<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プロジェクト成立のお礼

https://readyfor.jp/projects/8220
6月から公開していましたクラウドファィREAD YFORが
昨日無事プロジェクト成功で終了することが出来ました。

応援してくださった皆さまに
心から感謝申し上げます。

しばらくは
日本語版出版に向けて全力で取り組みたいと思います。
ポストカードは来週出来上がってきます。
英語版は来月下旬になりそうです。
e0240147_1837515.jpg

リターンのお届けはそれからになりますので
もうしばらくお待ち下さいませ♪

また、秋から朗読会や原画展が始まります。
その都度FBでお知らせしたいと思います。
http://www.bokuyosya.com/
都内では来年5月22日~29日まで
六本木ストライプハウスで原画展と朗読会を予定しています。
どうぞお近くの方はお寄り下さいませ。

よりよき世界は一人ひとりの手のひらの中にあることを信じて
少しずつでも今自分に出来ることを行っていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

[PR]
by akikomoriya | 2016-07-30 18:37 | 国褒めの歌

し・あ・わ・せ

e0240147_8242366.jpg

先日、用事があって町内会長さんのお宅に伺う。
亡くなった奥様は絵描きさんで
アトリエがそのままになっていた。

たくさんの絵があって
中でもとりわけ美しい
ピンクのバラに囲まれ
首をかしげた女性の顔があった。
自信に満ちあふれ幸福そうな笑顔・・・

亡くなる直前の作品だと言われビックリ

結構なご高齢だったはず・・・

アトリエには大学時代の自画像も掛けてあって
二十歳の頃と亡くなる直前の二つの笑顔は
同じだった。

ずっとずっと子供のころからの笑顔を
絶やすことなく生きてきた人なんだと思いました。
死ぬ直前の自画像を
こんなに美しく、チャーミングに、可愛らしく
笑顔いっぱいで描ける人はそういない。

ご主人が「タイトルは?」と聞くと
「し あ わ せ」と額縁の箱に書いてあったらしい。

絵もタイトルも
このご主人と過ごした時間がどんなに幸せであったかを
物語っていた。

素敵な人生、素敵な生き方 、最後の最後まで。

10歳以上年上の奥様と
親の反対を押し切り結婚し
いつかは一人になることを覚悟しながら
過ごしてきたんだろうな。

町内会長さん ありあまる想い出と共に
これまた笑顔いっぱいで
まるで、ちょっと出掛けた奥様の留守番をしているみたいに
亡くなった奥様のことを話す。
こんな素敵なご夫婦が
いるんだな~ いるんだな~・・・と思って・・・

今度伺うときはちゃんとカメラを持参して
その「し あ わ せ」という作品を
撮らせてもらおう。

ではでは明日も一日
美しい世界は 私の手のひらの中に
そして町内の中にも!

牧羊舎 ホームページ出来ました。
牧羊舎 HP
www.bokuyosya.com


ご注文、お問い合わせは
mail  bokuyosya@yahoo.co.jp
fax   054-207-7325
までどうぞ

ついでに
森谷明子HPも出来ました♪
森谷明子日本画遊々
[PR]
by akikomoriya | 2016-07-22 08:24 | おしゃべり

古代日本のヒメ・ヒコ制

森谷明子日本画遊々HPはこちら

牧羊舎HPはこちら
e0240147_8444192.jpg



今朝は少し涼しくて静岡はお雲りさんです♪

昨晩は、二つのお星様達は出会えたんでしょうかね!
日頃口に出せない自分の密やかなお願いも書きながら
「今一番のお願いは、風が吹いてこの短冊が団地中に舞い散らないこと!」と娘と笑いました。
これは人には読まれたくないよね~!一枚一枚とれないようにしっかり結い付ける!

