<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「あの日」再版しました

e0240147_20304794.jpg



遅れておりました「あの日」の再版ですが
先週やっと印刷屋さんから届いてきました。

絵が少しだけリニューアルして
巻頭の言葉も加わりました。

私に直接注文してくださってもいいですし
静岡県ボランティア協会に注文してくださってもOKです。

先日お友達になったばかりの宮城県の方からお電話があり
「あの日」を読んでいたら涙が出てしまって
そうしたら日頃あまりおしゃべりが得意でない4歳の息子さんがそばに来て
「みんな有り難うね」と突然言ってくれて、びっくりしたとのこと。

絵本の中に出てくる「天使になったおともだち」が
一瞬、息子さんと繋がったのかな?と話しました。

実話であり、ご遺族の方もいらっしゃるし
この出来事を一生忘れることなく
生きて行かなくてはいけない方達のことを思うと
決して「めでたしめでたし」で終わることのない
この先もずっと続く物語の一片を切り取って
こうして視覚化させてしまうことに
ずっと抵抗があって
この絵本を作って本当に良かったんだろうかとか
今も悩み続けていますが
宮城のお友達が今日
「夫とも話したんだけど、亡くなった人に対する一番の供養は
その人のこと、思い出すことだと思うのです。」と言って下さいました。

宮城のお友達の町でもたくさんの方々が亡くなり
日々、否が応でも津波の傷跡と向き合いつつの日常を過ごしておられるのだと思います。

天使になった子どもたちのことを忘れないでいること
あの出来事を忘れないでいること
体験した人間ではなくても
同じ日本人としてそれは必要かな・・・
とあらためて思いました。

色んな意味で
忘れないこと、それは大切だなと思いました。
囚われるのではなく、後ろばかり向くのでもなく
前を向きながらも、忘れないこと。

私の知らないところでもすでにあちこち朗読会が行われていて
もうこの本はどんどんひとりで歩き始めたのだな、と最近思います。

天使になったお友達のお導きに従い
この絵本は少しずつ広がっています。

ではでは
明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望の膨らむ清々しい一日でありますように!

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-30 20:31 | 絵本

平小次郎将門

e0240147_16495171.jpg



八重咲きのどくだみ
はじめてみました。

どくだみの匂いを嫌う人は多いけれど
私は好き。
「匂い」、じゃなくてどくだみの「香り」って言ってあげよう。

大学時代
どくだみが地面いっぱいに咲いているちょっと日陰の場所で
ず~っと座ってスケッチしていたら
後からお友達に
「え~あそこ出るって有名じゃん!よく平気だったね」と言われ、逆にビックリ!
しかも甲冑姿のアレが出るんだそうです・・・

筑波大学の敷地は
平将門の乱の激戦地だったようで
「首洗い沼」とか「血洗い沼」とかいう池があったように記憶しています。

将門といえば
小学校2年生の時
NHK大河ドラマで「風と雲と虹と」がモーレツ好きで
加藤剛が演じる平将門にはまりまくっておりました。
加藤剛といえば、チョンマゲ姿の大岡越前を思い出す人は多いでしょうが
私の中では髪ボッサボサで野馬を乗り回している将門さまでございます。
あの、髪ボッサボサがよかったのであります・・・
「風と雲と虹と」の将門さまは私の永遠の王子さまでございます・・・

というわけで、歴史上の将門もきっとあんな風に素敵な方だったと勝手に妄想し・・・

筑波大が将門の乱の激戦地であったと知り何故か嬉しく
どくだみをスケッチしていた場所で
もしかしたら時空を越えて将門様に会えるんじゃないかと
危険なことを考えたりして

かなり妖しい女子大生でありました・・・

蒸し暑い夜にうっとうしい話題を失礼いたしました。
ではでは明日も一日
晴れやかな気持ちで過ごすことが出来ますように!

