<   2016年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Readyfor公開はじまります!

e0240147_963414.jpg

ご紹介しております「国褒めの歌 巻一」
インドが最後の一枚となりました。
ヨーガをやっているお友達から
ヨーガのお教室では最後に必ず唱えるという
マントラを教えていただき
大急ぎでサンスクリット語の表記を探してもらいました。

画面にそれをトレースして描き込み
は~すべて完了!

なんとマントラの内容は
すべての人々の健康と幸せと平和を願う文言なんです。
ヨーガは奥が深い・・・
宇宙と繋がるヨーガのマントラでこの詩画集第一巻の制作を終わらせていただき
感無量です・・・

バタバタしている内についにReadyforの公開が明日10時と迫りました。
こちらも何とか準備が間に合いました(^^;)

もし、ご購入をお考えの方、ぜひこのサイトを通して
できればここ数日でのご協力お願いいたします m(_ _)m
出版後、定価+送料でご購入いただくより
こちらのサイトから「出版費用支援」を通してお申し込みいただいた方が
断然お得になっております。

https://readyfor.jp/projects/8220

買って買ってと言っているようで(実際言っている・・・)
とても気恥ずかしいですが・・・
ぜひよろしくお願いいたします!

何故この本を作ることになったかそのきっかけや
各大使館からのご協力の様子など
詳しく紹介されていますので

6月1日午前10時から!

ぜひReadyfor のぞいてみてください。

ではでは今日も一日
世界の平和と幸福は
ヨーガの瞑想の中に・・・!

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-31 09:06 | 国褒めの歌

平塚での朗読会

e0240147_9122274.jpg


昨日は、絵本「あの日」の朗読会で
平塚に行ってまいりました。

主催してくださったのは
「平塚防災まちづくりの会」の皆様です。

1月に静岡ボランティア協会の主催で行われた
絵本の朗読とおおつち保育園の先生方との交流会に出席してくださって
ぜひ平塚でも!と企画してくださったのです。

実はほぼ初対面の皆さま・・・なのに
何故か会が終わった後の打ち上げまでご一緒させていただいて
日頃、お酒の場はほんっと~に苦手(^^;)なんですが・・・
どういうわけか
初対面の皆さまに混じって、図々しくも心から楽しくおしゃべりさせていただきました!

自分でもビックリビックリビックリ!
様々なお立場や肩書きのあるスタッフの皆さんは、
防災を通じて
町全体のあたたかな繋がりを深めようとされている気がしました。

また、この企画を中心になって進めてくださった方は
なんとこの絵本を
とじ目がはずれてしまうほど
何度も何度も読み込んでくださり
また書き込みですでにボロボロになっていて
それを見て胸がいっぱいになりました。

さらにこの朗読会のために特別にBGMも付けてくださり
選曲のために鎌倉まで探しに行ってくださたっとか!

この絵本は
ひとつひとつが偶然とも思われることの積み重ねで出来上がっていて
自信の無いままの見切り発車だったけれど
いつも背中から誰かに押されているような感覚がありました。

今思えばそれはきっと
「天国に行って天使になったおともだち」だったのかな・・・と思います。

辛い経験を無理して語ってくださった園長先生は
津波でなくなった子どもたちのことを
「死んだ」とか「亡くなった」とは決しておっしゃいませんでした。
絵本ではその想いを最大限反映しようと思っていました。

死んでしまったのではない
天国でちゃんと今も生きていて
笑っていて
見ていてくれる・・・
その確信を少しでも強めていくためにも
この本は形になる必要があったのかな、と思います。

辛い経験を視覚化させ、形として残してしまったことの難しさはこの先も続くとは思いますが・・・
きっとまた天使達のお導きで
今回の平塚の皆さまとの出会いのような
素敵な出来事が重なってゆくといいな・・・と思います。

平塚の皆さま
本当に有り難うございました。

写真を載せたかったのですが
皆さまのお顔が映るので
何故か昼食の「ドレスオムレツ」です♪

ではでは明日も一日
あたたかな世界は一人ひとりの手のひらの中に!

