<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一歩ずつ♪

80歳でエベレスト登頂を果たした三浦さんが
おとつい無事に帰国されました。
おめでとうございます、と言う言葉はあまりにも軽く思われるほど
人間業とは思えない人類的偉業であったおと心から敬服の念が沸き上がりました。

インタビューでは「酸素が濃いな」とおっしゃったそうで
8000Mの世界って…どんなところなんでしょう…と想像してみましたが
想像すらできません…

登山家は何故山に登るのかその心境を
「何故って、そこに山があるから登るんだ」
とよくそういいますが
死と背中合わせのギリギリの状況の中で
人は何を見、何を感じるのでしょうか…

なかなか下界の暮らしばかりをつづけておりますと
死も生も真剣さも有り難さもない
どんより麻痺した日常が繰り返されてしまうものです。

ところで
絵を描く、という行為に対し
身の引き締まるようなお言葉を頂いたことがありました。


10年くらい前の銀座の個展の際
画廊を訪れたお客様にこんなことを言われたんです。
「世界で名画って言われる作品をなるべく多く見るといいよ
そういう名画はね
その絵の前に立つと
肉体なんかバラバラになってしまうほどのパワーとエネルギーが
未来永劫放出されていて
永遠に地上を浄め続けているんだよ」と。


別に霊能者とかそう言うわけでもなくて
普通に働いている方でした。
まっすぐに、そんなことを語ってくれました。


世間で絵描きなんて聞けば
飲んだくれて、貧乏も構わず
好きなことだけして
自分の価値観の中だけにひきこもって満足している変態と思われがちですが
こうした偏見を覆すのは実際大変なことです。

大学に入って油彩画の最初の授業のとき
まず最初に言われたのが
「世間の人たちが汗水垂らして働いているとき
自分は何故絵を描いているのか
その意味を常に問い続けながら
描いてゆかなくてはいけない」でした。
真面目な先生でした。
すでに世間から充分な評価を受けている方が
そんなことを仰るなんてと意外に思いました。

画廊で「名画について」のお話を伺ったとき
大学時代の先生からの問いかけに
答えを見いだしたような気がしました。

未来永劫地上を浄め続ける
そんな絵を一生かけても描くことができるのでしょうか。
今そんなことはできないと言ってしまえば可能性はゼロ。
できてもできなくても
結果は気にせず
その方向に向けて一歩ずつ一歩ずつ
自分なりに進んでゆきたいと思ったのでした。

e0240147_9335121.jpg

マリアちゃんも応援してね♪

[PR]
by akikomoriya | 2013-05-30 08:45 | おしゃべり

八千矛神社

e0240147_1641589.jpg

浅間神社には幾つかの神社が合祀されていますが
八千矛神社という勝負事の神様がおりまして
その鳥居の横の楠のパワーが凄いと聞きまして
早速行ってまいりました。

e0240147_1645773.jpg

根っこに足を乗せ、指先で樹木のパワーを感じるのだと言われましたが
鈍感な私はなかなかピンと来ない…

何度もやっていると分かるよと言われ
今日は三度目です…

何となくですが
手先がビリビリして参りました…

e0240147_1643737.jpg


その方に言わせると
私はかなりパワーが強いのだそうです。
かなりビリビリすると言われました。
そういえば以前も私の作品から凄いエネルギーが出てると言われたことがありました。

しかしながら自分では全く自覚できない…
でもそう言われて何だかちょっと嬉しく思いました。

明日から頑張って絵を描くぞ~♪

ところで
少し先のことですが
浅間神社に富士山と山桜の四曲一双屏風を奉納することになりました。
朝日照り映ゆ富士と桜にしようと思います…
しみじみ有り難いことでございます…