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-28 22:26 | おしゃべり

それぞれの国褒めの歌

e0240147_22224390.jpg



少し早いけれど
ひまわり♪
最近、一般家庭のお庭では、あまり見なくなったな~と思います。

今日は静岡大学の留学生の授業で
宿題にしていたそれぞれの国の「国褒めの歌」を
書いてきてもらいました。

日本語が苦手な人のために
日本語と英語の両方で書いてもらい
回収したレポートをぺらぺらとめくり始めるやいなや
涙がどわ~

授業中ですよ、泣いたらダメですよ~と
内心自分を叱りつけ
誰にも気付かれないようにタオルで拭き拭き・・・

どんな子どもにとっても自分のお母さんが世界で一番なように
どの国の人にとってっも自分の国が一番愛おしい
その当たり前の事実にあらためて涙が溢れ
留学生達のまっすぐな表現に心打たれました。

インドネシアから来た生徒の詩にこんな一節があった。
~インドネシアには
「私」ではなく「僕」でもなく「私たち」がある。~

常に家族や近所の人々との笑顔の交流を心がける
インドネシアのお国柄を
思い知ったように感じました。

「個」の自由がないのではなく
「個」というものが
家族や自然や多くの人々とのあたたかな絆の中に存在していることを
彼らは知っているのだなと思いました。

インドネシア、余裕が出たら行ってみたいな・・・
ではでは明日も一日
美しい世界は
一人ひとりの手のひらの中に・・・

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-28 22:23 | 平和な世界を求めて

沖縄戦慰霊の日

e0240147_217056.jpg



雨に濡れる紫陽花
紫陽花は雨が好きね♪

雨音を部屋の中から聞いているのはとても気分が落ち着くけれど
朝からカッパ着て全身びしょぬれになる生徒達のことを考えると
とにかく事故無く無理なく通学ね!と思います。

昨日は沖縄戦慰霊の日
みなさまそれぞれに思うことがあった一日だったのではないでしょうか?

なんとなく通り過ぎてしまうことだけど
実は沖縄は150年前までは
独立した王朝の国であって日本ではなかった。
それが
日本が始めた戦争で
一般市民を巻き込む悲惨な戦闘に・・・
日本全土で米軍の上陸があった唯一の場所です。

沖縄は、日本に併合されて、とんだ目に遭ってしまった・・・
そのことを本土の人々はつい忘れてしまいがち。

でもその沖縄は、
本来本当に日本とは無縁であったかと言えばそれどころではなく
日本人を日本たらしめている縄文のDNAは
琉球の系譜が一番近くアイヌよりも近い
また縄文の言語も
古琉球語のものが最も近いと言う説がある。

しかも
日本の天皇家は奈良の三輪山で王朝をはじめましたが
古事記を読めば分かることですがそれ以前は九州におりました。
九州の地元の豪族の姫を次々婚姻関係を結び
九州全土を平定したあと、大和の三輪山に東遷しますが
九州でめとった姫の中には海神の娘「わたつみの神の宮」の豊玉姫がいます。
これが神武天皇のお祖母さんになります。

この話は「海幸山幸」伝説となり
また「浦島太郎」説話となり全国で語り継がれていますが
この「わたつみの神の宮」は「竜宮城」とも言われ
「琉球」の語源ではないかとも言われています。
「わたつみ」とは「海」の古語。

しかも
悲惨な激戦地でもあった与那国島は
古代遺跡の痕跡が海中から発見される場所でもあり
沖縄と日本の歴史、それも日本の古い古い歴史は、密接な関わりがあります。

日本が日本であるために古くから関わっていた
尊く気高い琉球の人々は
その日本の犠牲となり
今も苦しんでいて
それを放置している日本の有りかたは
現在の日本という国の状況をよくあらわしていると思います。

本当に日本という国の歴史を尊び
神話から現在に至る日本の歴史文化を国民に残していきたいならば
なおのこと
沖縄のことはもっともっと真剣に向き合っていかないと・・・

そんな風に思います。

ではでは
今日も一日、美しい世界は一人ひとりの手のひらの中に!

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-24 21:07 | 平和な世界を求めて

相馬高校の講堂

e0240147_18335684.jpg

相馬のお城の外堀にヒツジ草が満開でした。

12日の相馬でのイベントは本当に素晴らしくて
朗読をしてくださったラジオ福島の菅原アナが
ご自分の番組でもこのイベントのことを凄く褒めてくださったとのこと。
本当に嬉しい・・・

今回、日頃出不精な母が張り切って相馬にまで着いてきまして
実は母は幼い頃、相馬高校の敷地内の官舎に住んでおりました。
というもの私の祖父は
戦争前後、ちょうど相馬高校の校長職にありました。

今回のイベントは奇しくも
祖父が努めていた相馬高校の美術部が全面的に協力してくださって
あまりの偶然に、母も私もビックリ!

