<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みなさまのお作品


雨の季節になりました。
SBS学苑の皆様も
お道具をもってパルシェまでいらっしゃるのは
なかなかお大変なことでございます。
皆さまのご熱意にお応えできるような指導ができているか・・・
日々反省でございます・・・

e0240147_21413849.jpg

さてさて本日最初のお作品は
Kさまの個性的な静物画
ウサギのぬいぐるみと、かぼちゃ、細身のサボテンです。

かぼちゃの白い粉が吹いた感じがお上手です。
実はウサギの表現がなかなか大変で
胡粉が割れてしまい
何度も塗りなおしました。
私の指導が至らないこともあり
ちょっとニカワが多かったのだと思います。
一度ニカワが多いと
なかなかすっきりいかないものです。
ですが・・・
なんとかふんわりと表現してまとめてくださいました!
よかったよかった・・・
ウサギさんとても可愛いです!


e0240147_21424162.jpg
お次はベテランのNさま
初夏の風が感じられます。
お得意のお色味ですっきりと仕上げていらっしゃいます。
しかも
菖蒲がとても自然な感じに描けました!
菖蒲は難しい花です。
ふんわりと蝶のようで
風に揺らいでいます。
なので
この軽さと揺らぎが表現できないと
息が詰まったような印象になってしまいます。
輪郭のとり方が自然で成功につながっております。
田んぼの水鏡、雪が残った逆さ富士・・・
小さいながらも工夫がいっぱい
すがすがしい初夏の風物詩でございます。

e0240147_21421491.jpg
お次はOさま
ご自身で育てていらっしゃる山野草のバラです。
バラの名前は~ごめんなさい!忘れてしまって・・・
やわらかな「たらし込み」がお上手になりました。
墨の濃淡の加減がお上手になり
すっかり「たらし込み」の達人でございます!
葉っぱの配置もよく
とてもリズミカルに楽し気に見えます。
花の大きさも成功していると思います!
次なるステップは
胡粉のぼかし加減ですね!
次のお作品も楽しみにしております!



e0240147_21424759.jpg

お次はIさま
カメラを忘れまして
画像が悪くてすみません!
背景のかすれた感じが「粋」でございます。
夏野菜の元気な感じがでております。
トマトのテカリ感もよいです!
また、トマトのヘタがあちこちむいて
愉快に見えます!
ソラマメ、アスパラの緑がとてもおいしそうです!
個人的に
この絵を見ていてソラマメを食べたくなりました!
Iさまのお作品はとにかく勢いがあり
いつも見ていて元気が出ます!
e0240147_21460108.jpg

最後は新しくお仲間になられたOさま
色紙に個展画を模写しながら絵の具に慣れていらっしゃるところです。
個展画は実は知恵と工夫がいっぱいで
模写は大変勉強になります。
日本の図柄は本当にユニークで面白い!
波の筆遣いも大変のびやかにできました。
この調子で頑張ってくださいね~!

ではでは
次回もまた
皆さまと楽しいひと時を過ごさせていただきたいと存じます!


[PR]
by akikomoriya | 2018-06-18 22:09 | SBS学苑 日本画教室

「ジャポニスムふたたび」

e0240147_22065116.jpg


6月18日朝刊です
『ジャポニスムふたたび』

映す 透かす ゆらぎの美学        森谷明子


 日本の表現には「映す」や「透かす」という美がある。日本人はあからさまな表現よりも、影や気配を好む傾向があるが、「映す」や「透かす」には、直接対象を見るのではない、いわば「ひと手間掛けた」風情がある。
 たとえば平等院鳳凰堂や金閣寺、厳島神社などは、実際の建造物と水面の影の美を同時に楽しむ美といえるだろう。県内では昨年末にオープンした富士宮市の「富士山世界遺産センター」が、この「映す」の美をふんだんに応用した造りになっていて、入り口前のアプローチに巨大な水鏡があり、晴れた日には北斎の『富嶽三十六景 甲州三坂水面』さながらに、逆さ富士が見事に映し出される。
 「透かす」に関しては、薄衣の下から別の生地が透けて見える風情を楽しむ「紗」の着物や、紅葉の枝越しに向こう側の風景が見える庭の配置や、御簾やすだれ越しに戸外を眺める面白みなど、手前と奥がオーバーラップする一種異空間的な「透かす」の技は、日本人の得意芸である。
 前置きが長くなったが、この「映す」「透かす」の日本的風情を最も深く理解し作品に応用した画家はモネではなかったかと思う。モネの睡蓮には様々あるが、あたかも水鏡を覗き込むようにした視点で描かれた作品がある。水面には睡蓮が浮いているだけではなく、周辺の木々や空、雲など、水鏡に写し込まれた周りの風景が間接的に描かれており、手前と奥が重複し独特な世界観となっている。そこはかとなく揺れる水鏡の風情はまさに、日本の「映す」「透かす」の美を学んだ痕跡ではないだろうか。
 モネの睡蓮の魅力は主役の睡蓮だけではなく、睡蓮を囲むようにして揺らぐ、水鏡に映り込んだ実体のない影にあると思う。見えるか見えないかのギリギリの揺らぎ。「映す」「透かす」の美である。


[PR]
by akikomoriya | 2018-06-18 21:38 | ジャポニスムふたたび

FM-HIに出ます♬

e0240147_22121278.jpg

すっかりお知らせが遅くなりましたが
明日の金曜日 
午後2時35分~55分まで
FM-Hi 「ひるらじ!静岡情報館」で
「国褒めの歌」の紹介をしてくださるとのことで...
私も出演します。
お昼過ぎのひと時
ぜひ、ラジオ付けてみてくださいませ♬

ではでは
明日もまた
夢と希望の広がる
素敵な一日でありますように!

e0240147_22115802.jpg



[PR]
by akikomoriya | 2018-06-14 22:12 | 平和な世界を求めて

平和のキルト

e0240147_22072132.jpg


日曜日は「平和の種をまく」で
素敵なキルトがたくさんできました。
参加してくださった皆さんに
心から感謝申し上げます!


また主催の福祉研究会「マハロ」さんは
スタッフが20代~30代の女の子たちなのですが
紛争地域も含め
全世界飛び回っている
本当に活動的な方たち!


そして一日一緒に過ごさせていただき
鈴が転がるような笑い声がいっぱい!
気の合う仲間たちと
こんなふうに笑顔いっぱいで活動をするって
素敵だな~と思ってしまいました。
羨ましいこと・・・


マハロさんは
「国褒めの歌」を
クラウドファンディングで見つけて下さって
ご支援くださり
イスラエルの現地にまでも届けてくださいまして
それがまた
今回のイベントにつながっています。

日曜日に参加者の皆さんが制作された

「平和のキルト」は
またマハロさんの手によって
年内にはイスラエル・パレスチナで
話し合いによる平和的解決とを求めて活動する
現地の女性たちのもとへと届けられ
使っていただくことになっています。

たくさんの尊いご縁に
あらためて感謝申し上げます!


[PR]
by akikomoriya | 2018-06-14 22:08 | 平和な世界を求めて