STEP BY STEP

e0240147_22403080.jpg

先日お嫁入した「花笑ふ」の小品です。
ちょっと画面切れてますが
実際はメジロ三匹います。
今年は桜の絵をたくさん描いています♬

さてさてお知らせです♬
しずおか信用金庫のHPの「STEP BY STEP」というコーナーで
私の画業について紹介してくださいました。
とても恥ずかしいですが
子どもの頃からの思い出や
仕事と家庭の両立など
あれこれおしゃべりいたしまして
担当の方がとてもとてもきれいな文章に仕上げてくださいました♪
・・・有難い・・・

自分を客観視するよい機会にもなりました。
お時間ある方ぜひのぞいてみてくださいませ♬
HPの下の方の「おすすめコンテンツ」から入れます♬

ではでは明日もまた
笑顔いっぱいのすがすがしい一日をお過ごしくださいませ!


# by akikomoriya | 2018-08-28 22:46 | おしゃべり

みなさまのお作品

SBS学苑日本画教室のみなさまのお作品です。
この猛暑の中
みなさま重いお道具をもって通ってくださり
本当に申し訳ないです。

ではでは早速
本日最初にご紹介するのはベテランのHさまです。
e0240147_19142333.jpg
Hさまはデッサンがしっかりしていらっしゃるので
何を描いても安定感があります。
白っぽい背景に白い花というのは
とても難しいのですが
微妙な陰影をつけながら
上手にまとめてくださいました。
渋めの水彩額が似合いそうです。
本当に素敵・・・

e0240147_19142896.jpg
いつもエレガントなMさま。
ローズピンクがお好きで
いつも作品のどこかにこのお色目が入ります。
今回は偶然の成り行きで
背景にうっすらローズピンクが・・・
微妙な色合いがとても素敵です。

ふんわりした背景に
切り取ったようなはっきりした花びらが浮き立ちます♬
今回ガラスの表現も頑張りました。
ちょっとアップで・・・
e0240147_19143335.jpg
淡い胡粉を重ねながら
ガラスの乱反射の様子が表現できました♪
みなさん、どんどんお上手になられます♬


e0240147_19152068.jpg
富士山大好きなNさま。
富士山はもう何枚くらい描かれたのでしょう?
直線的な富士山と
しなやかな曲線のコスモスが対照的で
よい感じです♬
お空を薄曇りにさせたことで
コスモスも富士山もどちらもよくおさまりました♪
コスモス、可憐でいいですね~( *´艸`)

e0240147_19144565.jpg
お忙しいのによく頑張っておられるNさま。
背景のふんわり感がよいですね!
横一の鬼灯と
手前に広がる貝殻たち
面白い構図です。
さらに
貝殻の表現が本当にお見事です。

e0240147_19145169.jpg
日本画の胡粉は貝殻の内側の白い部分からとっているので
貝の表現は日本画画材は向いていると思います。
貝の巻き込んでいる感じも上手にできています♬
素晴しい!

e0240147_19152695.jpg
Nさま
ご自宅でも頑張って描いてこられました♪
骨貝、細い線もキレイに描けました。
背景がまたいいですね~!
深い群録が海の底を連想させます・・・
おしゃれです!

さてさて
来週は八月最後のお教室です。
少しでも涼しくなっているといいのですが!

では次回また
お楽しみに~( *´艸`)



# by akikomoriya | 2018-08-21 19:29 | SBS学苑 日本画教室

ジャポニスムふたたび39話

20日静岡新聞朝刊です。
ジャポニスムふたたび 39

e0240147_19105940.jpg


芭蕉が説いた「誠の表現」



森谷明子


「松のことは松に習え 竹のことは竹に習え」

作句の心構えとして知られる松尾芭蕉の言葉である。様々な解釈があるものの、俳句を作るには技巧云々ではなく、松と自分が一体化すれば、松の句がおのずと湧き上がり、竹と自分が一体化したところから、竹の句ができあがる、といった意味であると私は理解している。対象(自然)との一体化。それは俳句のみならず、日本的な表現全般において共通する指標であろう。

ただその「自然との一体化」とは、口で言うはたやすいが、いかにして一体化すべきか?そもそも人間と自然が一体化できるか?芭蕉によれば、自然と自分が二つに分かれている状態は「誠」ではないという。それは「私意のなす作為」であると。これはなかなか手厳しい。

ところで西洋の美とは長い間、目に見えた世界を忠実に再現することであった。科学的で合理的な技術に支えられて、見えたものを、見えたとおりに再現する。また中国の美とは長い間、精神修養を収めた高僧が、絵や書にその精神性を託すことに価値があった。精神という目には見えない世界がそこには込められた。

