<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ピラミッド紫陽花

e0240147_2138365.jpg

今年は涼しい天候もあって
紫陽花が例年よりながぁ~く咲いていてくれました♪

紫陽花が好き!とブログに書きましたら
今年も幾つか紫陽花を頂きまして
私のコレクションも少しずつ充実しております♪
有り難うございます♪

今年頂いたのはピラミッドという名の紫陽花!
Kさま有り難うございました♪
アップの画像も載せちゃいます♪

e0240147_2213537.jpg


ところでピラミッドと今書いて思い出したのですが
最近、ピラミッド創建の様子をある方が霊視した文章を読んでいて
それがとても興味深い!

ピラミッドに関しては諸説ありますが
クヌームという神やイム・ホテプという神官が関わったことは知られていますが
その先の具体的な手法については未だ謎!
しかしこの文章では具体的にどのような経緯で
どのような目的で作られていったのか
かなり詳しく記されております。

未来永劫地上にあり続けるであろうと予言されたピラミッドは
天と地の共同作業によって作られたというのです。
それはまず金星で計画され
地上の聖者を介して王に、そして民に伝えられました。
具体的な建設に関しては
国民の自発的な祈りと奉仕のもとに進められ
最終的な積み上げは空飛ぶ円盤であります。

さらにその目的とは…

人間の本来の姿は肉体の身に留まるものではなく
本来神とひとつのものであり
聖なるものであり
永遠の生命であるということを人類に示す為なのだそうです♪

失われたアトランティスなどの前文明では
地球外からの船(いわゆるUFO)が頻繁に飛来し
また地球からも飛ばしていたという話がありますが
そういった高度な宇宙科学を
精神レベルの低い幼い人類が使用した結果
アトランティスは滅んでしまったといいます。
アトランティス人は
今の地球人以上に肉体の享楽に固執し
利己的な人々であったといいます。


ふたたび人類が文明を築きはじめたエジプトにおいて
地球人類がふたたび同じ過ちを犯さぬよう
神々が地球上にピラミッドという決して消えない形で
メッセージを残したのだと思います。

本来神とひとつの
聖なる命
永遠なる命

毎日の平凡な生活の中で
そんな確かなるものを会得できたならば
それは本当に幸せなことです♪
e0240147_22105311.jpg










[PR]
by akikomoriya | 2014-07-13 22:12 | おしゃべり

地軸のブレ


e0240147_16262671.jpg

今年の七夕はかろうじて晴れ間が見えましたが
今週は早くも台風で日本全国大荒れでございます。

毎年毎年大型台風の規模を更新している様子
土砂災害の規模も拡大し
地球は水分が余っております…

どうか
静かに台風が通り過ぎてくださいますように…

先日常葉大学で数理物理を教えていらっしゃるかたと
お話しする機会がありました。
例の
地下核実験が地球温暖化に影響しているか否かの質問をいたしましたら
「地下核実験が温暖化に影響していないとはいえない、
という言い方は科学者の逃げ口上で
当然影響あると思うよ。
でも
温暖化の影響より深刻なのは地軸のブレだよ」
とのこと。

現在の地球は
地軸がブレて回転が遅くなったコマのようになっているとのこと。
軸がゆらつくので
月との張力のバランスが崩れ
地震の原因になっているのでは?ということでした。
その地軸のブレの一因が
地下核実験である可能性は高い、というわけ。

温暖化よりおそろしい地軸のブレ。
かなり前からそういう懸念は聞いたことがあります。
科学者達の警告を
政府や社会が取り上げるようになるのは一体いつなのでしょう。
それが地球再生の流れから見て
手遅れでないことを祈ります!

[PR]
by akikomoriya | 2014-07-10 16:25 | おしゃべり

茅の輪くぐり

e0240147_1234712.jpg

今週の月曜日6月30日は
夏越の祓 (輪くぐりさん)でした♪

e0240147_1244880.jpg

ご本殿前では
巫女さんが鈴のお払いをしてくださいます。

人形(ひとがた)という人間の形の白い紙に
氏名、年齢を書き
体中をその紙で撫でてあらゆる不浄をその紙に移し
自分の分身として神社に納め
お浄めしてもらいます。

よく考えると不思議な習慣ですが
みな当たり前のように黙々とやっている…

この半年
無意識のうちに溜めてしまった罪穢れを払い
きたる夏を健やかに過ごせるようにと祈願することが
夏越の祓の目的なのですが
無意識どころかさんざん意識的に邪悪な想いをまき散らしてきた私でございます…

