「ジャポニスムふたたび」

e0240147_22065116.jpg


6月18日朝刊です
『ジャポニスムふたたび』

映す 透かす ゆらぎの美学        森谷明子


 日本の表現には「映す」や「透かす」という美がある。日本人はあからさまな表現よりも、影や気配を好む傾向があるが、「映す」や「透かす」には、直接対象を見るのではない、いわば「ひと手間掛けた」風情がある。
 たとえば平等院鳳凰堂や金閣寺、厳島神社などは、実際の建造物と水面の影の美を同時に楽しむ美といえるだろう。県内では昨年末にオープンした富士宮市の「富士山世界遺産センター」が、この「映す」の美をふんだんに応用した造りになっていて、入り口前のアプローチに巨大な水鏡があり、晴れた日には北斎の『富嶽三十六景 甲州三坂水面』さながらに、逆さ富士が見事に映し出される。
 「透かす」に関しては、薄衣の下から別の生地が透けて見える風情を楽しむ「紗」の着物や、紅葉の枝越しに向こう側の風景が見える庭の配置や、御簾やすだれ越しに戸外を眺める面白みなど、手前と奥がオーバーラップする一種異空間的な「透かす」の技は、日本人の得意芸である。
 前置きが長くなったが、この「映す」「透かす」の日本的風情を最も深く理解し作品に応用した画家はモネではなかったかと思う。モネの睡蓮には様々あるが、あたかも水鏡を覗き込むようにした視点で描かれた作品がある。水面には睡蓮が浮いているだけではなく、周辺の木々や空、雲など、水鏡に写し込まれた周りの風景が間接的に描かれており、手前と奥が重複し独特な世界観となっている。そこはかとなく揺れる水鏡の風情はまさに、日本の「映す」「透かす」の美を学んだ痕跡ではないだろうか。
 モネの睡蓮の魅力は主役の睡蓮だけではなく、睡蓮を囲むようにして揺らぐ、水鏡に映り込んだ実体のない影にあると思う。見えるか見えないかのギリギリの揺らぎ。「映す」「透かす」の美である。


[PR]
# by akikomoriya | 2018-06-18 21:38 | ジャポニスムふたたび

FM-HIに出ます♬

e0240147_22121278.jpg

すっかりお知らせが遅くなりましたが
明日の金曜日 
午後2時35分~55分まで
FM-Hi 「ひるらじ!静岡情報館」で
「国褒めの歌」の紹介をしてくださるとのことで...
私も出演します。
お昼過ぎのひと時
ぜひ、ラジオ付けてみてくださいませ♬

ではでは
明日もまた
夢と希望の広がる
素敵な一日でありますように!

e0240147_22115802.jpg



[PR]
# by akikomoriya | 2018-06-14 22:12 | 平和な世界を求めて

平和のキルト

e0240147_22072132.jpg


日曜日は「平和の種をまく」で
素敵なキルトがたくさんできました。
参加してくださった皆さんに
心から感謝申し上げます!


また主催の福祉研究会「マハロ」さんは
スタッフが20代~30代の女の子たちなのですが
紛争地域も含め
全世界飛び回っている
本当に活動的な方たち!


そして一日一緒に過ごさせていただき
鈴が転がるような笑い声がいっぱい!
気の合う仲間たちと
こんなふうに笑顔いっぱいで活動をするって
素敵だな~と思ってしまいました。
羨ましいこと・・・


マハロさんは
「国褒めの歌」を
クラウドファンディングで見つけて下さって
ご支援くださり
イスラエルの現地にまでも届けてくださいまして
それがまた
今回のイベントにつながっています。

日曜日に参加者の皆さんが制作された

「平和のキルト」は
またマハロさんの手によって
年内にはイスラエル・パレスチナで
話し合いによる平和的解決とを求めて活動する
現地の女性たちのもとへと届けられ
使っていただくことになっています。

たくさんの尊いご縁に
あらためて感謝申し上げます!


