<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

羽鳥の敬老会



e0240147_21520709.jpg


ぱらぱらと 編み目解く事 とけるなら
       編み直したし 過去というもの
老人福祉施設「羽鳥の森」の敬老会にご招待される。

入所されている皆さまのお作品を講評しながら
斎藤はる様のお歌を目にした瞬間
心の中で泣いてしまいました。

お歌の主を一目拝見したく
施設長さんに頼んではる様を御紹介いただく。
しっかりした素敵な女性のはる様

入所して 辛いことも色々あるけれど
身の回りのことあれこれと歌にして
歌のこと考えていると楽しい気持ちになれる
とお話し下さいました。
ブログに載せますね~とお写真を撮らせてもらう。

有り難う・・・はる様
なんだかこのお歌とてもとても
なんて言ったらいいんだろ・・・
私の方こそ励まされ癒されました。
ずっとお元気で、また会いに行きます。
ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望の膨らむ美しい一日でありますように!



[PR]
by akikomoriya | 2016-09-27 21:54 | おしゃべり

自分の年

e0240147_23383267.jpg

自分の年を覚えるのが苦手です。
というか
数字が苦手です。

32歳になったとき
「ミニーで~す」と言って32歳であることを自分に言い聞かせ
33歳になっとき
「ミミちゃんで~す」と言って33歳であることを覚えこませ
34歳になった時は
「となりのミヨちゃんで~す」と刷り込んで
ついに35歳では覚えやすいゴロも思いつかず
以降、うろ覚えのまま年を重ね・・・

それで今、自分は48歳なのだと思っていて
病院の問診表とか学校の書類とか全部48歳と書いていたのに
さっき、何気ない家族の会話のなかで
自分はまだ47歳であることが判明。

年齢って、せっかく覚えたころにまた年を取る。

ものすごく数字が苦手なところは
娘にもしっかり遺伝して
娘を相当苦しめました。

今度生まれてくるときは
二人で数字のない世界に生まれ変わろう・・・

ではでは明日も一日

美しい世界は一人一人の掌の中に!


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-24 23:40 | おしゃべり

明日は晴れるかな?

e0240147_18444838.jpg

最近雨が多いです。
雨だと娘の送迎でなかなか大変。

朝、しんどいことが多い子なのですが
無理して自転車走らせて
国道で事故を起こしそうになったことがあり
以来、過保護なんだけどなるべく雨の日は送り迎えをしてしまう。
もう少し元気になるまで様子を見ないとね。

夏の終わりに
娘が線香花火を買うという。
お兄ちゃんが帰宅したら一緒にやるといって
二人で玄関先でしゃがんで線香花火をしていました。

ふたり仲良しで本当に有り難い。

お菓子とかジュースとか
何か物を買い与えるとき
ケチな私はいつもひとつしか買ってあげなかった。
それでふたりは
ひとつのものをあだこだ言いながら
最後のひとくちはどちらが飲むとかで喧嘩したり
逆に「どうぞ」「どうぞ」でひとくち残ってしまったり
横目で見ていて面白かった。


お兄ちゃんと一生仲良しの弟を授けてください、と神様にお願いし続けていたら
弟ではなく妹が生まれてきて
でもやっぱり仲良しの兄妹でいてくれて
本当に良かった。


親が死んでも
ずっと助け合って生きていけるように。


ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
爽やかな風が心に吹き抜けるような
清々しい一日でありますように♪

明日は晴れて欲しいので
お気に入りの「あさ」という絵本です。



[PR]
by akikomoriya | 2016-09-23 18:46 | おしゃべり

ジョットの青

e0240147_00022346.jpg

ここ数日モーレツ忙しく
予約していたライブにも行けず
自己嫌悪と誰かのせいにしたいような悪魔の気持ちが沸々と・・・
昨日は何もかも投げ出したい気分でしたが
今日、色んなことがやっと見通し付いて
心底ホッとしました・・・


は~最善尽くして頑張っていれば
神様はやっぱり見ていてくれるのだな~
昨日とはうってかわって
この世の全てに有り難うを伝えたい気持ち・・・


全然関係ないけど
今日はお気に入りの一枚
ルネッサンスの父と言われるジョットの
スクロヴェーニ礼拝堂壁画


青が美しい・・・
青づくしのプラネタリウムみたいな礼拝堂
いつか行ってみたい・・・
いつか、って言っていると行けない気がするから
「必ず行く!」と宣言しておこう!