祓へ~給ひ~浄め~給へ~
と唱えながら「8の字」に茅の輪をくぐりますと…
すっかり清々しい気持ちに!
は~やれやれでございます…

e0240147_124296.jpg

今年も子どもたちと無事にお浄めを受けることができまして
有り難い限り…

「おがわ」のおでんを食べて帰宅いたしました。
家族も私も、マリアちゃんも、このブログを読んでくださっている方々も
この夏を無事に過ごすことができますように♪

[PR]
by akikomoriya | 2014-07-05 12:16 | 日本文化

ニッポンの奇天烈な絵画

大学時代の恩師の太田圭先生が
ご執筆に関わられたご著書を送って下さいましたので
さっそくご紹介させていただきます♪
e0240147_022730.jpg

「ニッポンの奇天烈な絵画」 綜合図書 
できたてホヤホヤの新刊本でございます。

様々な視点から
日本人独特の絵画表現が紹介されていて
どの章もとても興味深く感じました。

最近のクールジャパンでは
「カワイイ」が世界語になったりして
日本のコスプレなどはすっかり日本の顔になっておりますが
「カワイイ物好き」の日本人の様子は
江戸期の絵画や浮世絵からも伺えます。

e0240147_042618.jpg

金魚のお口がカワイイ~♪

e0240147_054043.jpg

こちらは雀・雀・雀

そして子犬たち!
犬は猫に比べてあまり絵にならないと言われますが
やっぱりカワイイ!
左から中村芳中、長澤廬雪、円山応挙でございます。

日本犬というと
柴犬と土佐犬ぐらいしか思いつかないんですが…
やや!
マリアちゃんにそっくりな白黒の犬種が!

e0240147_092846.jpg

なんだろうこの犬…               ↑ この後ろ姿マリアちゃんに似ている…
江戸時代にまさかのボーダーコリーが!?
なわけない!

マリアちゃんも子犬の頃
もっとスケッチしておけばよかった…後悔…
トイレトレーニングに明け暮れ
スケッチどころではなかったのでありました。

枕草子などからも
日本人は小さきもの、幼きものに愛おしさを感じる民族であることが伺えます。

権力や富ではなく
そういったものに視点を置き丁寧に扱うのが
日本人の良さであると思います♪

ではおしまいに
マリアちゃんご幼少のみぎりの画像でございます♪
e0240147_0191697.jpg

ではおやすみなさいませ~♪


[PR]
by akikomoriya | 2014-07-04 00:19 | 日本文化

半夏生


今日は夏至から11日目
暦の上では「半夏生」でしたが
偶然にも
日本画教室のお生徒さんに
「半夏生」のお花の苗をを頂きました。

よく茶花として用いられますが
日本画の画題としても好まれる花です。
半夏生のお花をご存じない方のために
ちょいと画像を拝借…
e0240147_2325256.jpg

葉っぱの半分が白♪
おしゃれで涼しげな野草です。
ドクダミの仲間だそうで
造りが似ています。

今日は7月だというのに
高原から吹く風のように
冷ややかな風が一日中吹いておりました。

昨日は
例の9条解釈変更が決定いたしまして
なんともかともな気持ちでございましたが
半夏生と涼やかな風とご熱心な生徒の皆様とのひとときに
すっかり心が癒されましたでございます…。



戦争の原因はおおよそふたつ
ひとつ目は侵略
ふたつ目はそれに対する自衛

このふたつがぶつかって戦争となります。

政府には国民には知らされない
様々な思慮があるのでしょう
しかし
最終的な歯止めは
結局国民一人ひとりの判断と行動に委ねられるのだと思います。

この70年で日本人の意識も変わりました。
グローバル化の流れの中で
平和への意識や
一般市民レベルでの国際交流
生命の尊厳に関する知識
スピリチュアルな世界や宇宙意識への興味などなど…
一億玉砕と言っていた頃の日本人とは比べものにならないほど
国民の視野は深まっております。

いざ戦争となり
自分や自分の子どもが戦場に招集されるとなったとき
私たち一人ひとりはどう行動すべきなのか…

9.11のときでさえ
アメリカ国内から
やられたらやり返すはもうやめよう!という声が多く挙がったくらいですから
日本人ももっと「こぴっと」しなくてはいけません。

これからの地球世界は
今までの歴史では考えられなかったような
全く新しい価値観と判断で行動してゆかない限り
永久に戦争はなくならないのだと思います。
日本人、こぴっとしろし♪

[PR]
by akikomoriya | 2014-07-02 23:29 | おしゃべり