今の浜松北高校を首席で卒業した祖父は
国からの推薦を受けて国家の教育制度に尽力すべく人物として
授業料免除、生活費支給に加えこずかいまで支給されて
今の広島大に迎えられ
卒業後は福島県に派遣され、幾つかの高校で数学の教鞭を執りました。

当時どこの高校でもそうだったように
相馬高校の教え子も、何人も特攻隊として送られ
最後のお別れに母校の上空を何度も何度も低空飛行して
戦地へ行ったと聞きました。

終戦の瞬間
祖父は何を思ったのだろう
それまでは、君主や国家のために命を捧げることは当然のように思う
典型的な明治の人であったかも知れない。

けれど、あの戦争が終わって、遅からず気付いたと思う。
世界戦争というものが、それまでの日本の国内の戦いのように
仁義や礼節、忠信といった美学に支えられるものでは決してないと言うことを。

静岡に帰ってからは
貧しい生徒や、能力がありつつも機会に恵まれない生徒に声を掛け補習をし
何人もの生徒がそこから医者や弁護士になっていったと祖母が言っていた。
戦争のことは、死ぬまで誰にも何も語らなかったらしいけれど
贅沢もせず黙々と人のために働く生き方が、それを物語っていたように思う。

イベントの前日の夕方
母と相馬高校を尋ねて
戦前からある講堂の前で何となく空を見上げていました。

ここで特攻隊を見送り
ここでで終戦を迎えた祖父は
どんな気持ちで静岡に戻ってきたんだろう・・・

明治の人らしく忍耐を常とし
呼吸の困難を訴えたときはすでに手遅れで
入院してからあっというまに逝ってしまった。

優しくて、だじゃれ好きで、働き者だったおじいちゃん

また、ここからはじまるよ。
今、自分に出来ること、私も精一杯やってみるね。


e0240147_18343567.jpg

補強工事中の戦前からある講堂
e0240147_18345049.jpg

最後に母が大事にしている
当時、相馬高校の美術の先生が描いて下さったザクロの絵。
母の幼き日の相馬の思い出と共に、これは母の宝物です。
e0240147_1835296.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-17 18:37 | 平和な世界を求めて

日本的な自然観 モネの「睡蓮の間」

e0240147_17321945.jpg



静岡新聞 金曜日の文化芸術面です。内容がちょっと難解だったかなと、落ち込んでましたら、日本画教室のお生徒さんは「今回のが一番分かりやすかった~」と。ホントですかぁ~?
別なお友達からは、何度読んでもよく分からんと言われ・・・今後の方針を考えなくては・・・
★ ~ ★ ~ ★ ~ ★ ~ ★ ~ ★ ~ ★

日本的な自然観 モネの「睡蓮の間」              
            日本画家 森谷明子

初夏の水辺の風物詩、睡蓮。ぽつりぽつりと水面を漂う灯りのように、何とも可憐な花である。40年近い歳月、睡蓮を描き続けたモネも、毎年この季節を心待ちにしていたに違いない。
池全体を横から眺め、その一部として睡蓮を描いていた初期の作品にくらべ、水面のみを俯瞰し、光と陰のゆらぎの中に浮かぶ花冠に焦点を当てた晩年の作品は、モネと睡蓮が一層近しい関係になったこと感じさせる。
オランジュリー美術館の「睡蓮の間」には、日本の襖絵を彷彿とさせる睡蓮の大作がある。ジャポニスムの画家モネが、果たして日本の襖絵や屏風の実物を鑑賞する機会があったかどうかは分からないものの、横へ横へと広がり鑑賞者を包み込む日本の絵画様式を、おそらくは知識として心得ていたのだろう。
西洋の場合、壁画や天井等の大画面に描かれるのは、おおよそキリスト教を題材とした物語絵であった。崇高な神の世界が人々を見下ろし、同時に神の偉大さを表した。一方で日本の場合、人間を取り巻くものは、やはり自然でなければならなかった。
そして、人間界と自然界との境界の曖昧さもまた日本人特有の概念である。例えば日本の家屋は、縁側のように、外なのか家屋の一部なのかが判然としない不明瞭な境界を経て、住居の領域が存在する。さらにその住居空間も、襖と障子を開け放ち、柱だけになった室内から庭を眺めていると、そこもまた庭の一部であったような気がしてくるから不思議だ。
日本人とはそれくらい、自然との距離が近く、また自然からの隔離を嫌う。
自然に包まれる喜びを屋内にも取り入れるために、襖や屏風には自然の風物が描かれた。 
西洋人にとって自然とは、長い年月「人間が支配するべき対象」であり続けた。しかし、オランジュリーの「睡蓮の間」は、もはや自然というものが、支配されるという呪縛から解き放たれ、人間を包み込む神秘なる存在へと、価値が高められたことを確信する、モネなりの到達点であったのだと思う