[PR]
# by akikomoriya | 2018-06-14 22:08 | 平和な世界を求めて

ジャポニスムふたたび 36話

e0240147_20460203.jpg


静岡新聞 月曜日朝刊「ジャポニスムふたたび」36話です

「職人が込めた形霊という命」

「言霊」と並び、「形霊」なるものが、古代の日本にはあったという。
いにしえの歌人たちは、言葉に命を吹き込み、霊威を発動させてよりよい現実を引き寄せていたのだが、同様に、モノをつくる人々は、形に命を吹き込み、その作品を通してよりよい現実を引き寄せるというわけである。
 形霊のもっともよい例は仏像であると思う。仏師が仏を彫る姿を、「一刀三礼」とたとえたが、木の中から仏様をお迎えするという一念で、拝みながら彫るのだそうだ。そのようにして精魂込めて彫られた仏像が、仏をお迎えするに相応しい器だとすれば、開眼供養によってその器に相応しい仏の命が、そこに宿るのではないかと思う。仏師と僧侶の双方のまったき想いが、仏像という形に命を吹き込み、仏像は単なる木のオブジェではなく、拝まれる対象となる。そして仏としての役割がそこから発動されるのであろう。
 「職人気質」という言葉が示すように、日本では職人の仕事が尊敬をもって語られる。モノづくりに関わる人々に対する尊敬は、日本文化の特質のひとつともいえる。それは仏像に限らず、日本の職人というものが、あらゆる形あるものに命を吹き込ませるべく、技と心意気を習得しているからであろう。茶碗ひとつ、箸ひとつに職人の技と魂が込められ、そこから形霊が発動している。
 割れた茶碗は金継されてあらたな命を与えられ、朽ちかけた仏像もまた修復され、あらたに命を吹き返す。それは「形霊」に対する畏敬の念を継承し続けたいという、日本独自の思想であると思う。
 思えば明治の近代化を迎える以前の日本とは、日常を取り巻くモノすべてが職人の手作りであり、なんらかの魂が込められたものであった。「形霊」という面からすれば、それはなんとも濃厚な日常であった。



[PR]
# by akikomoriya | 2018-05-24 20:46 | ジャポニスムふたたび

ユネスコ70周年記念講座「ジャポニスムふたたび」



e0240147_11555440.jpg

土曜日、18日は
ユネスコ70周年記念講座「ジャポニスムふたたび」に
本当にたくさんの方がご参加くださいまして
心より 心よりお礼申し上げます。

...

5年ほど前に
はじめて静岡ユネスコの講座でお話させていただき
その続きの小話を静岡新聞で連載するようになって四年が経ち
昨年からは
「日本の和の力」に特化した内容に限定しまして
浜岡での講演会、富山先生の源氏物語講座200回記念につづき
3回目となる「ジャポニスムふたたび」のお話会でした。

遠方からもたくさんお見えになり
席を詰めて頂きながらの会となりましたが
最後までほとんどの方がメモを取りながら熱心に聞いてくださいました。

日本列島の上で起きてきた数々の奇跡
縄文由来の尊い「和術」
今、私たちにもできる
ひとりひとりから世界に貢献できる
「和」の力。

そんなことをお話させていただきました。

時間と体力のある限り
どこへでもお話に参ります♬

「人の心の中に平和の砦を作らなければならない」
というユネスコ憲章の具体的な成就に向けて
直接的に働きかけることができる
日本の和の力、和の文化について
これからもお伝えし続けたいと思います♬

e0240147_11560235.jpg


[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-30 11:57 | ジャポニスムふたたび

しずしんギャラリー「夢空間」

e0240147_21382338.jpg

鷹匠の「しずしん本店ギャラリー ゆめ空間」
での展示が始まりました。
今回はしずしんカレンダー制作記念の展示ですが
奉納作品に関しては
ぜひ奉納先のお寺にお足を運んでいただきたく
会場では新作を中心に展示いたしました。

また今日は
お友達が建穂の山から竹を採ってきてくれて
結界を作ってくれました。
生の竹、風情があってとてもよい感じです
なにより
これで安全にご覧いただけます。


カレンダー制作を担当してくださったデザイナーさんご夫妻とは
本当に不思議なご縁で・・・
なんと感謝申し上げていいやら・・・
本当に細部にまでこだわり
何度も何度も何度も
打ち合わせを重ねて吟味してくださいました。

しずしんのカレンダーは
本当にたくさんの目に見えないお導きと
皆さんの温かさとの賜物です
心から心から感謝申し上げます


日吉町駅から徒歩一分
平日3時までですが
お近くお通りの際は
ぜひお寄りくださいませ

それと!明日は静岡ユネスコ70周年の記念講座があります。
こちらもぜひお立ち寄りくださいませ!

★青葉通り沿い「常磐町アイワビル4階」2時~4時です★

e0240147_21382719.jpg
建穂の竹の結界♬


[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-27 21:37 | 日本文化

ユネスコ講座「ジャポニスムふたたび」

e0240147_20115616.jpg

度々の告知ですみません♬
静岡ユネスコ70周年市民講座のお知らせです。
4月28日(土)2時~4時まで 
青葉通り沿いの「常磐町アイワビル4階」にて

...

静岡新聞に連載中の『ジャポニスムふたたび』から
「日本文化の可能性と和の志」
についてのお話をいたします♪

・戦いの歴史を持たない縄文の知恵
・聖徳太子の平和宣言
・一人一人にできること「言霊の活用」
の三本立てでおおくりいたします!

