<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

山紫陽花

私の日本画教室のお生徒さんは
お花や山野草など植物が好きな方が何故か集まって
絵の話だけでなく
今、どこで何が見頃かの情報交換や
苗の交換や予約など
みなさんとても楽しそうに過ごしております。

お陰様で私も色々と世界が広まり
本当に有り難く思っております。

ここ数日
2年前に駿河山草会のOさんから頂いた「まいこ」という山紫陽花が咲き始めました。
たいして手入れもしていないのに
今年も可愛らしく咲いてくれました。

花の大きさは
ちょっと大きめのピンポン球くらい。

初めは白で
やがてピンクに
そして紫になります。

e0240147_20451135.jpg


好きな花はたくさんありますが
紫陽花もそのひとつ。
特に山紫陽花は本当に風情があります。

住んでいる日本平中腹は
下界より1~2℃は低いと思います。
あたりはホタルブクロが自生しています。
山紫陽にも住みよい場所なのかな?

これから次々と咲き始める紫陽花たち・・・
ワクワク楽しみな季節です♪
e0240147_20493282.jpg



[PR]
by akikomoriya | 2015-05-26 20:50 | おしゃべり

どくだみ


e0240147_18435334.jpg


あちらこちらでドクダミの花が満開です。
白い十文字
独特の匂い
見た目も匂いも薬!という感じがするドクダミ
独特の小豆色の斑入りの葉もとても個性的♪

日本画のモチーフとしてはよく使われるドクダミですが
私もこの花が好きです。

学生時代ドクダミが群生している場所で
座り込んでスケッチしたことがありました。
過激で前衛的な作品を描く先生に
「俺、ドクダミなんて描くヤツの気が知れね~の」
と笑われてしまいましたが
飾ることのない
清楚で潔いたたずまいが何とも好きなのです。



[PR]
by akikomoriya | 2015-05-26 18:42 | おしゃべり

テッペンカケタカ



e0240147_922247.jpg

ここのところ
頻繁に夜中に起こされます。
誰にって・・・
「テッペンカケタカ テッペンカケタカ テッペンカケタカ・・・」
のけたたましいお声、ホトトギスであります。

遠くで啼く声は確かに風流でありますが
かなり近くで啼いているので
ほんと、びっくりしちゃう。

でもこうして夜中に起こされることが
なんか嬉しかったりして・・・

ホトトギスはウグイスの巣に託卵します。
この近辺はウグイスもよく啼いていますので
近くにウグイスの巣があるのですね。

朝も夜も昼も「テッペンカケタカ!」

お庭はホタルブクロや山紫陽花が咲き始め
春から新緑へ
そして雨の季節へと
一年の中で最もみずみずしい季節が日々流れてゆきます。

日本人でいられてほんとによかったなと思います。





[PR]
by akikomoriya | 2015-05-25 09:14 | おしゃべり

松本英揮さん講演会

e0240147_21362420.jpg

今日は富士宮で講演会があり行ってまいりました。

最近心身ともにバテ気味なので
エコロジーのお話を聞いて元気になれるかな?

まずは東名清水の乗り口に
一面のちがや!!!
わ~い!
風の通り道が見える~♪

新東名をぶい~んといきまして
富士宮浅間大社前の横町で
お目当ての塩焼きそば
キャベツの量がハンパない(^^)/
うみゃ~(^^)/
e0240147_2154871.jpg


それでも足らないので
ソース焼きそばイカ入りの小300円を追加注文!
e0240147_21544381.jpg


は~満腹満腹!
さてさて
講演会場に向かいましょうか。

今日のお話しは
世界115ヶ国を自転車で回るエコロジストの松本英揮さん。

お話しが始まってどんどんひきこまれてゆく。
まずはドイツのお話しから。
車が走っていないまるで中世の街のように美しい街や
2022年に原発全面撤廃となる話。
生ゴミを発酵させて出たガスによるエネルギーや
小川に水車を付けて各家庭で発電する様子
リサイクルはしないかわりに
ゴミになるものを売らない工夫
油も瓶を持っていって量り売り。
・・・などなど

時代の変化によって生じる問題に対して迅速に対応するドイツ。
福島の事故以来原発問題に即取り掛かり即実行

目の前にある諸問題に蓋をして
無かったことにし現状維持を続ける日本・・・

明治期の日本を振り返れば
変化することを恐れない革命児達がわんさか動き回っていたというのに
日本は静かになってしまったものだな~と思って帰ってきました。
同じ敗戦国でも何かが違うね・・・

松本さんのお話しは
どの国のお話しも興味深く面白い。
話は尽きないけれどあっという間に帰宅時間になってしまい残念・・・

また今日の続きが聴けたらいいな。








[PR]
by akikomoriya | 2015-05-24 21:58 | おしゃべり

ダマスクローズ


3月にシリアの留学生にインタビューさせていただく機会がありました。
シリアが世界に誇れるもの、と言う質問で、「今は何もない」としばし考えていましたが
あ、というように「ダマスクローズ」と答えてくれました。ダマスクローズの写真が手元にないので今日はちょいと画像を拝借です♪
「ピンクのバラで、首都ダマスカスの名に由来するバラ、日本には絶対無い!」と留学生は力説していました。このバラは15世紀頃にブルガリアに渡って今や全世界のバラの香料やローズオイルとなっております。もちろん私も大好き!
e0240147_841309.jpg

