<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

梅の花咲く

e0240147_19565720.jpg

父は梅の花が好きで
梅描いて~梅描いて~というので
我が家の玄関には梅の絵が掛けてあります。(もちろん冬~春の間だけですが)
ちなみに実物はもっと横長であります。

父は「梅は匂い、人は心」という本がお気に入りで
梅が咲くとやたらはしゃぎます。

しかしながら
はさみを使うのが好きで(あんまりいいことじゃないですよ…)
ちょきちょき切りすぎるため
梅の枝もやたら短く
見るに堪えない…
毎年「切りすぎだよ!」と怒るのですが
毎年切りすぎてくれる父であります。
e0240147_20102420.jpg

いつだったか
まだ下の娘がベビーカーに乗っていた頃
お兄ちゃんを連れて三人で近くの梅林に歩いていったことがありました。
いつものお散歩コースとはちょと違った道を通ったときに
通りを越した角を曲がったら、ふいに梅が咲いていて
こんなところに梅林が…と驚いた記憶があります。
あまり手入れをされていないようで
枝も伸びたい放題で
下草もぼうぼう…
でもだからこそ、そこここに何かがかくれているような
不思議な空間でした。

夕暮れで
辺りは薄ぼんやりと黄色のような桃色のような光が差していて
お兄ちゃんの手を引きベビーカーを押しながら
しばしだ~れもいない梅の花畑で佇んでいたことがありました。

筑波時代の友人で
妖精を見たことのある人がいます。
本当に羽が生えていて
半透明だったといいます。
真面目な人で
妄想癖や虚言はないように思われました。

きっとここにも梅の花の妖精がいるんだろうな~と
そのとき思いました。
何とも幸せで
理由もなく有り難く
ただ幸せで…

次の日
もう一度そんな気分になりたくて
同じ時間に同じようにまた三人で出掛けたのですが
何故か…
何もかもが違っていたのです。
言葉では説明できないのですが…
強いて言うならその日は妖精はいなかった。

こんなことが幾度かあります。
カメラも持たずにふいに子供達を連れて歩いていて
あ、今妖精がいる…って何故かそう思います。
そして次の日来ても、もうダメなのです。

絵本出版最大手の編集の方といつだったか打ち合わせをしたとき
いくつかあった絵本のアイデアスケッチの中で
妖精の作品を見て
急に不機嫌になり
「こういう実在感のないものはやめてくださいね」と強く言われたことがあります。

妖精が実在しない?

それでもったいない話ではありましたが
そこの出版社のお話はなかったことにしてしまいました。
今考えるとホントもったいなかった…

でも
花の下には妖精がいると
私は本当にそう思うのです。
e0240147_2010463.jpg


[PR]
by akikomoriya | 2014-02-26 20:11 | おしゃべり

45回目の誕生日


今日は春を思わせる陽気でございました。
近所の紅梅も今朝方から一気に開き始め
あたりはほんのり甘い香りが漂っております…

数字にとんと弱い私でございますが
今日が自分の誕生日であることは幸い覚えておりまして
しかも…ついに45歳になってしまいました。
45歳か~そんなに長く生きたのか~もうそろそろ終わりかな~
とか色々思います。

今日まで支えてくださった方
そして
今日が私の誕生日であることを忘れずにいてくださり
お祝してくださった方々に
心から、心から感謝申し上げます。
ますますよい作品を絵描くことができるように精進したいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
e0240147_2051658.jpg

随分昔のことですが
大学4年生の時に教育実習で教えた生徒が
数日前
思いがけずこのブログにコメントを下さいました。
何度か東京での個展に来てくださったりして
今では勿論立派な社会人ですが
あの頃はとても可愛らしい中学2年生でした。

コメントには
「自分が14歳のときに先生に頂いた手紙の熱さと、このブログと、
23年経っても本当にブレていなくてなんか嬉しくなってしまいました。」
とあり(ごめんね勝手に書いちゃって!)
その時の手紙を後日メールに添付してくれまして…
懐かしいやら嬉しいやら勿論はずかしいやら…
でもこんなに長い間大切にしていてくれて本当に有り難く思いました。