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-30 09:10 | 絵本

広島のお友達



e0240147_20442726.jpg

大学時代広島出身のお友達が
世界の多くは正義のために戦うけど
正義の前に平和があるって・・・
とても説得力のある言葉だった。

彼女が中東を旅したとき
それでもなお、平和より正義を貫くべきという人がいたので
「私は広島出身です」と言ったら
相手は黙った、といっていたことをよく思い出します。

日本人が思うよりもっと
世界は日本に注目している。
日本人が何を語りどう動くのか。

広島、長崎の人達が平和を訴え続けることは
決して容易なことではないけれど
広島、長崎が動いてくれないと
他の日本人は動きにくいっていうのはある。

それとまったく同じように
世界中にいる核無き世界を求める人々にとって
日本人の動きは本当に要となっているはず。
日本人が黙り込んで核を受け入れてしまうと
世界中の反核を求める流れもきっと止まってしまう。

沖縄も、福島も、みんな大変・・・
勇気を出して声を上げる痛みを負った人々を
同じ日本人として
ちゃんと支え
ちゃんと理解し
自分のこととして考え行動していきたい。

広い世界からみれば
私という人間も「被爆国・日本」の確かな一人なんだから。

ではでは
明日も一日
美しい世界は一人ひとりの手のひらの中に

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-28 20:44 | 平和な世界を求めて

素敵な週末



e0240147_853587.jpg

e0240147_864249.jpg

爽やかな季節
昨日はギャラリーsensenciの20周年記念「たまご展」を見に行きました。
いろんな卵、たまご、タマゴ、tamago・・・
何かが生まれ出ずる温かさに満ちた展示でした。

思えば人間も
お腹の中では卵でありました・・・
不思議なことです。

しかも
卵の形はほぼ全世界共通で、まる!

まるはあたたかく
他を受入れ
あらたな何かを生み出し作り出す。

オーナーの方のあたたかなお心遣いにも
心がホカホカ・・・
しばし時を忘れました。

今日は今日で
Knots if Artの主催するクラシックコンサート
KIRI String Quartetの弦楽四重奏を聴いて参りました。

生演奏は耳だけで聞いているCDなんかと違って
からだ全体の細胞が揺さぶられる・・・

ビバルディもバッハもこんなに繊細だったかな・・・
ドボルザークはこんなにあったかだったかな・・・

なぜか涙が出てきて
体中の細胞が振動を受けて浄化された気がしました。

楽器が奏でる音って
聴覚では聞き取れない振動もたくさん出ているのでしょうね。
それが心に効きいたように感じました♪

また一週間が始まりました♪
世界中の五月が
爽やかに、キラキラしく
輝いていますように・・・
(あ、南半球は秋ですが、秋も秋なりに、キラキラしく・・・)
e0240147_854962.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-24 08:06 | おしゃべり

国褒めの歌 2


今日も気持ちよく晴れました♪
梅雨にはいるまでのこの時期は気持ちがいいですね~!

さてさて
ご紹介しております詩画集
「~日本からの贈り物~ 国褒めの歌 巻一」ですが
なんとか8月頃には出版できそうです。
今、クラウドファンディングのReady forでプロジェクトの申請中です。

もしこの本に興味を持って下さるようでしたら
出版してから定価でご購入していただくより
Ready forで先行予約していただく方がかなりお得になります。

また近くなりましたら御案内させていただきますm(_ _)m

この本を作るきっかけは
大学時代の愛読書、立花隆の「宇宙からの帰還」です。

地上では感じることの無かった神秘体験を
宇宙飛行士の多くが感じるというもの。
ピースフルでハピネスでな感覚・・・

それならば地上にいながらにしてそう言う気持ちになれる本があったらいいな、と思って。
それが私なりの世界平和へのアプローチでした(^^;)