だが、日本の場合、技術や精神修養よりも大切なことがある。それはただ「一身に心に感じ入る」ことである。しかしながらこれが意外に難しい。

我を忘れ、時を忘れ、自分というものが全く無くなってしまうほど対象に魅せられる、その一体感が、人に和歌や俳句を詠ませ、物を作らせる。

確かに技術さえあれば、深い感動はなくとも見栄えのよい絵は描ける。しかしそれは芭蕉にいわせれば、「私意のなす作為」となる。「誠にあらず!」と芭蕉に一喝されることになるのだ。

日本文化とは奥が深い。美しいものを前にして我を忘れて見入る、その淀みなく曇りない「人の心」の素直さが、日本文化の「誠」であると私は思う。



# by akikomoriya | 2018-08-21 19:11 | ジャポニスムふたたび

ジャポニスムふたたび 38話

e0240147_00442855.jpg

月曜日朝刊です♬
ジャポニスムふたたび
美しさと尊大さ 富士山の大義    森谷明子

富士山が国連教育文化機構(ユネスコ)から世界遺産に登録されるという喜ばしいニュースに、日本中が湧き立ったのは平成25年のことであった。しかも「自然遺産」ではなく「文化遺産」として登録されたことに大きな意義があった。
富士山ほど美しい山は世界にはないと我々日本人は思う。その美しさとは、単なる景観的なものではなく、「神」として美しく尊いのである。過去のあまたの絵師たちは、「ご神体」としての富士山に畏敬の念を抱きつつ筆を執ってきた。
「富士山=神」。しかしながらそれは、日本人だから当然に思うのであって、諸外国の人々には、にわかには通じない感覚である。山海草木あらゆるものに神聖さを見出し畏敬の念をもって接する、そんな日本人特有の文化を世界に知ってもらうために、富士山は世界遺産に登録された。
ところで、そのユネスコの発足理念は「不戦への志」である。「戦争は人の心の中に生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」に続く輝かしいユネスコ憲章前文は、世界平和への具体的なアプローチを表明している。
それによれば、戦争の一要因としてお互いの文化風習に対するあまりの無知と不理解をあげている。そして個人レベルでの精神的文化的な繋がりは、政府間の取り組みや紙面上の平和協定よりもむしろ、堅牢な平和の砦となりうるのだとする。過去の数々の「不可侵条約」や「同盟」が、必ずしも戦争の回避に役立ってこなかったことを思えば、ユネスコ憲章は確かに的を射ている。
自分たちにとって当たり前のことが、他にとっては必ずしもそうではない。そのズレが憎しみの元凶となり、殺意にまで発展するという過ちを繰り返さないためにも、ユネスコ活動が今後さらに多くの人々に理解され、社会に広く浸透してゆくことを願っている。




# by akikomoriya | 2018-07-18 00:45 | 日本文化

みなさまのお作品


雨の季節になりました。
SBS学苑の皆様も
お道具をもってパルシェまでいらっしゃるのは
なかなかお大変なことでございます。
皆さまのご熱意にお応えできるような指導ができているか・・・
日々反省でございます・・・

e0240147_21413849.jpg

さてさて本日最初のお作品は
Kさまの個性的な静物画
ウサギのぬいぐるみと、かぼちゃ、細身のサボテンです。

かぼちゃの白い粉が吹いた感じがお上手です。
実はウサギの表現がなかなか大変で
胡粉が割れてしまい
何度も塗りなおしました。
私の指導が至らないこともあり
ちょっとニカワが多かったのだと思います。
一度ニカワが多いと
なかなかすっきりいかないものです。
ですが・・・
なんとかふんわりと表現してまとめてくださいました!
よかったよかった・・・
ウサギさんとても可愛いです!


e0240147_21424162.jpg
お次はベテランのNさま
初夏の風が感じられます。
お得意のお色味ですっきりと仕上げていらっしゃいます。
しかも
菖蒲がとても自然な感じに描けました!
菖蒲は難しい花です。
ふんわりと蝶のようで
風に揺らいでいます。
なので
この軽さと揺らぎが表現できないと
息が詰まったような印象になってしまいます。
輪郭のとり方が自然で成功につながっております。
田んぼの水鏡、雪が残った逆さ富士・・・
小さいながらも工夫がいっぱい
すがすがしい初夏の風物詩でございます。

e0240147_21421491.jpg
お次はOさま
ご自身で育てていらっしゃる山野草のバラです。
バラの名前は~ごめんなさい!忘れてしまって・・・
やわらかな「たらし込み」がお上手になりました。
墨の濃淡の加減がお上手になり
すっかり「たらし込み」の達人でございます!
葉っぱの配置もよく
とてもリズミカルに楽し気に見えます。
花の大きさも成功していると思います!
次なるステップは
胡粉のぼかし加減ですね!
次のお作品も楽しみにしております!