今回は特にユネスコ70周年のお祝いもかねて
「ユネスコって何?」からお話いたします。


ほとんどの人は
ユネスコって
「世界遺産登録する人たち」と思っているのではないでしょうか?
もちろんその役割もありますが
そもそものユネスコ設立の目的は
「いかにして戦争を回避し平和な世界を実現するか!」
への挑戦であります。


政府の政治的取り決めのみに依存するのでは心もとないので
ひとりひとりが
「文化、科学、教育」といった
知的かつ精神的な面で連携を持つことで
平和を実現しようよ!
と明記しているのがユネスコ憲章前文であります。


「人の心の中に平和の砦をつくる」
その輝かしいユネスコ憲章に直接的に貢献できるはずの
日本の「和」の文化について
こぴっとお話いたします!
乞うご期待でございます!
4月28日どうぞお越しくださいませ!

e0240147_20120943.jpg
e0240147_20121302.jpg


[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-18 20:16 | 平和な世界を求めて

ふたつの「ありがとう」

e0240147_20544639.jpg

随分前のこと
耳が聞こえなくなって
まっすぐ歩くこともままならなくなった


手遅れといわれ
おまけに...
ステロイド剤で顔がイチゴのように腫れ
さらに頬にカビが生え・・・



ある時お友達が
聞こえなくなった耳に手を当てて
「ありがとう」っていうんだよ
それで
耳に心地よい歌を歌ってあげるんだよ
と、教えてくれて
毎日のようにそれをやってみた



治った例がないという病気だったんだけど
それからしばらくして
ふと気づいたらだいぶんよくなっていて
聴力もほぼ戻り
顔も元に戻った



ユダヤ教には
ふたつの「ありがとう」があるという
ひとつは佳いことがあった時に言う「ありがとう」
ふたつめは困難の時に言う「ありがとう」

ふたつめの「ありがとう」が言える人には
奇跡が起こるという



しんどい時
痛むとき
辛いことがあったっとき
「ありがとう」を呟くと
確かにとても楽になるのです♬



有ることが難い
有ること自体が稀なことである、という意味の
「有難う」
まさに・・・奇跡を呼ぶ言葉、なのです♪


[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-16 20:59 | 平和な世界を求めて

花の散る音

e0240147_20541817.jpg


大乗苑、という
今はもうなくなってしまったお宿が
東大寺の近くにあって
ちょうど夜明けの頃目が覚めて
幼い息子の手を引いて
朝のお散歩に出かけたことがあった。


春日大社まで歩いて
長い長い参道を
二人っきりで歩いた。


前も後ろもだあれもいない
朝もや立ち込める砂利の道

途中
「ぽそっ・・・ぽそっ・・・」と
妙な音がして立ち止まった


「何の音???」


よく見ると
参道の脇に植えられている
何か濃い緋色の花が
参道の砂利の上に落ちる音だった。



日本人は花の散る様に風情や美を感じるものだけれど
さすがに散りゆく音を歌った歌にはお目にかかったことがない
花も・・・散るときに音がするんだ・・・



二人しばし言葉もなく
ひっきりなしに音を立てて散りゆく
花の様子を見ていました。



あの花が何だったのか
いまだにわからないのだけど
桃でも梅でも桜でもない
不思議な花だったな・・・

さ、午後も仕事仕事


[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-16 20:57 | おしゃべり

ジャポニスムふたたび

e0240147_20511974.jpg

月曜日 静岡新聞朝刊 P5です♬
『ジャポニスムふたたび』

   
万葉集に見る自由と平等      日本画家 森谷明子...
 
「自由と平等」という言葉を聞くと、それは民主主義の代名詞のように思われるが、なになに千数百年もの昔に、我が国にはその概念がすでにあった。
 『万葉集』の価値とは、4516首という圧倒的な量もさることながら、特筆すべき点は、為政者や王と並んで、いわば彼らに隷従する防人や遊女、地方の農民の歌が、同じ歌集の中に等しく編まれている点である。
歌の内容も様々で、国家の神事に関わる歌もあれば、忍ぶ恋、嫉妬心、方言そのままの素朴な「東歌」など、それぞれの想い方や感じ方の自由をどこまでも尊重する編者の意図の温かみが、万葉集の最大の魅力といえるだろう。
また作者の氏名を律義に明記している点も称賛に値する。作者が不明なものも「詠み人知らず」とし、決して軽んじることは無い。
 近年「著作権」という権利のもとに、表現者の権利が保護されるようになり、作品にはプロアマに限らず氏名を表示される権利が与えられるようになった。したがって、絵画の世界でも、幼稚園児の可愛らしいお絵かきから、高名な画伯の作品まで、その表現は等しく尊重され、氏名を表示される。
 しかしながら、こうした法の制定を待たずとも、万葉集の時代、すでに一個人の表現と権利を丁重に扱う気風があった。世界広しと言えど、こうした自由と平等の概念を現存最古の歌集の上で示したとは、驚くべき事実である。
身分の上下や社会制度というものは、所詮人間が便宜上作り出したものであるが、個々人の想像力の源は、神聖なる閃きによるものである。日本人はそうした個々の表現をどこまでも尊ぶ民族であったと、それを誇りに思うと同時に、封建社会の真っただ中でこれを実行した編者、大伴家持らの恐れを知らぬ行動力に、ただただ感服するのである。



e0240147_20512436.jpg

[PR]
# by akikomoriya | 2018-04-16 20:52 | ジャポニスムふたたび