貧しい羊飼いの子ジョットは
羊の番をしているときに描いた落書きを
巨匠チマブーエに見出されて絵描きの道に
数々の伝説の中には
コンパスを使わずに正円を描いたという逸話も・・・


私はやっぱり
壁画や屏風といった空間演出的な作品が好きです。
どうしてかな、分からないけど。


ではでは明日も一日
美しい世界は
私の手のひらの中に





[PR]
by akikomoriya | 2016-09-23 00:03 | おしゃべり

天上の青

e0240147_07342483.jpg

秋になって 玄関先の朝顔がますます元気
夏の頃よりも 色が濃くなった気がします。
やっぱり朝顔は秋の花なのですね~
放っておくと 毎年初霜まで咲き続けます。

西洋種の「天上の青」
朝顔と言うより昼顔に近いのだけど、名前も色も大好きな花


昨日は亡くなった従兄弟のおにいちゃんにお線香をあげに行きました。
早くに奥さんを亡くし
娘二人を苦労して育て
その娘が結婚して初孫が生まれたばかりで
おじいちゃんになったところで ポックリ逝ってしまった
55歳・・・まだ若い!

奥さんとおにいちゃんの笑顔の写真が二つ並んで
きっとあちらでやっと会えて
楽しくやっているのではないかという気がした


恋ひ恋ひて 逢へる時だに うるはしき 言尽くしてよ 長くと思はば

は、束の間の逢瀬の歌ですが
恋ひ恋ひて、さんざ離れて きっともう離れることはないね


天の御国は常春ではなく常秋だと聞いたことがあります。
お天気の変わりやすい曇りがちな春ではなく
清々しい青空が広がり 澄んだ風が吹く世界・・・かな?


この世に生きる身にとっても
日々 空の青さと 風の心地よさと
そして人の温かさを 瞬々刻々感じていられるといいなと思います


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-18 07:36 | おしゃべり

十六夜の晩に

e0240147_12034328.jpg

息子のお気に入りの一冊、福音館の「むぎばたけ」
お月様を見るためだけに
夜な夜なお散歩する動物たち
なんと贅沢で、しあわせな時間の使い方!



おとついの十五夜 昨晩の十六夜
神々しい月明かりに照らされて
みなさまいかがお過ごしでしたか?

昨日は「あの日」の舞台になったおおつち保育園の八木澤園長と
「ゆず組」の担任のみー先生が
藤枝の講演にいらしてくださり
夜のお食事会ご一緒させていただきました。


当然のことだけれど
園長先生もみー先生も
なかなかあの絵本を開くことが出来ないとのことでしたが
この春やっと開けるようになったこと
講演会で朗読してくださったこと
あの日の子どもたちはもう五年生になっていて
久々に会いに行ったら
自宅のお机の上に亡くなったお友達7人の写真が
ちゃんと飾ってあったという話など
涙涙で伺う


震災後2年であの本を出版することは
気持ちの上でもとても負担が大きく
関わった方々は園長はじめ、みんな悩んで悩んでこの数年過ごしてきましたが
それでも
あのタイミングで出せたことが
少しずつ明るい方向にみんなを導いてくれているように思いました。



被災したあの場所で毎日過ごす人々に何も出来ないけれど
でも、静岡と大槌、人と人とのあたたかな繋がりを大切にしながら
あの日の出来事を忘れないように身の回りの人々に問いかけ続けることを
これからも続けたいと思います。


ではでは今日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
夢と希望の充ち満ちる
そして他への祈りがそこかしこに溢れる
素敵な一日でありますように!


