察して描けるようになると、あとは応用するだけ。
ぎゅうぎゅう詰めるとクローバーに、丸く並べて赤紫にするとれんげ。長く垂らして藤に…って感じです。

豆科の花は形が独特で可憐、そして葉はまぁるくて可愛い!

秋に咲く萩も同じ豆科です。

この時期に花の形をしっかりと描いておくと役に立ちます♪

[PR]
by akikomoriya | 2012-05-09 17:01 | おしゃべり