その内容というのは
想像と創造についてでした。

…人は自分が想像したものしか創造できない。
本当は無邪気な子供のころより大人の方が
もっと柔軟な想像力をっもって生きてゆかなくてはいけない。
自ら環境を変化させたり
見慣れた風景や状況の中で
本当に興味を持って突進してゆける何かを見つけ
何もないところから何かを作るとか
絶望の中に希望を見いだすとか
嫌いだった人を好きになるように努力するとか
そういうことはすべて想像力が原点にある
…そんな手紙でした。

ちょうどこの手紙を書いていた頃に構想を描き始めた絵本を
今年はなんとか出版しようと思っているところです。
海外向けの絵本です。
気長だけが取り柄ですが
随分と時間が掛かったとあらためて思います…

想像力だけを頼りに進む道のりは
決して楽ではないけれど
一人の人間の想像力が具現化する世界は
無限大であると信じたい…

思いがけず23年前の自分に出会って
23年前の自分に励まされている今の自分がいて
今年はまた原点に返り
ひとつひとつの仕事を
自分の理想にしたがって進めてみようと思います。
e0240147_2102519.jpg

今日はしみじみと
有り難さの込み上げる一日でございました。
取り巻く世界は今日も美しく
自分はたくさんの方々に支えられ生きておりました…
心から感謝申し上げます…
今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪
e0240147_20531967.jpg





[PR]
by akikomoriya | 2014-02-25 20:55 | おしゃべり

おおつち保育園の絵本

制作中のおおつち保育園の絵本「あの日~おおつち保育園 3.11~」(仮題)
が何とか完成しました。

今日は日本画教室に行く道々
しみじみ有り難さが込み上げてきて泣きそうになってしまいました。
無事に完成でき本当によかったです。

震災が起きてから
何もできない自分がもどかしく
そんなときにふと舞い込んできた話でした。
この絵本ができることで
少しでも何かのお役に立てれば幸いです…

作品ものびのび描けました。

e0240147_2322223.jpg


e0240147_2253524.jpg
e0240147_2254074.jpg


ところで明日はいよいよ真央ちゃんのショートプログラムです!
というわけで今日はもう寝ます。
3回転半は真央ちゃんのイメージ通りに決まる!と私は信じております。

葛西選手が他の受賞者たちと笑顔で喜び合っている姿を見て
女子フィギアもこういう雰囲気ならいいのにと思ってしまいました。
勝ち負けに固執する様々な圧力を受け付けることなく
まっすぐ宇宙と繋がってジャンプしてくださいね♪


[PR]
by akikomoriya | 2014-02-19 23:00 | 絵本

赤ちゃんの不思議

e0240147_21423221.jpg

おおつち保育園の絵本
避難する場面…むずかしい…
予定にはなかったけれど
カートに乗ったちびさんも入れてみる
は~こりゃ描き直しかな…

今日も一日描いておりまして
段々訳が分からなくなり
なんだか自分はそもそも絵本に関しては
才能がないのではないかと思えてきて
とりあえず筆を置きました…

あまりきっちりした説明的な描き方は好きではない…
日頃は刷毛で画面を擦りながら
描いては壊し、描いては壊しで
偶然の賜が現れるのを待っているような激しい描き方をしているので
きちんときれいに描いていると
ついぶっ壊したい衝動に駆られ…
でもこれ絵本だからねぇ…
あんまり重くなってもいけないし…

それでも明日はところどころ壊してみよう…

昨日は長男の話しをしましたが
最近もちょっと不思議な赤ちゃんに出会いました
マリアちゃんのお里、マリアちゃんのママ様やお姉様がいる
ブリーダーさんのお宅へ行った時のことです。
しばらくご無沙汰しております間に
娘さんがご出産されて赤ちゃんを抱っこしておられました。
意気消沈気味の夫が癒されたい気持ちで
「抱っこしてもいいですか?」と思わず申し出て抱っこしたとたん
ふぇ~っと泣き出したんです!
不浄なおっさんが抱っこしてごめんなさいね~とやや謙遜気味に謝ったのですが…
「…実はこの子…体調が悪かったり、精神的にダメージを受けてる方が抱くと泣くんです…」
といわれびっくり!