ところで
奈良時代前半までの日本は「ヒメ・ヒコ制」と言われるような
「巫女と王」が二人一組で「まつりごと」をする国でした。
「まつりごと」にはふたつあり
巫女がご神託を受ける神さまごとの「祭」と
王がその後神託に従って人や物を動かす「政」
そのふたつがちゃんと二足歩行できていることが大切な事でした。
ヒメヒコは大抵兄と妹、あるいは姉と弟で
天皇家に生まれた子どもたちは特殊な教育を受けていたようです。
特にヒメの方は
何と言ってもご神託を受ける霊感を身につけるわけですから
俗世とは交わらず
純粋な感受性を守り続けなくてはいけません。

歴代の女性天皇やヒメに霊感の強い人が出るのはそういった理由かと思われます。

それが律令時代になってヒメの霊感に代わって
法律のもとに「政」が行われるようになり
現代は王に代わって民衆がそれらを決めるようになりました。

日本の社会の特徴として「宗教と政治のことは口に出さない」の暗黙の了解がありますが
本当は、ヒメヒコから譲り受けた国作りの特権を
一人ひとりが手にすることが可能になっているわけですから
この二つに関しては
大いに語り、悩み、話し合って決めてゆくべきだと私は思っています。

一人ひとりが生まれたとき備え持っていた神聖さを維持し、宇宙からのご神託を受ける器であること
そして、一人ひとりが具体的にどう動きながら日々の生活を営んでいくべきか

一般市民がその決定権を手にすることが出来た現代は
古代日本の頃よりも本当はとても神聖で幸福な時代であるはずなんですけどね。

というわけで
会社や上司の指示ではなく
派閥間のメンツでもなく
ひとりひとり、自分の心に問いながら・・・「選挙に行きましょう~!」

ではでは
今日も一日心も体も健やかに!

[PR]
by akikomoriya | 2016-07-08 08:45 | 平和な世界を求めて

ポストカード

e0240147_1652561.jpg


先週、今週とポストカードを作っています。
随分昔の作品から
できたてホヤホヤのものまで
6枚一組の予定です。
もしかすると7枚一組になるかもです。

これは星の王子さまの絵からイメージした作品。
左側の子どもは
「満腹満腹」と言っているのか
あるいはお腹に赤ちゃんのいる女性かな?
地球と木の暖かさを感じながら
幸せな二人・・・

ではでは
明日も一日
ゆっくりと呼吸しながら
有り難うとよかったねを
たくさんたくさん発見できる一日でありますように!

ところで
Readyfor の方
着々とご支援集まり皆さまになんとお礼申し上げていいやら・・・
7月29日まで募っております。
本当に有り難うございます!
新着情報も更新いたしました。
ぜひご覧下さいませ!


[PR]
by akikomoriya | 2016-07-06 16:55 | 平和な世界を求めて

ポストカード ♪

e0240147_16561147.jpg



制作中のポストカードです。
地球の風船の周りに水色の文字でピースメッセージが入ります。

子どもの夢が地球を膨らます・・・って言うイメージで
実はもう20年以上前の作品なんですが
やっぱりこの絵好きだな~と自画自賛
それで、ちょいとリニューアルで再登場です♪

昨日は20年ぶりにアメリカに住んでいるお友達に会いました。
本当に久しぶりだったのに
ついこの間も会っていたみたいにふわっと笑顔で近づいてきてくれて
いきなり赤い封筒を手渡される。

「アメリカから送金できなくて」と言われ開けてみると
「素敵なプロジェクトを有り難う」と
今制作中の詩画集の予約金を持ってきてくれたのでした。

嬉しくてビックリで涙がピチッ・・・

その子は広島出身の子です。
アラブを旅したとき
イスラムは平和の前に正義がある、と現地の人に言われてとっさに
「私は広島出身です」と言ったそう。
そしたら相手の方は黙ってしまった、という話をしてくれた。

「ヒロシマ」の一言は
日本人が思うよりずっと深い響きを持っている。

テレビも新聞もテロのことでいっぱいで辛いですが
実行した人々は多分自らの正義のために
命を捧げていても
その裏にはお金のために彼らを操る組織や人物がいる。
ISそのものがアメリカに作られた組織だという情報もある。

もう何が正しくて何が不正なのか誰を信じていいのか分からなくなるけれど
唯一信じられるのは
争わないこと、争いを止めようとする流れにある人々の行動だと思います。

正義は時代によって、国によって、もっといえば個人によって異なるけれど
平和はひとつ

そして争うことは容易く
平和を求める道は困難が多い。

正義の前に平和がある、という言葉をはっきり語ってくれた
そのお友達の言葉が
今の自分の中で凄く大きいことに心から感謝しています。
そして昨日の赤い封筒も。

ではでは
明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
よかったねと有り難うをたくさん発見できる
清々しい一日でありますように!

