人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジャポニスムふたたび 47話

e0240147_15443792.jpg


ジャポニスムふたたび 47話

八百万の神も「祓え」共通          日本画家 森谷明子

「なにごとの おはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」は、西行法師が伊勢神宮を参拝した際に歌った歌である。

 どのような神様がいらっしゃるかはわからないけれど、有難さに思わず涙が出た、という意味であるが、日本の神社というのは実態が不明瞭であるのがよいところであると思う。

 一般的に宗教というのは、教祖がいて教義経典があり、神仏の御名はもちろん、種々な決まり事も明確になっているものなのだが、日本の神道は教祖も教義も存在しない。八百万の神々を祀る一方で、極端に言えばこの世界のすべての人々を受け入れるので、他宗教を信仰する方々でも参拝できる。

 こうした不明瞭さは他の宗教から見れば驚くべきことであり、宗教というよりはむしろ生活文化習慣をとりまとめた、人々の心のよりどころ、という表現がいいのかもしれない。

 もともとは山や岩、滝などをご神体としていたと考えられ、富士山や奈良の三輪山など山そのものをご神体とする形は各地に残っている。その後、祭祀場所として仮の社が作られるようになり、それが神殿となった。

 各神社ごと、祭神もしきたりも千差万別であるのが日本の神社の面白いところであるが、絶対に外せない共通事項として「祓え」がある。

 人生の節目節目で穢れを祓い清めていただく。特定の宗教は持たずとも、罪穢れや禍々しさを身にまとったままでは、運も逃げ願いも叶わないように感じるのが日本人である。まずは祓い清めをしてくれる場所として、日本人の身近な場所にいつも神社があった。

 玉砂利を踏み、手を洗い口を漱ぎ、柏手を打って拝すると、なんとも言えず清々しく、尊いものに触れた心持になる。理由は分からなくとも、そうしたことに有難さを感じることができるのが、西行の時代も今も変わらない日本神道のよさであると思う。 



by akikomoriya | 2019-04-29 15:45 | ジャポニスムふたたび

みなさまのお作品♬



新年号「令和」に決定いたしまして
気持ちも新たに
今日は清々しい4月1日を迎えることができました。

日本文化を大切にするとともに
日本文化とは何であったかを
一人一人が心から求め
伝えていく時代でありたいと願います♬

さてさて
すっかりご無沙汰しておりました「みなさまのお作品」のご紹介でございます!

e0240147_23095816.jpg
いつも丁寧にお仕事されるTさま
大切にしている木のお人形♬
背景を一工夫
優しい緑色をグレートーンで包みました。
お花も派手過ぎず
お人形が映えます♬
色々な塗り方を体得されて
表現の幅が広がりました!
素晴らしい(#^^#)

e0240147_23102230.jpg
おつぎ、Oさま
いつもお気に入りの山野草を描いていらっしゃいます♬
今回は、鮮やかなオレンジ色と背景のグレーがとても良い感じで
微妙なグラデーションも効いています♬
大変お品のよい仕上がりになっております!
葉っぱのたらし込みの緑、蕾の黄緑、背景の緑がかったグレー
それぞれの緑をしっかり使い分けて
とても繊細なお色味です( *´艸`)
Oさまだんだん極まってきましたね~!
e0240147_23103315.jpg
お次はTさま
熱心なカトリックのTさま
描くものもなんとなく
ヨーロピアンでおしゃれです♪
今回は白い蘭に白い花瓶、色味を押さえてシックにまとめてあります。
大変センスのよいTさま。
落ち着いたお人柄がお作品にも出ております。
素敵な額にあわせたいですね!!!
e0240147_23104583.jpg
お次は大変達者なIさま
お習字もお上手でいつも作品に勢いがあります。
漆塗りの立ち雛に桃の花です♪
お顔の表情が可愛らしい!
お花の入れ方が面白い!
箔もとても良い感じで入りました。
おしゃれな額に入れてくださいね!!!

e0240147_23105207.jpg
お次はNさま
器ものがお上手になりました。
陶器の白い部分は胡粉
青いところは錆群青や藍群青など重ねながら
慎重に制作できました。

e0240147_23105923.jpg
遠目に見ると写真みたいにリアルですね~
近くで見ても素敵!
お見事!

e0240147_23110553.jpg
お次はSさま♬
竹林を背景に
ひっそりと山あいにある藪椿、可愛いですね!
臨場感があります。
椿の赤は日本画の絵の具では難しい。
実際は岩緋よりも赤いけれど
水干の赤では赤すぎるし
いくつもの絵の具を駆使して
椿の赤を出してくださいました。
ところどころ
日に反射している部分がお上手です。
葉っぱの奥の方を思い切って暗くしているのも効果を上げています!
素晴らしい♬

e0240147_23111021.jpg
模写を中心に頑張っておられるUさま
淡い絵の具を薄く重ねる技法、上手くいきましたね。
厚塗りからはじめられて
最近、薄く塗ることもお上手になりました。
次回はお城に挑戦ですね。
どんなお作品になるかまた楽しみにしております!

みなさま本当に一生懸命で
どんどん
お上手になられます♬
日本画はなかなか難しい材料ですが
自分の描きたいイメージをしっかり持って
地道に挑戦されるのがよいと思います。
こういう描き方でないと、という決まりはありません。
自分だけの技法、表現方法を見つけられるように
積極的に挑戦していただきたいと思います。





by akikomoriya | 2019-04-01 23:41 | SBS学苑 日本画教室