まったくもって不浄な夫でございます…は~やれやれ
次にあったときには笑ってもらえるといいね♪
赤ちゃんはやっぱり天使でございました…
e0240147_21531382.jpg


[PR]
by akikomoriya | 2014-02-16 21:54 | 絵本

生まれる前に ③

今日も寒い一日でした。
市内の高校に美術を教えに行きましたが
ババシャツを重ね着し
フリースのシャツに
裏地付き毛糸の上着で
全身もこもこで授業をしました。
なんと美術室には暖房がございません…

e0240147_2294974.jpg

少しずつ絵本が仕上がっております。
今朝は気に入らない部分にお湯をぶっかけましたら
いいあんばいになりホッとしました。

地震発生から避難までのページ…
e0240147_2295845.jpg


虫の知らせといいますが
こういった地震はいつの日かちゃんと予知できるようになるんでしょうか…
そんな日が来るといいです。

ところで
我が家にはとても勘のいい虫が一匹おりまして
ふなっしー顔の長男であります。
一家に一人は置いておきたいお地蔵様タイプの長男。
にこやかという言葉が似合う子で
親バカですが黙ってそこに座っているだけで
知らず知らずのうちにまわりの空気を和ませるような有り難い長男です。
空気清浄機型人間というべきでしょうか。

しかしながら勘がよすぎて大変なことも多かったのは事実であります…
強慾にまみれたようなちょっと問題ありの来客があると
客の顔も見ていなくても苦しくなってバタバタ暴れます。
離婚騒動などで怒りと憎しみで爆発しそうな人が訪れても
やっぱりそうなってしまいます。
うっかり観光で古戦場など通過しますと
泡を吹いて苦しみます
そういえば震災の前2週間くらい
苦しい苦しいとひどく暴れておりました…
地震発生と同時にそれはおさまり
偶然といってしまえばそれきりですが
日頃は至って健康な子なのにどこが苦しいのか家族もよく分からず
幼少の頃は本当に大変でした。
目には見えない不穏な気というか不調和な波に敏感な子なのだと思います。

そんな長男も段々強くなりまして
最近はどこへ行っても誰が来ても何があっても
ひょうひょうと過ごせる子になりました。
本当に有り難いことです…

子供はやっぱり不思議です。
毎日毎日一緒に過ごせることが
ただただ幸せだな~と思います。

子供達は生まれる前に天使と一緒にお母さんを決めるそう
あるいは
お腹に入るとき自分の羽を取ってもらったと語る子供もいるそうです。

人はみんな生まれる前は天使だったのに
地上は悪意に満ちた大人の多いこと!
しかし
そういう人たちも実はみんな天使だったと思えば
悪を憎んで人を憎まぬという諺も納得できます。

人は誰もみんな天使だった。
いつどこで誰にあってもそう思える自分でいたいものです。


[PR]
by akikomoriya | 2014-02-14 22:29 | おしゃべり

生まれる前に ②

またまた寒くなりました。
明日は全国的に荒れるそうです。
やっぱ2月は寒いね~

早く温かくなって欲しいと思う反面
もう少しゆっくり時間が流れて欲しいと思ったり…
e0240147_21421418.jpg

制作中のおおつち保育園の絵本
少しずつ仕上がっております…
あと少し あと少し…
頑張りすぎないように
それでもやっぱり頑張らなくちゃ… 

子供達は
津波で亡くなったお友達との繋がりを
自分たちで模索し答えを出してゆきます
天使になったお友達のためにも
明るく生きてゆかなくては…
頭で分かっていても
なかなか一筋縄ではいかない…
何度も何度も泣きながら
それでもやっぱり明るく笑って生きて行こうと思う
その気持ちは
誰かに教わったことではなく
一人ひとりの心の中に既にある真実なのかも知れないと思いました。
e0240147_21422954.jpg

e0240147_2148049.jpg

小さい子供ほど
あっちの世界に近いというか
あっちの世界にまだ繋がっているというか…
だからこそ
あっちの世界に帰ったお友達との繋がりを自然に受け入れられるのかも知れません

