<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地名の尊さ


e0240147_11281351.jpg


この夏は考古学者の森浩一先生と、
民俗学者の谷川建一先生が亡くなられました。
自分の中でなにか「カクン」となるものがありました。
特に谷川先生の本との出会いは
私の世界を大きく変えてくれまして
かなりショックでした。

日本中を歩き回り
従来の認識を鵜呑みにせず
地名、伝承、風習、由来などを自分自身で確かめながら
研究するという姿勢は
何に於いても基本であると
谷川研究を通し学びました。

私は本を読むのは好きなのですが
人の恋愛事情にはとんと興味もなく
誰かが死んだの殺されたのと言う物騒なミステリー系の話もさらに興味なく
それで夜な夜な何を読んででいたかと言いますと…
谷川建一の本でございました。

20代30代夢中になって読んだのは
「白鳥伝説」「青銅の神の足跡」「日本の神々」などなど。
お陰様で街を歩き地名を見たり神社の配置など見ますと
その昔どんな系統の人々がそこに住み着いたか
何となく分かるようになりました。

例えば…

奈良の三輪山山麓には「磯城(しき)」という地名があります。
しきの表記は色々で、志木、磯城、志貴、など。
日本を「敷島の大和」といいますがこの「しき」が語源です。
磯城一族が三輪山の大神神社(おおみわじんじゃ)を護っていたのですが
この磯城一族というのは古代天皇家に后を出す家でありました。
日本の国作りに関与し
数多の謎を残し、影に日向に天皇家に関わってきた磯城一族。

この磯城は銅鐸にも深い関わりがあります。

三輪山周辺も銅鐸が出ますが
信貴山ふもとの志木駅付近も出ます。

銅鐸出土の東限は静岡県磐田市の「敷地」(しきぢ)ですが
この「しき」はまちがいなく奈良三輪山の「しき」でしょう。
またさらに西に進み
静岡市の登呂遺跡付近に「敷地」という地名があり
安倍川を越えた丸子の手前にも「向敷地」があります。
銅鐸こそは出ませんが
いずれも考古学的に古い土地で
丸子は「丸子式土器」といって考古学上ポイントとなる様式の土器が出ています。

さらに
静岡浅間神社は古くは「美和明神」と呼ばれておりまして
代々の宮司様のお名前は「しき」さんといいまして
今でも浅間神社鳥居まえの長谷通り沿いに「しき美容院」というお店があります。

ついでに奈良三輪山と同じ様式の三鳥居が
谷津山の愛宕神社にもございます。

三輪山と静岡のつながりを話し出しますと
まだまだ延々と話は続くのであります。

古代の人々は
今の人よりももっともっと夢とロマンを抱いて
日々過ごしていたように思います。
先人達は神として神社に祀られ
今でも国作りに対するあつい夢を持ち続けているのだと
私は思います。

日本は本当はもっともっと素晴らしい国であるはず…

日々何気なく住んでいる土地の名前にも
古代の人々の足跡があり
尊んできた名前の不思議が秘められている。

谷川建一の研究を通して古代の夢を思い知ったのでした。
e0240147_11115839.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-31 11:12 | おしゃべり

おしゃれな無人市

農家でとれた野菜の一部を無人市(良心市)で売るようになったのは
30年くらい前からではないかと思う。

祖母の家のまわりは
田んぼと畑ばかりでしたが
「最近は良心市で野菜が売れるから
農家のおばあさんたちのいい小遣い稼ぎらしいよ~」
と祖母がよく話していたのを覚えています。

これって日本ならではのシステムかなと思います。
外国だったらお金の箱ごと盗まれそう…

ところで
最近の良心市は凄くおしゃれ♪
洋菓子で有名なリュバンの近くに
無農薬でしかもちょっと普通の八百屋さんにはないような
かわった野菜を売っている無人市があって
もの凄くはやっているんです!
若いお母さん達もたくさん買いに来ていて
いつも車が止まっているような感じ。
しかも無人市に併設して
去年「namiki」っていう喫茶店もできました。
ランチ1500円で美味しい~!これはお得!
お持ち帰りのお惣菜コーナーもあり
めちゃおしゃれ♪

というわけで
私もよく利用いたします。
水菜がこ~んなに入って100円!
e0240147_20151216.jpg

お持ち帰りのお惣菜でカボチャのキッシュを購入。
e0240147_20153597.jpg

マリアちゃんもお昼寝…
e0240147_20272066.jpg

幸せでございます♪

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-30 20:27 | おしゃべり

春の準備

e0240147_21513485.jpg

マリアちゃん
大分毛が伸びました
マリア・マルガリータから
マリア・ケノービに改名でございます。
来夏また毛刈りしてマルガリータちゃんになりましょうね♪

暑い暑いと思っている内に
すっかり寒くなり
一番厚い掛け布団を出して寝ております。
気付けば晩秋でございます…

e0240147_2155869.jpg

すっかり葉の落ちた 枯れ木の梢には
なんと
はやくも桜のつぼみが!

