<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ジャポニスムふたたび42話

e0240147_21232193.jpg
ジャポニスムふたたび 42話



「あはれ」 感じる人間の豊かさ   日本画家 森谷明子



夕焼けの美しい季節になった。清少納言も「秋は夕暮れ」と言っているが、この季節、大空のスクリーンには、緋色、桃色、緑、藍、紫、金、灰色…と、虹の七色以上の微妙で微細な色彩が大胆に溶け合う。

誰もが思わず立ち止まり見とれてしまう美しい夕景だが、その美しさを感じ取ることができるのは、実はこの地球上で人間しかいない。足元の小さな花から海や空まで、この地球という壮大なシアターの観覧チケットを手にしているのは、有難くも人間だけである。

以前、動物園の飼育員をされていた方から、ゴリラだけは夕日に向かって立ち止まる習慣があるという話を聞いたが、美しいものに対してどれだけ深く反応できるかは、サルとヒトの進化の分岐に大きく関わっているように思う。言語能力、道具を作る能力、といった「能力」以前に、美しいもの素晴らしいものに対するより高次元な感受性の有無が、人類の進化を促してきた要因であると思う。

「深く感じ入る」ことを日本の古典では「あはれ」という。これは最も英訳しにくい日本語のひとつでもある。「ああ!あれ!」という感嘆詞を語源とする「あはれ」とは、ただ単に物哀しさや風情を感じるものではない。日本人が「あはれ」の感覚を重んじるのは、「美意識」という人間だけに与えられた特権に敬意を払うとともに、それをより深く、より繊細に充実させることが、人間をより人間らしくさせることにつながると知っていたからだろう。

逆に言えば、深い感受性に支えられないモノづくりや街づくり、あるいは社会システムは、稚拙でもろく崩れやすい。

俳句を作り、歌を詠み、取り巻く世界のミクロからマクロまでを注意深く観察し感じ入る習慣が、人間社会の充実にいかに重要なことかを夕日を眺めつつ思うのである。



[PR]
by akikomoriya | 2018-11-19 21:29 | ジャポニスムふたたび