人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

みなさまのお作品♪

今年の梅雨は涼しく過ごしやすいですが
だんだん農作物が心配になって参りました。
暑ければ暑いで、寒ければ寒いで
心配事は絶えませんが
それでもこうして日々過ごさせていただいているだけでも
本当に有難いことだと思います。
ましてや
好きな絵を描いて暮らせる贅沢に
日々申し訳なさを感じます。
世界中で絵を描くのが好きな子どもはそれこそゴマンとおります。
その中で、生涯を通じて絵を心の友に生きていく余裕のある人が
どれだけいることでしょう。

天然石や色ガラスという高価なものを砕いて作った絵の具を
贅沢にもふんだんに使って制作できる幸せをかみしめつつ
使う絵の具すべてに関わる人々の労にあらためて感謝したいと思います。

さてさて前書きが長くなりましたが
SBSのみなさま
日々精進され、ぐんぐんと腕を上げておられます!

e0240147_18023484.jpg



まずはベテランのHさま!
春らしい猫柳です。
「春は黄色から」と申しますが
黄色はなかなか難しいお色です。
なんといってもすぐに濁るのです。
胡粉やお得意のグレートーンで押さえながら
春先の柔らかい光を表現してくださいました。
猫の毛のような房も丁寧に描けています。
黄色、白、赤い芽、グレーが大変調和しているお作品となりました♪
慣れた筆さばきと独特の視点で
とてもおしゃれなお作品になりました。
いつもながら大変お上手!!!

e0240147_18023945.jpg

e0240147_18022442.jpg
おつぎ、Iさま!
お庭のコブシ、しなやかな曲線がとても綺麗です。
春先の少し曇った寒さの残る空気感が出ています。
コブシやモクレンは春の目印。
どんな人にも特別な存在になっていることと思います。
胡粉の白に優しい卵色
ガクの薄緑のバランスが大変良いです。
来春にはぜひお庭の開花より早く玄関に飾ってくださいね~!
e0240147_18022937.jpg

e0240147_18012689.jpg
春のお花が続きます♪
お次はNさま!
いつもオイルパステルでスケッチされていらっしゃるNさま。
日本画で仕上げた感じも独特のふんわり感がおありです♪
前回に続き、陶器の感じがすっかりお上手になりました!
陶器の影の色の選択が決まっております。
椿の葉っぱの艶感もよいですね~(*^▽^*)
お得意の陶器をちょっとアップに!
e0240147_18013635.jpg


e0240147_18011680.jpg

最後はNさま!
どんな時でも笑顔でいて下るNさま!
お教室のお日様のような存在でいらっしゃいます。
生きてこられた道のりと
その都度こ越えてこられたお経験は
無意識のうちにもお作品に反映されます。
e0240147_18012141.jpg

切れのよい構図と丁寧な色仕事。
重厚感のある幻想的なお作品になりました。
手前の川の幅が大胆に広くなって富士山の三角と対比しています。
見る人の視点は手前から川上へ
そして富士山頂を経て満月に誘われます。
絵を通してこの風景を旅することができます。
素敵なお作品を有難うございます。

ではでは
みなさまのファイトに励まされながら
私も精進してまいりたいと思います。
次回もお楽しみに~(#^.^#)








by akikomoriya | 2019-07-15 18:20 | SBS学苑 日本画教室

ジャポニスムふたたび 50話

e0240147_17521069.jpg

海の日ですがちょっと肌寒いですね。皆様いかがお過ごしですか?
本日静岡新聞朝刊、「ジャポニスムふたたび  50話」です。

 静岡の花から 日米友好の絆       日本画家 森谷明子

 先日「全米さくらの女王」が来静され、静岡ユネスコの一員として歓迎会に出席した。米国で愛され続ける「ワシントンの桜」は静岡市興津で育てられた桜だという。
 ことのはじまりは、明治にまでさかのぼる。桜の季節に日本に滞在した米国の来訪者たちは、上野や墨田川でくり広げられる花見の情景に圧倒された。一面桜で埋め尽くし、薄紅色の夢幻世界をつくりだす日本人独特の園芸手法。その桜尽くしのただ中で、しばし日常を忘れる人々。桜は北半球温帯に広く分布するものの、日本人ほど熱狂的にこの花を求め、愛でる民族はない。 
 彼らは自国にもこの桜の文化を伝えたいと願った。やがて桜を介して両国の友好を願う日米双方の人々の努力と情熱が、それぞれの政府を動かし、桜の寄贈計画が持ち上がる。
 興津園芸試験場の活躍は、寄生虫や病気のない完ぺきな苗木を作ることだった。海を渡る日米友好の苗木づくりに誇りを感じた技術者らの、職人気質の見せどころであった。
 そして1912年(明治45)、桜に魅せられた人々の夢と希望を受けて、興津で育った6040本の桜の苗木が、ついに太平洋を渡った。
 戦時下のワシントンでは、桜が憎しみの標的として伐採されないよう「日本の桜」ではなく、「東洋の桜」と名前を変えて守られ、終戦後は2年で桜祭りも再開された。その翌年からは「全米さくらの女王」の選出が実施され今日に至る。
日米の友好の絆は、戦争という国家の都合に引き裂かれることなく、現在に引き継がれている。それは「桜を愛でる」という文化の上に築かれた、美しくも堅牢な平和の砦である。
 ちなみに、1915年(大正4)に桜のお礼として米国から「ハナミズキ」が贈られ、現在静岡市の木となっている。
花が築いた平和の砦。静岡という場所に、またひとつ美しい物語を発見した思いである。

森谷明子日本画遊々
http://akikomoriya.jimdo.com/





by akikomoriya | 2019-07-15 17:53 | ジャポニスムふたたび