<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シフトチェンジ


e0240147_854466.jpg

あちらこちらで紫陽花が美しく♪
我が家も色んな種類の紫陽花が咲いています。
掛川市にある加茂壮は菖蒲が有名ですが
実は紫陽花もすごくて、毎年新種の紫陽花を発表しています。
贈り物としても頂くし、自分でも買いに行くしで
知らないうちに我が家の紫陽花も種類が増えました。

子供のころから好きで、学生時代もよく描いていたけれど
紫陽花が日本原産と知ってからますますお気に入り♪

日に日に色が変わる美しさ・・・
花の中心をじっと見ていると
異次元に引き込まれるような幸福感を感じてしまう。
見ているだけで満足してしまって
わざわざ絵にする必要もないなと思ってしまう。


ところで明日6月20日は「難民の日」。
こうして自分の国があって、家があって、家族があって
自分は幸せの中にいるんだな・・・
と当たり前のことですが、しみじみ有り難く思います。
そして、とりあえずこの地球上から難民をなくすためには
先進国と名の付く国々が、武器の製造をやめて
武器の輸出をなくすことだと思います。

自分のやったことはいつか必ず自分に帰ってくるというのが
宇宙の法則だとすれば
武器を売り続けて儲けた国は
いつの日か必ずその報いを受け取ることになります。
日本はなるべく早くにシフトチェンジしなくては!

[PR]
by akikomoriya | 2015-06-20 08:48 | おしゃべり

天上の虹

今週の「歴史ヒストリア」は
里中満智子の「天上の虹」を軸にした
持統天皇の物語でした。
e0240147_22125319.jpg

32年に及ぶ連載がこの春終了しまして
里中様本当にお疲れ様でした!

持統天皇の物語を書くために漫画家になったという里中さん
掲載雑誌を何度かお引っ越ししたりと
途中様々なご苦労があったようですが
今となっては里中満智子の代表作となりました。

実は私・・・
もしも自分に過去世とか前世があったとしたら
持統天皇のお側にお仕えする采女であったと思いたいほどの
持統天皇ファンでございます!

と言うわけで
今回はフアン必見の歴史ヒストリアでございました(^^)/

再放送は17日水曜日午後2:05~です!
お時間のある方、是非ご覧下さいませ!

万葉好きの人々からは必ずと言っていいほど「悪女」扱いされる持統天皇ですが
その功績の全貌を見れば
一般peopleは知るよしもない
まさに千年先の日本を見据えての決断と決行
今の日本があるのは
持統天皇の功績あってと言っても過言ではありません!
確固たる一点を見つめて邁進し続けた
孤独で孤高な人生が見えてまいります。

また恋の歌が多い万葉集ですが
持統天皇の場合、恋の歌はない代わりに
冷静で知的な示唆的な歌がいくつかあり
その一方で
決して浅はかではない深い深い情を感じます。

番組では話題になっていませんが
伊勢の祭祀と式年遷宮を整えたのも持統天皇!

また夢占のできる
巫女的女性であったことは知られているのですが
役の行者が本拠地を構える吉野に
31回にも渡る異例の行幸を行ったことや
死の前年に現在の浜松まで赴いていることも含め
その理由は
未だ謎に包まれています。

この時代基本的に天皇という存在は滅多なことでは外出できるものではなかったのですが
(普通在位中はせいぜい一、二度紀伊に温泉に行くくらい)
あまりに謎な行動の多いのが持統天皇の特徴でもあります。

番組の最後に里中さんの言った言葉
「人にわかってもらおうと思ったら何もできない。
100人いたら100人に理解してもらえれば安心だけど
それをやっていたら何もできない
持統天皇に本当にお疲れ様と言いたい」
というコメントが心にじんときました。

この天上の虹もまた
どれほど困難な道のりだったことでしょう。

32年間ホントにお疲れ様です!
そして
悪女扱いされてきた持統天皇の汚名を返上してくださって
本当に有り難うございます!

は~また奈良に行きたくなっちゃったです♪



[PR]
by akikomoriya | 2015-06-12 23:10 | おしゃべり

蛍鑑賞会

e0240147_1953534.jpg

じめじめした季節ですが
雨の日はそんなに嫌いではありません。

娘の誕生日が6月だし
紫陽花も大好きなので
あと
蛍も見られるし。

月曜日は静岡浅間神社の蛍鑑賞会に行ってまいりました。
幼稚園から高校までは確かに教会に通っていたのですが
大学に行って日本美術を勉強するようになってからすっかり神道フェチになって
今は静岡浅間神社の崇敬会会員でございます♪

蛍鑑賞会は
会員は4名まで無料ですが
一般の方も300円で見られます。
今年は6,7,8日の三日間でした。

旧社務所の中庭で育てている蛍を
畳のお部屋から鑑賞できます。
古い建物なのでとなんとも風流であります。

毎年欠かさず見に来る浅間神社の蛍
昨年は長男もいっしょだったのに
今年は二人だねと話す。

先日、新聞の文芸欄の俳句で
うろ覚えなんだけど
「四人 三人 そして一人の夕食作る」・・・みたいな句があって
段々家族が減る寂しさって
誰でも通るものなんだなと思った。
再来年の今頃は
うまく行けば娘も大学生
するって~と・・・蛍も一人で見るのか・・・