人は
いつごろから
あっちの世界から遠くなり
あっちの世界を忘れてゆくのでしょう…

そんなことを思いつつ制作していましたら
日頃何かとお世話になっております
日本画教室のお生徒さんの桜田さん(実名でございます♪)が
産婦人科の池川明先生のご本を貸してくださいました。
ずばり、胎内記憶を持った子供達の本!
先日ご紹介しました映画「かみさまとのやくそく」といい
最近胎内記憶はちょっとブームのようです。

生まれる前の待合所で
自分でお母さんを決めて
他のたくさんの子供達と一緒に生まれる順番を待っていたという数々の証言…
読み進めながら涙涙でございます…
こうした証言を伺う度に
地球人の知らないことはあまりに多すぎると思うのであります…

ご興味のある方
人生が変わります
是非一度お読み下さいませ!
[PR]
by akikomoriya | 2014-02-13 21:49 | おしゃべり

つながる場所

今朝起きてみましたら
外は雪でございました
子供達と一緒にわあ~っと喜ぶ私は
雪国の苦労を知らない生まれも育ちも静岡人であります…

e0240147_1334898.jpg

市内も大変なことになっているだろうと思いきや
日本平を下ると下界は雨でした…

ところで
岩手県大槌町の大槌保育園の園児と先生を取材した絵本を
年末から制作しはじめまして
17枚平行して描いておりアトリエは大変なことになっておりますが
やっと少しずつ完成して参りました。

依頼してくださった「うみねこの会」の方々
気をもんでおられると思います…
遅くなっておりすいません…

亡くなったお友達も含めたクラス全員の写真
お話しのクライマックスです

e0240147_13342387.jpg

e0240147_13343638.jpg


コルクボードに貼り付けられた
みんなの写真。
子供達の提案で出来上がった祭壇?ともいえる場所。
このコクルボードのなかでは
津波で亡くなったお友達も生きているお友達もみんなひとつになれる…


生き残った人間は
これから先どうやって生きていったらいいのか
天使になったお友達とのつながりを
どうとらえて生きていくべきか
恐怖や不安や過去への様々な思いと
この先どうやって付き合ってゆくべきなのか

誰にでも訪れる親しい人との死別や
困難に対する乗り越え方を
子供達は誰に教わるともなく自分たち自身で答えを模索してゆきます

仕上がった絵を少しずつご紹介してゆきます
どうぞお楽しみに♪





[PR]
by akikomoriya | 2014-02-08 15:13 | おしゃべり

春でございます♪

母が豆まきの準備をしていてくれまして
3日の夜は無事に豆まきを済ませることができました。

「鬼は外」は元気にやれるんだけど
「福は内」をあんまりやると
家中マメだらけになってしまい毎年大変…
全部拾って食べてると胃もたれが…

しかし!
我が家は最近
福豆を食べてくれる福犬がおりますので
盛大に「福は内」をいたしましたところ
翌日はマリアちゃん一日中福豆を食べ続け
翌々日の朝とうとう胃もたれのためか
胃液をゲボしてしまいました。
ごめんねマリアちゃん…

私はここのところ
毎日毎日忙しく
絵の描きすぎで眼痛がはじまり
先週はついに肩から上のリンパが腫れ上がり
風邪もあって熱が下がらず
まる一週間仕事ができませんでした。

ブログでも更新しながら休み休みやらないと
気分も滅入ります…
は~やれやれ…(これ口癖ね)

e0240147_17331753.jpg

早くも春の花が…
e0240147_17332859.jpg

明るい春が訪れますように


[PR]
by akikomoriya | 2014-02-07 17:35 | おしゃべり