風日祈の歌

e0240147_1042957.jpg


風日祈の歌 部分

 タイトルの「風日祈」という言葉は、伊勢神宮にある「風日祈宮」(かざひのみのみや)から拝借いたしました。伊勢神宮内にはいくつかのお宮がありますが、鳥居をくぐって参道を進み、「風日祈橋」を渡った五十鈴川のほとりに、この「風日祈宮」はあります。私はこのお宮が大好きなんです。

 「日祈…ひのみ」とは本来「日々の祈り」の意味で、暴風雨や旱天の難の無きよう、また国土によき風とよき雨がもたらせられるよう、日々お祈りするお宮なのです。加えて元寇の襲来に際しては、神風を吹かし国難を払った御神業が讃えられております。

 よく「追い風が吹く」とか「風に乗る」という表現がありますが物事の成就に関わるのは、本人の能力や努力以上に、「逆風にむかっている」のか「追い風に乗っている」のか、の違いが大きいと思います。たぶん「運のいい人」というのはこの「風に乗る」ことが上手い人をいうのでしょう。

 私は絵を描くときはいつも、自分なりに心を静め、そのときの自分に一番ぴったりの、明るく清々しい言葉を唱えながら絵を描いています。何があってもなくても、そうやって日々淡々と祈り続ける祈りは、どこかの宇宙のポケットにちゃんと蓄積されていて、ここぞという困難の折…自制心も効かなくなるほど辛く悲しいとき時に、まさに神風のように現れて、それらの邪念を吹き払ってくれるのです。どんな困難の時も、心に邪念が無ければ、物事は必ずよい方向に向かいます。そして台風の過ぎ去った後の晴天のような晴れやかな心持ちが、必ず戻ってくるのです。

 宇宙には風が吹いている、といつも思います。日々その風に乗ることで、人はよきこと、幸せ、喜び…等をこの世に顕現してゆくことができるのだと思います。

[PR]
# by akikomoriya | 2011-09-14 10:42 | 日本画

扇面遊び

e0240147_15495995.jpg

愛春惜秋扇面屏風  84cm×180cm


2010年3月15日~21日 あかね画廊にて(東京都中央区銀座)

あかね画廊の個展風景です。実家の納屋に眠っていた屏風に扇面を散らしてみました。
お雛様は、40数年前に姉の初節句のために母が買ってくれたもの。さらにその手前にある雛具は母が子供の頃、母の実家で飾っていたもの。どちらも今でも大切にしています。

[PR]
# by akikomoriya | 2011-09-12 15:51 | 日本画

日本画ギャラリーはじめました♪

e0240147_21332924.jpg


今夜は中秋の名月です。なんだかとってもおめでたい気分でこのブログをはじめています。秋なのに桜でちょっと変ですが、今年は本当にたくさんの桜を描きましたので、初ブログは桜…それも大好きな山桜にしました。
このブログを通して、自分を冷静に見つめたり、新しい発見をしたり、また多くの人々と幸せな交流ができたらよいと思います。
自分の心の中の天窓から見える、輝かしく素敵で力強い風景を、この三次元世界に表現してゆくことが、目下の制作目標です.
[PR]
# by akikomoriya | 2011-09-12 14:52 | 日本画