そしてダマスカスにはもうひとつ、ジャスミンの白い花が有名だと。ピンクのダマスカスローズに白いジャスミン、ダマスカスは世界で一番美しい街・・・だったのだけど・・・今はとにかく平和が欲しい、平和平和平和・・・と連発しておられました。インタビューが終わって、メモを整理しながら泣けてしまいました。

シリアが世界に誇るものは他にもたくさんあり、とくにシルクロードのオアシスの街「パルミラ」遺跡。女王ゼノビアによって統治されたという夕日の美しい場所です。バラのように赤く遺跡全体が染まるので「バラの街パルミラ」とも言われております。
そのパルミラがここ数日ISによって占領されてしまいました。
偶像崇拝の対象となるパルミラの神殿はこのままだと破壊されてしまうでしょう。
シリアの観光の目玉なのです。
今朝はニュースを見ながら、シリアの平和を心から祈りました。
そして今日という一日が、世界中のどこにいても、美しく輝かしい一日であるように!

[PR]
by akikomoriya | 2015-05-21 08:41 | おしゃべり

みなさまのお作品

いつもながら
SBS学苑日本画講座のみなさまのお作品です♪
まずはDさま♪
もともと油絵を長くやってこられたDさま。
表現が達者です。
また表現したい事柄がはっきりとしていて
それに向かっての試行錯誤がひとつひとつ成功していらっしゃいます。
ダイヤの輝き、クジャクのしなやかな羽根
清々しい風景です。
e0240147_0151377.jpg


お次はHさま。
以前のお作品を手直しされました。
一度煮詰まってしまったものでも
時間が経つと
「ああ、こうすればよかったんだ!」と
見えてくることはよくあることです。
今回
緑の彩度を上げ、手前の木々の形を整え
所々ほんの少しの調整をしただけですが
ぐ~んと見栄えがよくなりました。
e0240147_0155976.jpg


最後
いつも斬新でモダンなIさま♪
緑がお好きで必ずと言っていいほど画面に緑が登場します。
緑は争いごとを好まない人が愛するお色でございます!
日々お孫さんやお子さんのことで色々とお心を砕いていらっしゃるご様子。
お優しいのだなと思います。
無造作に置かれた大輪の椿が
見る人の気持ちを大らかにしてくれます。
e0240147_0162351.jpg


明日もお教室です♪
皆さまの笑顔にお会いできることをたのしみにしております!

[PR]
by akikomoriya | 2015-05-20 00:24 | SBS学苑 日本画教室

ティク・ナット・ハンの詩

今日はベトナム人の禅僧ティク・ナット・ハンの詩をご紹介します。


「悲しみで一杯の時、無理やり笑うなんて不自然ではないですか?」

〜そう問うてくる友人に、私は言いました

それでも、自分の悲しみに
微笑んであげることは出来るでしょう
私たちは「自分の悲しみ」以上の存在ですから

人間はテレビの様なもの
何万ものチャンネルを持っています

「ブッダのチャンネル」に合わせれば
私たちは「ブッダ」に

「悲しみのチャンネル」をつければ
「悲しみ」に

「微笑みのチャンネル」に合わせれば
「微笑み」そのものになるのです

あるひとつのチャンネルに
自分を独占させてはいけません

「総ての種」が
私たちの中に有ります

起きている状況をしっかり把握し
 人生の「主権」を自らの手に取り戻すのです。

          〜ティク・ナット・ハン
e0240147_18573037.jpg


「…にもかかわらず笑顔で」という生き方は、素敵だなと思っています。
人から見たら、そんなひどい状況!と思われる中でも、小さな「ありがとう」や「よかったな」を発見したり、ちょっとでも笑える話を考えながら過ごし、…にもかかわらず笑顔ですごす♬

そんなふうに自分の感情をほんのちょっとコントロールしながら日々過ごしていると
ふと気付いたとき、奇跡とも思われるような素敵な展開のレールの上を歩いていることが
誰にでもきっとあるものだよね…

それで
落ち込んでる人に、なんとか励ましたくてそんな話をしようと思ったんだけど
なんかムッとされてバカみたい、となって
それっきりメールが来なくなっちゃったことがあった。

ティク・ナット・ハンの言葉はあたたかく深い。
こんな風に話してあげればよかったんだな、と今日はしみじみ思いました。
もう会うこともないだろうそのお友達が
今日も笑顔でいますように…