これは冒頭のページ
ぱっと見、写真に見えますが
ちゃ~んと日本画で描いてあります。

添えられる詩は白抜き文字で入る予定です。

詩もちょっとだけご紹介♪

~ ~ ~
e0240147_221927.jpg


月から地球を眺めたならば
あなたは何を思うだろう
青く 青く ただ青く
かがやく地球のうるわしさ

そしてそこに住まう
70億もの人々のこと

肌の色が違っても
信じている神様が違っても
その人たちのことで
涙が流れるのは何故だろう

この本をめくりながら
ぐるりと地球をひとめぐり

青く 青く ただ青く
かがやく地球の平安を
祈らずには いられない

~ ~ ~

ではではまた明日も一日
素敵な出会いと発見の充ち満ちる一日でありますように!
素敵な週末をお迎え下さいませ★

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-21 21:56 | 平和な世界を求めて

国褒めの歌

e0240147_16283131.jpg

少しずつ
雨の季節です。
雨の日は嫌いではありません♪
雨音を聞きながら
お庭の草木が濡れている様子を見るのは
とても落ち着きます。

とはいえ
最近あれやこれやと忙しくしております。
マリアちゃんのお散歩もカメラを持ってゆっくり行っている暇が無くなり
しばらくぱたぱたしています。

というのも
「あの日」の再版と
牧羊舎の立ち上げ。
そして詩画集「国褒めの歌」の出版に向けて
毎日ぱたぱた・・・

今日アップした画像は
「国褒めの歌」の表紙になる絵です。
月から地球を眺めているように
あるいは
手のひらの中で地球を包んでいるように
いつもいつも地球のことを想いながら日々暮らしてゆけたら幸せです。

各国大使館のご協力を得ながら少しずつ制作をすすめてきた「国褒めの歌」。

また少しずつご紹介していきます♪

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-19 16:28 | 平和な世界を求めて

みなさまのお作品!

少しずつ雨の季節でございます♪
今日のような日は
お気に入りのお香を炊いて
ゆるゆる絵を描くのが幸せであります。

しかしながら
今日も一日慌ただしい日でありました。
は~やれやれ!

さてさて
みなさまのお作品でございます!
実はとってもお久しぶりでございますm(_ _)m


e0240147_2051999.jpg

まずはIさまのお作品♪
春先の大瀬崎です。風景画はほとんど描かれたことのないと言うIさま。
いつもは大胆な静物画を描かれますが
風景も頑張りました。
試行錯誤でここまでまいりました。
もっともっと、と色を重ねていくうちに
段々と欲も出て、味わい深い作品になっていきます。

畑の緑も随分深くなりました。
単調になりがちな菜の花もよく描けています。

まったりまったり春の伊豆半島・・・
一目で大瀬崎と分かるから凄いですね~!

手前の霞の感じが春らしさを感じさせます。

はじめての風景画でちょっと遠慮がちに仕上がりましたが
次回はもっともっと霞掛けていいですよ。
じゃんじゃん行っちゃいましょう!



e0240147_20545044.jpg

続きましてNさま
器用で手早いNさま。
富士山はもう何作目でしょうか?わたしよりたくさん描いていらっしゃるのでは?
赤の色を悩んでおられましたが・・・
こうしてみると違和感はないですが、ご本人的にいかがでしょうか?

朱の赤色は沈みがちですから
粗めの緋色で仕上げておいても良かったかな?

ちらちら見える金箔がアクセントになってます。
朱、緑青、群青・・・
なんて言うか、こういう大胆な色づかい
私はなかなかできないので
羨ましく、そして刺激になります。
見ていて気持ちのいいお作品です。

e0240147_20565759.jpg


お次はHさま
昔のお作品を納得するまで描き直しておられました。
緑青は涼やかな色です。

芽吹きの頃の少し冷たいか空気感と
淡紫末の芽が独特の雰囲気を出しています。

淡紫末の絵の具を、描いては消し、描いては消し・・・
なかなか決着が付かなかったけれど
こんな感じでどうでしょう?

素敵ですよ♪

ちょっとレトロで中世的な色づかいのHさま。
描きとるものも、ちょっと変わった視点や
意外な面白みを探していらっしゃるのが分かります。

とても刺激になります・・・

e0240147_20512456.jpg


最後はSさま
全体を茶色で統一して色目を押さえ
細かな描写で味わいを出しています。

丹念に重ねられた背景の滲みも綺麗です♪
筆の向きを工夫したことで
栗の丸み、葉っぱのごわつき感など
しっかり描き分けていて、お上手です!