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-15 17:32 | ジャポニスムふたたび

みなさまのお作品

早くも梅雨入り
しばらくは雨音を楽しみたい今日この頃です。

お生徒のみなさまも着々とお作品を仕上げられ
頼もしい限りでございます♪

琳派がお好きなOさま
山野草の会の方々と野山を歩く機会も多いことでしょう
蔓葡萄でしょうか?

ひとつぶひとつぶが会話しているように
可愛らしく描けました。
青系の色味を少しずつ変えて
控えめながらも楽しいお作品になりました。
墨の濃淡にさらなるバリエーションが広がるとなお深みが出るように思います♪

お上手!

e0240147_23112154.jpg
e0240147_231078.jpg


お次はSさま
ほんとうはもっと青の色味が強いのですが
私のカメラですと水面がグレーになってしまいます。

銀箔を透かしながら青の絵の具を重ね
水面の揺らぎ感や透明感が出ています。

若沖を見てから細かい描写に興味を感じるようになられたというSさま
毛描き面相筆で
かなり細かく毛並みを描き込みました。
なかなかリアルです!
e0240147_23102592.jpg


最後
新しくお入りになったKさま
もともと水彩画がお上手
水彩の腕を生かした表現になればと思っておりますが
とりあえず
色んな表現に挑戦中です。

今回は11番の方解末で下地を作り
がしがしと11番の絵の具を重ねてみました。
次は細かめの絵の具で挑戦中です!
ぜひ日本画の絵の具を楽しんでくださいませ!

ではでは明日もお教室になります。
みなさまの笑顔と発見にたくさん出会えますように!

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-14 23:07 | SBS学苑 日本画教室

相馬に行ってきました!

e0240147_2239054.jpg

昨日は
福島県相馬市でのイベント「新呼吸」に行ってまいりまして
今帰宅しました。
一年の半分はコンサート活動をされて全国旅しておられるピアニストの重松壮一郎さんのピアノと
ドイツのストリートダンス世界大会で優勝された宇佐美聖子さんの踊り
そして
「原圀雄とその仲間たち」のメンバーである
ラジオ福島アナウンサーの菅原美智子さんと
元福島テレビアナウンサーの柿崎順子さん
による朗読は
「世界で一番貧しい大統領」と
「国褒めの歌 」

贅沢すぎる演目をさらに素敵にしてくださったのは
県立相馬高校の美術部の皆さん!
ステージの美術を一手に引き受けてくださったとのこと
顧問の先生!凄すぎます!
しかも途中ステージでもパフォーマンスに協力してくださり
相馬高校!有能だな~!と感心するコトしきり!

個人情報もありみなさんのお顔を勝手にアップすることが出来ず残念ですが
言葉に出来ないほど、美しく、深遠で
心の奥底まで綺麗に洗い清められたような・・・
本当に尊いひとときでした。

企画してくださった五経さんは静岡県吉田在住ですが
津波で相馬のばあちゃんと、大好きな叔母さんを亡くし
五條さんとそのお友達、相馬の従兄弟のみなさんなどで
このイベントを企画されました。

出版前であるにもかかわらず
この詩画集を気に入ってくださりイベントに組み込んでくださったこと
そして
プロのアナウンサーの方々に朗読していただき
どんなイベントなのかもよく分からないままふわっと来てしまって
もう恐縮しまくりでした・・・(>_<)

こんな風にあたたかな時間を過ごせたことに
今、心から心から感謝しています・・・

イベントの様子や相馬のお話は
今もう胸がいっぱいで
少しずつお話ししてみたいと思います。

では今日はこのへんで!