[PR]
by akikomoriya | 2015-05-16 18:58 | おしゃべり

てんとう虫

帰省している長男と一緒に
日本平山頂へ。
「歩こうよ」というので
日本平ホテルに向かってとことこ歩く。

途中クローバーの群生に
てんとう虫がたくさんいるので思わず撮影していると…

ありゃりゃ
カメラのレンズに飛び移った!

e0240147_1232991.jpg


しばらくして
無事に花の上に着地させる

e0240147_125593.jpg

は~やれやれ

まったりまったり
長男と私はゆるゆる時を過ごすところが似ています…

「あんたも母親と歩いてくれるなんて親孝行だねえ」
と言うと
「うん。妹がいればまだしも
いないとさすがに恥ずかしいけどねえ」
と言う。

あはは~
でも日本平に行こうって言ったのあんたじゃん…

帰省してぐーぐー寝て
昨日、また元気に出掛けてゆきました。

小学校入学前に夫が
「世間ではナンバーワンよりオンリーワンとか言ってるけど
お父さんはナンバーワンが好きだから
小学校に行ったら何でも一番になれるように頑張りなさい」
と、夫としては最高の激励だったのかも知れませんが
それを言われたときの息子は
とても辛そうな顔をしていた…

そして3日ほど考え込んで
意を決したように夫に向かって行き
「お父さんごめんなさい、僕は小学校に行っても頑張りません」ときっぱりと宣言したことがありました。

以来ずっと何があっても頑張らなかったけれど
ついに昨年11月から頑張り始め
希望の大学になんとか入ってしまいました。

しかも会場選択の都合でおまけで受けた「地理」は
おまけなので当然勉強時間0なんですが
学年1位でした…
ありえない…
一生懸命頑張ってきた人に申し訳ないよ…

運だけで綱渡りみたいに今日まで生きてきたけど
この子もやっと頑張れるようになって
やっと将来について少しは自分で考えられるようになって
なんだかホントに
やっと生まれてきた…
この子が生まれてからはじめてホッとできた

今までずっとのんびりぼんやりしてきた分
いっぱいいっぱい輝いて
本当に幸せな人生を歩んでね!

それでまた
時々はお母さんと
のんびりまったりお散歩してください♪


[PR]
by akikomoriya | 2015-05-07 12:17

芽吹きの季節

e0240147_8125553.jpg

連休に入り
大学に行っていた長男が帰ってきました。
入学式から1ヶ月
早かったね~

少し痩せたようですが
笑顔です。
静岡に来てぐーぐー寝ています。
疲れたねぇ…

入寮の日は
800人いる入寮生の中で
息子の荷物だけが迷子になり
届いたのが夜8時!
無事に入学式は終わったものの
翌日英語のテストでは
広いキャンパスの中で一人迷子になり
さらに自転車で転んでお気に入りのシャツに穴が空き
テストは遅刻…

お風呂に行けば終了していて
食堂に行けば終了していて…という調子で
何をやるにも3テンポくらい遅い…


でも
何だかおしゃべりになったみたい
場所も人も、自分にあってたんだね。
あってる、と自分でも言っているし
ほんと良かった…

今までは
先のこと考えると気持ち悪くなると言って
何でもギリギリになってからやっと動く子だった。
運だけはいい子なので
センター試験も自己最高点だったけれど
実際勉強を始めたのは11月頃だったと思う。

それが
連休明けに提出する課題に早速取り組んだり
学校を出てからの将来のことも話したり

今までずっと
羊水の中でぷかぷかと夢を見ているような子でしたが
やっと生まれてきたような印象を受けました。
たった1ヶ月でこんなに変わるんだなとびっくり…
羊水の中でぷかぷかしながら
お腹の外は怖いな~
生きてゆくのは面倒なことだな~と
ぐずぐずしながら
のんびりと過ごしていたような子でした…

今の時代
ケータイもあるし
いつでも声が聴けるし
思ったほど寂しくもなく
宅急便も翌日届くしで
あまり離れている感じがしない。
でも
一人で暮らすようになってちゃんと成長している

本当に有り難い
有り難いとしか言いようがない…
本当に有り難うございます…

[PR]
by akikomoriya | 2015-05-05 08:30 | おしゃべり

光明遍照

今日は八十八夜
清々しい茶摘み美よりの空が広がっております。

この晴れやかな朝に
富士山の絵がお嫁入りいたしました。
e0240147_1483177.jpg


タイトルは
「光明遍照」高天原のイメージで描きました。
全面、極細の金の砂子を撒いて
透明感ある明るい金色なのですが
上手く写真に撮れなくて残念!

お嫁入り先で長く愛されますように。
また
たくさんの幸運を呼び込むお手伝いができますように!

今日は長男が帰省します。
「疲れたから帰る」と電話でポツリ。

1ヶ月よく頑張ったね~♪

「あんたの帰りを楽しみにしているよ!」
といったら
「えー」と言われる。
じゃ楽しみにしてないから、気をつけてきてねと言う。

私の質問攻めになるのが嫌なんでしょ。
わかってるよ~(>_<)

[PR]
by akikomoriya | 2015-05-02 14:02 | 日本画