[PR]
by akikomoriya | 2016-07-06 16:55 | 平和な世界を求めて

みなさまのお作品★

SBS学苑 日本画教室の皆さまのお作品です♪
2回分ご紹介が一緒になってしまいまして
今回はたくさんのお作品が仕上がって参りました。
e0240147_2193226.jpg

まずはおなじみNさまの富士山シリーズ
もう何枚富士山を描かれたことでしょうか。
同じモチーフを描き続けると
その都度発見や反省があり
成長も早くなります。

今回苦心されたのは桜の花。
こんな風に間近から描いたのは初めてとのこと。
毎春ごとにスケッチしても発見があるものです。
一輪一輪、花の付き方、芽の出方、見れば見るほど不思議で美しく、飽きることがありません。
ぜひ来春も桜をお描き下さい!

淋しくなりがちな水色も
温かく春らしく素敵に仕上がりました!お見事!

e0240147_2110423.jpg

ピンクのお好きなMさま♪
色の感じがいつもおしゃれです。
今回バラをレトロモダンに仕上げてくださいました。
黄色と赤紫は華やかでお品の良い取り合わせ。

グレーの縁取りが白バラに柔らかなメリハリを与えています。
葉っぱの墨の縁取りが全体を落ち着かせています。
細部に施されたちょっとした隠し味が
遠目に見て作品を引き立たせております。

おしゃれな額に入れたい一枚になりましたね!
お上手お上手!

e0240147_21104247.jpg

Gさま 男性の方でもう80歳を越えられております。
日々お忙しい中でも
描く喜びを忘れることなくこうして通ってくださることに
まず、脱帽でございます。

若い頃から随分と描き続け
目を肥やしてこられないと
この年齢まで描き続けることは出来ません。

画面下の暗い部分のお陰で
白いボタンが映えます。
丁寧な筆遣い、細部まで本当によく描かれております。

私もGさまを見習って
気長にコツコツと描いてまいりたいと思います。

e0240147_21113430.jpg

Iさまのどくだみ
とにかくグリーンがお好き♪
モダンでおしゃれな筆遣い。

ぐいぐい描いていく描きっぷりが
いつも気持ちよいお方です♪
どくだみの日陰感と白い色の清潔感が良くできています♪

また小豆色の使い方がこなれいらっしゃいます。
どくだみの小豆色が自然に感じられます。
いぶし銀のレトロな水彩額が似合いそうです!

e0240147_21115992.jpg

新しくお入りになったKさま
水彩画がお得意なご様子。
水彩の感覚を充分に生かせるよう
あまり、古典的な手法に囚われないやり方でスタートいたしました。

黄色がお好きとのこと
やはり黄色の扱いがお上手。
濁さず、派手すぎず、柔らかく色を重ねていらっしゃいます。

モチーフもユニーク!あんパンをこんな風に描くとはね!
ナイス!
e0240147_21122480.jpg

新しくお入りになったIさま
断続的にでも今までかなり描いてこられたご様子。
デッサンもしっかりしていらっしゃいます。

今回琳派に初挑戦。
墨の濃淡の具合が難しいですが
渇くと薄くなること計算に入れてやってみると
すぐにコツが掴めます。

小下図、大下図、転写、骨描き、と
緻密な行程を踏むと思われがちな日本画ですが
そればかりやっていると絵が硬く小さくなってしまいます。

水墨の手法や琳派を習うことで
柔らかさや大胆さを取り入れることが出来ます。
ぜひお続け下さいませ!

さてさて
今週もまた水曜日、パルシェ7階でお待ちしております。
暑いですが、熱中症にお気をつけてお出かけ下さいませ~!

[PR]
by akikomoriya | 2016-07-04 21:29 | SBS学苑 日本画教室