忙しくしてないとやっぱり寂しいなぁ
むやみに仕事を増やすのもいけないけど
暇だとよけいに寂しいからね・・・



[PR]
by akikomoriya | 2015-06-10 19:15 | おしゃべり

ジャポニスムふたたび 6

「ジャポニスムふたたび」の6回目が
6月5日の静岡新聞夕刊に載りました。 
e0240147_2115370.jpg

戦後70年に知る公望公の先進性
                         日本画家 森谷明子    

静岡市興津にある坐漁荘は、幕末から昭和を生き抜いた元老、西園寺公望の別邸である。徹底した平和外交で知られ、その進歩的思想ゆえに暗殺の危機にさらされる身となり、晩年はこの「坐漁荘」にて日本の将来を杞憂しつつ、太平洋戦争勃発の前年この地にて他界した。
その公望公は1900年(明治33年)のパリ万国博覧会における日本ブースの出展にも深く関わり、ジャポニスムを積極的に推進する優れた文人でもあった。公望公をはじめとする政府高官らのジャポニスムへの期待とは、軍事力ではなく文化の高さをもって日本の価値を世界に知らしめることであった。
日本の文化である「和」とは、人と人、人と自然、人と宇宙がひとつに和する試みである。和歌俳諧に始まり、茶花道、武道、建築造園、絵画工芸に至るまで、和の文化に触れる者は多かれ少なかれその深遠なる精神世界を垣間見ることになる。それは世界に対し新しい価値観を提示するとともに、日本の価値を高めることにも繋がる。「強い国ではなく尊敬される日本に」というのが公望公の理念であった。
ジャポニスムを推し進める人々の、文化の相互理解をもって戦争を回避させようとする理念は、奇しくも第二次世界大戦直後に発足したユネスコがその憲章の前文に掲げる趣旨と見事に重なる。それを思う時、公望公がいかに進んだ視野を持った人物であったかを思い知る。 
 ところで以前、公望公の曾孫にあたりユネスコ国内委員もつとめる西園寺裕夫氏からご自身の活動について伺う機会があった。日本の古き良き心を世界に伝えるべく、地球規模の「和」の試みを提案しているとのこと。文化の力によって世界に平和をもたらすことができるのならばこれほど素晴らしいことはない。「和の国日本」が担う役割は今後ますます大きい。

[PR]
by akikomoriya | 2015-06-05 21:02 | 日本文化

空を見上げて

e0240147_8352878.jpg



空を見上げることが好きなので、朝な夕なと空を見てしまいますが
阪神大震災の前夜、地震雲を見てしまい
これにはちょっとビックリでした。

昨日の朝
静岡の空一杯に、幾筋もの鰻の皮のような雲が・・・
ネットでも静岡を中心に日本全国で
「これって地震雲?」というような雲が
あちらこちらで見られたようで
たくさんの投稿がありました。

鳥たちもいつものように鳴いていたし
あたりは別段変わった様子もなかったので、まあ大丈夫だとは思うけど
万が一の時の家族の集合場所を再確認してしまいました。

ここのところ火山の爆発が多すぎます。
チリ、インドネシア、日本・・・
ネパールの地震も含め環太平洋の地下が動いていることは確か・・・

マスコミ等ではほとんど話題にならないけど
私はやっぱり近年の異常気象は地下核実験が主たる原因だと思う。
放射線が地表に漏れてこなければ安全というのはあまりに安易な言い訳のように思う。
むしろ地下に封じ込められた熱と衝撃が、地殻や地軸に影響しているんじゃないかな・・・
地球はそんなに大きな天体ではないし
生命体としてのバランスは限りなく繊細。
この70年で大気圏内も含めて2000回以上も核実験をやっているのだから
やっぱりもう限界なのではないかと思ってしまいます。

明日という日が地球上どこにいても、すべての人々にとって幸せで平和な一日であるように!
そして今日という一日を穏やかに過ごすことができ心から有り難う・・・



[PR]
by akikomoriya | 2015-06-05 08:39 | おしゃべり

丸子 和楽の器

最近ちょっと疲れ気味で、仕事の帰りに丸子をぶらっと♪

萬里子茶屋で揚げとろを食べて、和雑貨の「和楽」で丹波のマルチカップを買いました。

今までは益子焼をコレクションしていたのですが、最近はこの「丹波」がお気に入り♪
娘とお揃い、微妙に柄違いでございます♪

会ったこともない誰かの丁寧な手仕事が、カサカサした心をほっこりさせてくれる・・・

はぁ~~・・・丸子はいいねぇ・
e0240147_13183490.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2015-06-04 13:18 | おしゃべり