e0240147_21424759.jpg

お次はIさま
カメラを忘れまして
画像が悪くてすみません!
背景のかすれた感じが「粋」でございます。
夏野菜の元気な感じがでております。
トマトのテカリ感もよいです!
また、トマトのヘタがあちこちむいて
愉快に見えます!
ソラマメ、アスパラの緑がとてもおいしそうです!
個人的に
この絵を見ていてソラマメを食べたくなりました!
Iさまのお作品はとにかく勢いがあり
いつも見ていて元気が出ます!
e0240147_21460108.jpg

最後は新しくお仲間になられたOさま
色紙に個展画を模写しながら絵の具に慣れていらっしゃるところです。
個展画は実は知恵と工夫がいっぱいで
模写は大変勉強になります。
日本の図柄は本当にユニークで面白い!
波の筆遣いも大変のびやかにできました。
この調子で頑張ってくださいね~!

ではでは
次回もまた
皆さまと楽しいひと時を過ごさせていただきたいと存じます!


# by akikomoriya | 2018-06-18 22:09 | SBS学苑 日本画教室

「ジャポニスムふたたび」

e0240147_22065116.jpg


6月18日朝刊です
『ジャポニスムふたたび』

映す 透かす ゆらぎの美学        森谷明子


 日本の表現には「映す」や「透かす」という美がある。日本人はあからさまな表現よりも、影や気配を好む傾向があるが、「映す」や「透かす」には、直接対象を見るのではない、いわば「ひと手間掛けた」風情がある。
 たとえば平等院鳳凰堂や金閣寺、厳島神社などは、実際の建造物と水面の影の美を同時に楽しむ美といえるだろう。県内では昨年末にオープンした富士宮市の「富士山世界遺産センター」が、この「映す」の美をふんだんに応用した造りになっていて、入り口前のアプローチに巨大な水鏡があり、晴れた日には北斎の『富嶽三十六景 甲州三坂水面』さながらに、逆さ富士が見事に映し出される。
 「透かす」に関しては、薄衣の下から別の生地が透けて見える風情を楽しむ「紗」の着物や、紅葉の枝越しに向こう側の風景が見える庭の配置や、御簾やすだれ越しに戸外を眺める面白みなど、手前と奥がオーバーラップする一種異空間的な「透かす」の技は、日本人の得意芸である。
 前置きが長くなったが、この「映す」「透かす」の日本的風情を最も深く理解し作品に応用した画家はモネではなかったかと思う。モネの睡蓮には様々あるが、あたかも水鏡を覗き込むようにした視点で描かれた作品がある。水面には睡蓮が浮いているだけではなく、周辺の木々や空、雲など、水鏡に写し込まれた周りの風景が間接的に描かれており、手前と奥が重複し独特な世界観となっている。そこはかとなく揺れる水鏡の風情はまさに、日本の「映す」「透かす」の美を学んだ痕跡ではないだろうか。
 モネの睡蓮の魅力は主役の睡蓮だけではなく、睡蓮を囲むようにして揺らぐ、水鏡に映り込んだ実体のない影にあると思う。見えるか見えないかのギリギリの揺らぎ。「映す」「透かす」の美である。


# by akikomoriya | 2018-06-18 21:38 | ジャポニスムふたたび

FM-HIに出ます♬

e0240147_22121278.jpg

すっかりお知らせが遅くなりましたが
明日の金曜日 
午後2時35分~55分まで
FM-Hi 「ひるらじ!静岡情報館」で
「国褒めの歌」の紹介をしてくださるとのことで...
私も出演します。
お昼過ぎのひと時
ぜひ、ラジオ付けてみてくださいませ♬

ではでは
明日もまた
夢と希望の広がる
素敵な一日でありますように!

e0240147_22115802.jpg



# by akikomoriya | 2018-06-14 22:12 | 平和な世界を求めて

平和のキルト

e0240147_22072132.jpg


日曜日は「平和の種をまく」で
素敵なキルトがたくさんできました。
参加してくださった皆さんに
心から感謝申し上げます!