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-17 12:04 | 絵本

いちしの花の いちしろく

e0240147_20563219.jpg

早くも彼岸花が咲き始めています。
万葉歌の中でお気に入りのひとつが彼岸花の歌。
かなり気に入っているので
この時期になるとほぼ毎年この一首をアップしてるような・・・
まいっか。


道の辺(へ)の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻を

いちしの花は彼岸花のこと
隠していた恋人を人に知られてしまったよ、の嬉しはずかしな歌

恋の歌は基本苦手でありますが(^^;)
人麻呂の恋歌は やっぱりいいねえ~

私はカトリックの畑で育ったせいか
「愛」という言葉を人に使うことになんか抵抗があるのです
愛してると言いつつも、すぐに嘘つく浮気する
自分の都合に合わなくなれば 瞬く間に憎しみに変わる
人ってそんなもん。

愛が宇宙に遍満する絶対的で普遍的な現れをさすならば
一時的な情に対して使うのはなんか抵抗があるな。

でも恋という言葉はなんか愛嬌があっていいわ。

いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻を

人麻呂の恋・・・ずっと死ぬまで、いえいえい死んであの世に行っても
覚めることなく続くといいね

随分前に行った飛鳥の稲淵の棚田
地元の方たちによって彼岸花と案山子の景観が守られている

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
よかったねと有り難うが
たくさんたくさん溢れる一日でありますように!


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-14 20:56 | おしゃべり

福島市「こむこむ館」

e0240147_22521316.jpg

今日は福島駅のすぐ隣にある「こむこむ館」で
アナウンサーの方々による朗読の会がありました。
現職、退職のアナウンサーで企画されるもので
2008年から今日で20回目の記念講演で
本当に本当に素敵な会でした。

絵本の読み聞かせはさんざんやってきたけれど
大人向けの朗読会って初めてでした。

本って
一人で活字を追って読むものだと思っていたけれど
こうして声に出して読んでもらうことで
言葉が心に染みいる
そして
声そのものに癒される
ほんと、不思議・・・

内容も盛りだくさんでしかもほどよく
さすが長年の経験を生かし
何もかもよく考えて準備してくださっている!
太宰治や藤沢周平はまったくと言っていいほど読んだことがなかったけれど
こんなに素敵な言葉の宝石箱だったんですね・・・

有り難くも勿体なくも
「国褒めの歌」も朗読してくださり
絵はパワーポイントで映しだしてくださいました。

今日は9.11ということもあり
世界の平和を願う気持ちを
声に出して響かせてくださり
本当に有り難いと思いました。

福島のみなさん
懐深く、温かく
また伺いたいと思います。
このご縁を繋いでくれたマンボちゃんにも心から有り難う・・・

ではでは明日も一日
世界中どこにいても誰にとっても
他のための祈りがそこかしこに充ち満ちる一日でありますように!
e0240147_22502691.jpg

e0240147_22531664.jpg



[PR]
by akikomoriya | 2016-09-11 22:53 | 国褒めの歌

「国ほめの歌 巻1」ご支援ご協力のお礼

月末にいよいよ「国褒めの歌 巻1」が出来上がって参ります。
今日まで支えてくださった皆さま本当に本当に有り難うございます。
また
クラウドファンディングREADY FORでご支援下さった皆さまに

心からの感謝の気持ちを込めて、お名前を記載させていただきます。


 鎌田美由紀さま  jfaspalさま FUMIKO NAKAMURAさま 小林莫大小さま ZAMURAI NATUMIKKOさま  
 Keiko Sibataさま
 マイさま うさこさま 山岡和明さま 鈴木悦男さま 渡辺伊佐央さま 根本美由紀さま ninjyaさま こるおさま zuiccio3さま あんどろさま YoshikoTkadedaさま spiral939さま takekoさま ishigakiさま