明日もまた
ミラクルいっぱいの
ビックリと有り難うで充ち満ちる一日でありますように!
e0240147_22399100.jpg
e0240147_2239193.jpg

[PR]
by akikomoriya | 2016-06-13 22:39 | 国褒めの歌

静岡大学の臨時講義

e0240147_884422.jpg

昨日から梅雨入りで
足下の植生も、紫陽花、ねじ花、雪の下、どくだみ・・・と
初夏の花々が薄日の下に揺れています。

この季節・・・好きだなあ~・・・

昨日は静岡大学に出向きまして
留学生の日本語講座で臨時授業をさせていただきました。

テキストは「国褒めの歌」。
ちょっと難しいかなと思ったけれど
万葉集から取ったこのタイトルと意味
言霊を意識する日本文化について、といったお話しからはじめました。

そして
それぞれの国や土地に対する想いを
競うことなく穏やかに並べ編集した万葉集にあやかり
現代版、地球版の「国褒めの歌」なのだと言うことをお話ししましたら
みんさん大変クレバーですぐに理解してくださいました。

朗読しながら自分の国のページはその国に留学生が読んでくれて
最後の母国語の部分はネイティブの発音でかっこよく!

Ready forの新着情報でもう少し詳しくご紹介してあります。
ぜひ覗いてみてくださいませ♪

出版前からあちらこちらでこうしてお声掛けいただけるのは本当に有り難く
週末も福島に行ってまいります。
相馬市で原画展と朗読会です。
Readyfor も日本語版の目標金額が無事に達成
ひきつづき英語版を募っていくことになりました。
ご支援下さった方々、応援してくださっている皆さまに
心よりお礼申し上げます!

ひとつひとつ
本当に有り難い・・・有り難うございます・・・

梅雨の時期はマリアちゃんのお散歩はお預け!
お家の中で遊ばせますのでマリアちゃんちょっと不満です。
でも梅雨が明けるとまたまた暑くなり
マリアちゃん、暑さは大の苦手!

アイルランドの牧羊犬マリアちゃん
ほんとはちょっと涼しいくらいがいいのよね。

ではでは今日も一日
美しい世界は一人ひとりの手のひらの中に!

https://readyfor.jp/projects/8220






[PR]
by akikomoriya | 2016-06-10 08:10 | 国褒めの歌

相馬市のイベント御案内


e0240147_22593377.jpg

今日は夕方から雨も上がり
初夏を独特の涼やかな夕暮れでした。


ここのところ立て続けにご紹介しております
「国褒めの歌」。
本当に有り難いことに
出版前からご興味持って下さる方がたくさんいらして
本当に有り難く、勿体なく・・・

来週6月12日(日)は
福島県相馬市「相馬市相馬総合福祉センター」
13:00~
「新呼吸」というピアノ、踊り、朗読のイベントの中で
朗読していただき
なんと詩画集の原画も展示していただきます。

どういうイベントになるのか・・・
私も行ってみてのお楽しみ!
12日は母と一緒に相馬に伺うつもりです。

またイベントの様子をご紹介したいと思います。

Readyfor では本当に本当にたくさんのご支援
そしてあたたかなメッセージを
本当に有り難うございますm(_ _)m
想定外の運びに、とにかく驚いております。

今回の目標金額は実は日本語版のみ
このままご支援が伸びて
英語版の分まで達成すると本当に有り難いです。

すでに2巻、3巻の制作と取材が始まっており
その英訳も同時進行なので
資金はいくらあっても足りないのが現状です・・・
みなさまのご理解ご協力を
引き続きお待ちしております!

ではでは
明日も一日
e0240147_22575227.jpg


[PR]
by akikomoriya | 2016-06-05 22:58 | 国褒めの歌