また主催の福祉研究会「マハロ」さんは
スタッフが20代~30代の女の子たちなのですが
紛争地域も含め
全世界飛び回っている
本当に活動的な方たち!


そして一日一緒に過ごさせていただき
鈴が転がるような笑い声がいっぱい!
気の合う仲間たちと
こんなふうに笑顔いっぱいで活動をするって
素敵だな~と思ってしまいました。
羨ましいこと・・・


マハロさんは
「国褒めの歌」を
クラウドファンディングで見つけて下さって
ご支援くださり
イスラエルの現地にまでも届けてくださいまして
それがまた
今回のイベントにつながっています。

日曜日に参加者の皆さんが制作された

「平和のキルト」は
またマハロさんの手によって
年内にはイスラエル・パレスチナで
話し合いによる平和的解決とを求めて活動する
現地の女性たちのもとへと届けられ
使っていただくことになっています。

たくさんの尊いご縁に
あらためて感謝申し上げます!


# by akikomoriya | 2018-06-14 22:08 | 平和な世界を求めて

ジャポニスムふたたび 36話

e0240147_20460203.jpg


静岡新聞 月曜日朝刊「ジャポニスムふたたび」36話です

「職人が込めた形霊という命」

「言霊」と並び、「形霊」なるものが、古代の日本にはあったという。
いにしえの歌人たちは、言葉に命を吹き込み、霊威を発動させてよりよい現実を引き寄せていたのだが、同様に、モノをつくる人々は、形に命を吹き込み、その作品を通してよりよい現実を引き寄せるというわけである。
 形霊のもっともよい例は仏像であると思う。仏師が仏を彫る姿を、「一刀三礼」とたとえたが、木の中から仏様をお迎えするという一念で、拝みながら彫るのだそうだ。そのようにして精魂込めて彫られた仏像が、仏をお迎えするに相応しい器だとすれば、開眼供養によってその器に相応しい仏の命が、そこに宿るのではないかと思う。仏師と僧侶の双方のまったき想いが、仏像という形に命を吹き込み、仏像は単なる木のオブジェではなく、拝まれる対象となる。そして仏としての役割がそこから発動されるのであろう。
 「職人気質」という言葉が示すように、日本では職人の仕事が尊敬をもって語られる。モノづくりに関わる人々に対する尊敬は、日本文化の特質のひとつともいえる。それは仏像に限らず、日本の職人というものが、あらゆる形あるものに命を吹き込ませるべく、技と心意気を習得しているからであろう。茶碗ひとつ、箸ひとつに職人の技と魂が込められ、そこから形霊が発動している。
 割れた茶碗は金継されてあらたな命を与えられ、朽ちかけた仏像もまた修復され、あらたに命を吹き返す。それは「形霊」に対する畏敬の念を継承し続けたいという、日本独自の思想であると思う。
 思えば明治の近代化を迎える以前の日本とは、日常を取り巻くモノすべてが職人の手作りであり、なんらかの魂が込められたものであった。「形霊」という面からすれば、それはなんとも濃厚な日常であった。



# by akikomoriya | 2018-05-24 20:46 | ジャポニスムふたたび

ユネスコ70周年記念講座「ジャポニスムふたたび」



e0240147_11555440.jpg

土曜日、18日は
ユネスコ70周年記念講座「ジャポニスムふたたび」に
本当にたくさんの方がご参加くださいまして
心より 心よりお礼申し上げます。

...

5年ほど前に
はじめて静岡ユネスコの講座でお話させていただき
その続きの小話を静岡新聞で連載するようになって四年が経ち
昨年からは
「日本の和の力」に特化した内容に限定しまして
浜岡での講演会、富山先生の源氏物語講座200回記念につづき
3回目となる「ジャポニスムふたたび」のお話会でした。

遠方からもたくさんお見えになり
席を詰めて頂きながらの会となりましたが
最後までほとんどの方がメモを取りながら熱心に聞いてくださいました。

日本列島の上で起きてきた数々の奇跡
縄文由来の尊い「和術」
今、私たちにもできる
ひとりひとりから世界に貢献できる
「和」の力。

そんなことをお話させていただきました。

時間と体力のある限り
どこへでもお話に参ります♬

「人の心の中に平和の砦を作らなければならない」
というユネスコ憲章の具体的な成就に向けて
直接的に働きかけることができる
日本の和の力、和の文化について
これからもお伝えし続けたいと思います♬

e0240147_11560235.jpg


# by akikomoriya | 2018-04-30 11:57 | ジャポニスムふたたび