今がちょうど夏に向かう季節だからぴんと来ないかも知れないけど
冬の始めにまたこの絵を見たら
あったかさと優しさを、ほっこりほっこり感じることと思います。

お人柄滲み出るSさまのお作品です。


ではでは皆様
明日のお教室も楽しく過ごしてまいりましょう!
いつもたくさんの笑顔と優しさを、本当に有り難うございます。

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-17 21:26 | SBS学苑 日本画教室

ジャポニスムふたたび

e0240147_23191661.jpg

静岡新聞13日金曜日 夕刊 文化芸術面です。「ジャポニスムふたたび」の13話目は、幻の寺、建穂寺です。

~♪~♪~♪~♪~♪~

ジャポニスムふたたび
   
建穂寺の古仏と明治の廃仏毀釈      日本画家 森谷明子
 
白鳳時代に開基された「建穂寺」といえば、その名を遠く都にまで轟かせた駿河の名刹である(現在の静岡市葵区羽鳥)。しかし、多くの僧坊を抱え大伽藍を誇ったその建穂寺も現在しない。明治初年に廃寺となり、かろうじて仏像のみが地域の人々の善意によって保存され往時を偲んでいる。
「明治」と言う時代は難しい時代であった。「開国」と「政変」、ふたつの緊急事態を同時期に迎えるという、何とも慌ただしい時代であった。未だかつてない価値観の大転換の中で、得たものもあれば失ったものも多い。
西欧諸国でジャポニスムの波が席巻していた時を同じくして、皮肉なことに国内では、自国の文化を低く見なす風潮が広がり、特に打撃を受けたのが仏教文化であった。偏った宗教観の元におこった「廃仏毀釈」は、極端な欧化政策と仏教界への反発もあいまって、多くの寺院が廃寺へと追い込まれ、全国各地の仏像が打ち壊された。奈良や京都でも今では考えられないような大規模な仏像の廃棄があり、海外へ売却されたり、薪にされたり、山積みのまま雨ざらしになっていたものもあった。
興福寺の阿修羅や四天王をはじめ、それら数千体に上る仏像を救い修復させたのは、岡倉天心という一個人の、生涯掛けた命がけの保護運動である。政府の欧化政策にそぐわない、日本文化保護運動は難航を極め、天心は公職を追われる身となる。しかし、時流に惑わされることなく、確かな眼力を貫いた天心の信念と、彼を信じた仏師らの働きがなければ、今頃京都奈良に行ったところで、拝観すべき仏像はなかったのである。
飛鳥朝以来、人々の心の拠り所であり、日本美の極みでもあった仏像を、日本人自らが打ち壊すという狂気の沙汰が、かつてこの国にあった。そして例外なくこの静岡の地にも。
日本文化の守り役は、ひとりひとりの善意に託されていることを、物言わぬ建穂寺の古仏らもまた、伝えているのである。

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-13 23:19 | ジャポニスムふたたび

「あの日」 完売になりました♪


e0240147_7354192.jpg


昨日の静岡新聞夕刊に絵本「あの日」が2年で6000部完売となった記事が載りました。
書店に置かず、口コミや、保育関係の研修会、絵本原画展や読み聞かせ会で広がり、多くの方々の手に渡りましたこと、心から有り難く思いました。

静岡県ボランティア協会が窓口になって下さってましたが
2年でひとくぎりということで
今後は牧羊舎で扱うことになりました。


今月5月29日は
「ひらつか防災まちづくりの会」が主催するイベントで
朗読と原画の展示があります。
少しずつ、県外にも広がっています。

牧羊舎連絡先は
tel/fax054-207-7325
mailはbokuyosya@yahoo.co.jp
です。

実は牧羊舎は
「子ども、地球、未来」をテーマに
私が個人的に立ち上げた個人事業の本屋さんです。
大手の出版社を通さずに
自由に森谷明子のオリジナル絵本を制作・販売したくて準備していたのですが
この春、思いがけず「あの日」を扱う運びとなりました。びっくり!

オリジナルの絵本も再来月にはご紹介できると思います。

ではでは今日も一日
世界中の子どもたちとこの青い地球が
ますますもって希望に充ち満ちる一日でありますように!

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-13 07:35 | 絵本

娘からの花束

e0240147_22202751.jpg

今日は母の日で娘からサーモンピンクのカーネーションの贈り物♪
いつもありがとうね。

昨冬からくたばりがちだった娘が
少しずつ回復していて
最近ふと気が付いたのだけど
娘の「ありがとう」と「ごめんなさい」が
昔よりずっと深いところから発しているように感じる・・・

口先だけでなく
心からの有り難うと
心からのごめんなさい
そして
相手が喜んでいるときは
心からのよかったね、が言えるように
そう願ってきたけれど

心身ともに辛い時期を乗りこえて
この子も少しだけ大きくなったんだな、と思いました。

この先もずっとそばで見守らせてね。
あなたがお母さんになって、おばあちゃんになって行く姿まで・・・

ではでは明日も一日
美しい世界は一人ひとりの手のひらの中に!

[PR]
by akikomoriya | 2016-05-08 22:20 | おしゃべり