[PR]
by akikomoriya | 2013-05-29 16:14 | おしゃべり

山あじさい 

e0240147_23195174.jpg

SBSのお生徒さんから頂いた山あじさいが色づいて参りました。
名前は「マイコ」。
多分「舞妓」なんだと思います。

何色になるか分からないですよ~と言われたのですが
白→赤紫→青紫
で現在青紫でございます♪

食卓に飾りましたら
ほ~んとに癒されました…
植物の力って…凄い…

紫陽花と雨って本当に似合う。

美しすぎて
描こうとも思えない

ただじっと見入っているだけの私でございます…

花を見ても
風景を見ても
なかなか絵にしようとは思えない
ただ美しさに圧倒されてしまう。

あ~これじゃ絵描きとは言えないなぁ~…

[PR]
by akikomoriya | 2013-05-26 23:32 | おしゃべり

マツバウンラン

e0240147_2193511.jpg


前回ブログに載せた、ラベンダーのような色の帰化植物について
早速名前を調べて下さる方がいらして
今日早くもお知らせ下さいました。

名前は
「マツバウンラン」北米産の帰化植物です。
葉を揉むと止血になるそうです。

なんと現地調査もして下さり確認してくださったとのこと。
英和大学付近の群生地まで来てくださったらしいのです。
有り難いことです…
心よりお礼申し上げます。


ところで
このマツバウンランは「ゴマノハクサ科」なのですが
わたしの大好きな「オオイヌノフグリ」と同種です。
いつかご紹介しようと思っていたのですが
イヌノフグリの仲間で同じ「ゴマノハクサ科」に
タチイヌノフグリというのがあり
これはなんと…ただでさえ小さいオオイヌノフグリの花のさらに
10分の1くらいの大きさの
小さなはかないお花なのです。
オオイヌノフグリは摘み取った瞬間に
その衝撃に堪えかねると言ったふうに「はらり」と花が落ちてしまうほど
儚いお花でございます。
そのさらに10分の1の儚さでございます…


昼前後、オオイヌノフグリと同じ青い花が
いえいえ「花」というより「青い点」のような小花が
春先の道端に揺れているのを見かけます。
画像は上がタチイヌノフグリ
下がオオイヌノフグリ
e0240147_2124448.jpg

e0240147_21241110.jpg


ゴマノハクサの仲間は可愛らしいはかなげなお花が多いのですね。

マツバウンランものっぽな体を風に揺らしながら群生する姿
なんとも可憐です…

来年また会えますように…
e0240147_21201496.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2013-05-18 21:08 | おしゃべり

初夏の香り♪

e0240147_2346844.jpg


熱くなったり涼しくなったりの五月でございます♪
皆さまいかがお過ごしでしょうか~♪
最近近所に紫色の花の群生が見られまして
まるでラベンダーのようです♪
帰化植物ですが名前忘れました。あしからず。
e0240147_23464179.jpg

この季節は、朝起きると植物が生長した匂いがします。
竹の子が伸びた匂いと言いますか…
栗の花の匂いのようにも感じますし…
自分はこれを初夏の香りであると勝手に思っております。

この時期緑の色も日に日に濃くなってまいります。
新緑の中で最も色の変化が激しいのは柿の葉のように思います。
淡い黄緑から濃い緑へ、毎日のように色が変わります。
秋の終わり頃は真っ黒になります。

植物がぐんぐん伸び
日々変化を続けている
その勢いに
自分も乗って成長してみたくなる五月です。

五月五日は立夏でしたが
確かに夏の気配を感じる日々でございます♪

[PR]
by akikomoriya | 2013-05-14 23:55 | おしゃべり

琉球月見草

五月だというのになんとなく風が冷たくて
見栄を張って薄着すると風邪っぽくなるし
かといって今更毛糸の服もね~
冷え性のおばさん
着る服に悩むでございます…


大好きな琉球月見草が
あちこちで咲き始めました。
ではでは虫様とご一緒に~
e0240147_20321616.jpg

コオロギ様~♪

e0240147_2032470.jpg

アリ様~♪

今日は朝から息子の部屋の片付けをして
カーテンを洗って干して
体調の悪い娘の足湯&足揉み
午後はまりあちゃんをシャンプーして
ほっと一息でミルクティーをいただき
あっという間に夜になる…
平凡な主婦の1日でございます…


この春は
学生時代から20年以上
引っ越しのたびに持ち運んできた絵を
ほとんど剥がして巻きました。
巨大なパネルを何十枚も処分し
よくもまあこんなに描いたもんだと
また
よくもまあこれだけ捨てずに持っていたなと
自分でも呆れました。

昔の作品を見ていると
幼さと未熟さと
その分必死だったことと
描いていたときの様々な出来事が思い出されて
懐かしかったり苦しくなったり…

この春は長年の自分の制作人生を
整理整頓致しました。
連休明けから
また制作に復帰しなくては…






[PR]
by akikomoriya | 2013-05-03 21:01 | おしゃべり