 jouji.Kさま うみねこぶたさま keikoさま だんなさま 北村行範さま AyakoAsaiさま ハ-モニーさま

 mapazkoさま みつよさま YumikoYamadaさま hisayoさま SNOさま 宮本季依さま マハロさま

 本間義章さま 朝野伸子さま komeiさま 大江亞紀香さま 棚次正和さま yokohanaさま katonoriさま

 Taturo Matubaraさま ゆかさま hirasawaさま kkさま akikoさま さきちゃんさま keikoさま

 ゆみりんりんりんさま じゅんさま 西澤浩子さま emi yamauchiさま Kaori Sawadaさま

 n.hayakawaさま 竹田宣勝さま 黒澤脩さま 秋田幸作さま 相原のぶみつさま 栗原倭文子さま 中島望さま

 与山清さま 佐々木由美子さま 星野雅子さま 佐野恭子さま 桑内春子さま 井筒麻由美さま 佐野いずみさま

 青木良枝さま 武智正志さま 深沢まやさま 柿崎順子さま 鈴木恵子さま 手塚由紀子さま

 

皆さまのご支援ご協力によって「国褒めの歌 巻1」はいよいよ世に送り出されることになりました。心よりお礼申し上げます。そして今後ともどうぞ牧羊舎の活動をあたたかくお見守り下さいますよう、お願い申し上げます。

皆さまお一人お一人の上にも、さらなる喜びと幸福がもたらされますように、心よりお祈り申し上げます! 

 


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-08 18:02 | 国褒めの歌

みなさまのお作品♪

SBS学園学苑 日本画教室の皆さまのお作品です♪
今日たくっさんあります~!

まずはモダンな画風のIさま
背景を銀箔にするのはお手の物です。
生乾きの内にこすって古びた感じを出しています。
青い花びらが難しかったですが
微妙に色目を変えていい感じに!                               

e0240147_08133013.jpg

e0240147_08131827.jpg

お近くで見るとこんな感じに!

続きましてこちらまだ入会して3作目の男性のIさま
水彩画お得意なので
すでにお持ちの技法を生かして制作しています。
今回背景の膠が薄くて制作が難航!
でも
塗り重ねることで何とかまとめてくださいました。
暖かなお色味です。
葉の中に青や紫など隠し味が・・・
おしゃれな方です。
e0240147_08133640.jpg

こちらもIさまあっという間に仕上げてこられました。
大胆な構図です。
ご自分でお野菜を育てていらっしゃるとのこと
茄子に対して愛情も湧きますね。
e0240147_08141463.jpg



お次は山野草を育てていらっしゃるOさま
大分、制作が慣れました。
たらし込みもお上手になりました。
背景の水色が書家の清々しさを演出します。
胡粉の上に岩絵の具のピンクは難しかったですね。
水干のピンクの方がやりやすかったかも知れないです。
白井は何色を付けるのはなかなか難しい・・・


e0240147_08134202.jpg



e0240147_08180018.jpg

お次はいつも元気なKさま
お花のように明るい方ですが画風も明るく元気!
バラを描かれる作家さんのお作を模写しました。
かなりよい!模写は力が付きます
少し続けるといいと思いますよ。


    
e0240147_08143591.jpg

お次は入会されたばかりのKさま
はじめての完成作品です。
いかがでしょう?
パステルでスケッチしてこられたので
その風合いを再現してみました。
細部まで細かい調整をされて描き込んであります。
他の画材とは大分扱いが違うので戸惑ってしまわれたかと思いますが
気長に楽しんでくださいね!


e0240147_08144075.jpg

最後、Uさま
富士宮にお住まいで
身の回りには下界では見られない
様々な植物が自生しているとのこと
富士周辺を走りますと、こうしたピンクのホタルブクロが目に付きます。
あのあたり、なぜか薄ピンクが多いですね。
背景に「押し葉」でスタンプしました。
おしゃれです。
中間色がホタルブクロの柔らかな色を引き立てています。
e0240147_08441838.jpg

みなさま、おひとりおひとりご自分の描きたいイメージがあり
それに向かって精進してくださってます。
自分のやりたいように描くのが一番です。
日頃から、こういう絵を描きたい!とあれこれイメージすることが大切です。

では次回また お会いできることを楽しみにしております!


[PR]
by akikomoriya | 2016-09-06 08:48 | SBS学苑 日本画教室