今年の装いが終わるときには
もうすでに
来春の支度が始まっているのですね♪

これから始まる寒くて長い冬を
この蕾たちは越えてゆくのですね~♪

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-29 21:57 | おしゃべり

絵本作り

大槌町で被災した
おおつち保育園を舞台とした絵本の制作をすすめております。
来年2月までに完成と言うことで
現在急ピッチで進めております。

先日
由比幼稚園で取材とスケッチをいたしました。
e0240147_2115941.jpg
e0240147_212862.jpg


子どもはかわいい
しかし
よく動く…
なかなか動きを捉えるのが大変ですが
形ばかりにとらわれてしまうと
かた~い絵本になってしまいます。

今までに
満足できた絵本は一冊もないので
今回はもう少し理想に近づけたいと思っています…

震災に対して
これといったお手伝いもできず
もどかしく思っておりました。
今回のお仕事は
願ってもない有り難いもので
少しでも
被災地の方々にお役に立てばと
その一念で制作しております。


仕事が幾つか重複し
てんてこまいの日々を過ごしておりますが
ブログの更新がなくても
とりあえず元気でおります。

どうぞご心配なく…
では皆さまよい秋をお過ごし下さい♪

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-28 21:10 | おしゃべり

歳を忘れる

随分長いことご無沙汰しておりました。

元気でおりましたが
バタバタと忙しい日々を過ごしておりました。

バタバタしている内に季節は移り変わり
大好きな萩ももう終わってしまいました。

ところで
先日友人が我が家にいらして
絵のことやら何やらとりとめのないお話しをしておりました
ついでに歳の話になり
「私自分の歳すぐ忘れちゃって、でも多分43歳だと思うの」
などと話しておりました。
ついでに
2015年の年始に静岡市の亀山画廊で個展することなど
あれこれ話してお別れしましたところ…

食事の時
隣の部屋で会話を聞いていた息子にびしっと指摘され
びっくり!
「そういえばお母さん今年44歳だよ」
「あと亀山画廊の個展のこと、平成15年にやるんですよぉ~とか言ってたよ
お客さんよく黙ってたよね~」
e0240147_1893063.jpg

息子はフナッシーに極似でございます。
なにかとまぬけな長男に指摘されたことは
まずショックなのでございます…

数字にはめっぽう弱い私であります。
自分の歳を覚えるのはひと苦労であります
覚えた頃にまた歳を取り
さらに記憶は混乱するのであります…
32歳の時は自分は「ミニーちゃん(32)」と覚えました。
33歳のときは「ミミちゃん(33)」だと思っておりました。
34歳の時は「となりのみよちゃん(34)」と覚えました。
そして35歳以降はうまい具合にゴロがあわず
それっきり歳が分からなくなりました…


そんなことなので
平成及び西暦の数字など完全に錯乱しております…

いろんな意味でショックでありました…

来年のお誕生日で四捨五入すると50歳
つまり「アラフィフ」突入でございます
…これもショックでございます

e0240147_1883187.jpg

取り巻く世界はすっかり秋でございます。
e0240147_189334.jpg

秋でございます…

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-18 18:16 | おしゃべり

彼岸花

秋の夕日に彼岸花って
本当によく似合います

田舎道を歩くと
刈り入れ前の田んぼの畦に
彼岸花が延々と咲いているのをよく見かけます。

日本画の題材としてもピッタリ…
e0240147_1958674.jpg

最近は白い彼岸花も随分増えましたが
e0240147_19594661.jpg

やっぱり彼岸花は赤がよいでございます…

ところで
飛鳥の石舞台古墳をもう少し南下したところに
稲淵の棚田があって
地域の方々のご尽力で
彼岸花と案山子を見ることができます。

ここの風景を見てから
彼岸花といえば
飛鳥の秋を思います…

[PR]
by akikomoriya | 2013-10-01 19:56 | おしゃべり